コメディ・ライト小説 ※倉庫ログ

今、好きな想い
日時: 2017/06/04 22:18
名前: アリン

君と僕。

あなたと私。

あたしとあいつ。

それぞれに叶えたい想いがある。

きっとそれはーーーなんだよね。





アリンです。
短編集を書かせていただくことにしました。
恋も友情も別れも全部が全部ここで繋がっている、というのがテーマです。
ジャンルはいろいろですし、「この話が好き!」や「この話は苦手かな?」などある方も出ると思いますが気長に気長にで!



タメ口OKです。
悪口はなしでお願いします。


ちなみにパーカーは水色です。どーでもいいですよね、はい。

2017.1.4
>>5からの方がちゃんと?した短編集です!
それ以前のやつはあまり私的に好きではないので飛ばしてください。。。

関係図はまた書かせてもらいます。
それまでしばらくお待ちください。

2017.1.5
修正しました。
「」が女の子
『』が男の子です。

2017.6.4
参照500突破ありがとうございます(*・ω・)ノ

作品
>>1「私の好きな人。」
>>2「この気持ちの名前」(詩)
>>4「告白取り消し side 愛音里」
>>5「甘くないコーヒー」
>>6「バレンタインのお返し」
>>7「消えなかった想い」
>>8「参照200突破記念!ー>>5>>7のネタバラシ&お礼ー」
>>9「最後の歌詞」
>>10「だいすきなひとへ」
>>11「キミトフタタビ」
>>12「君と会った日」
>>15「恋人以上恋人未満」
>>16「ホワイトデー」
>>17「参照300突破記念!ー>>9>>14のネタバラシ&お礼ー」
>>18「恋と傘」
>>19「エイプリルフール」
>>22「姉弟 side 弟」
>>23「姉弟 side 姉」

Page:1 2 3



Re: 今、好きな想い ( No.14 )
日時: 2017/02/26 10:48
名前: アリン

ゼロ様!
来てくださりありがとうございます( *´艸`)

はい!
テストも終わったところなので、これからバンバン書いていきます!

Re: 今、好きな想い ( No.15 )
日時: 2017/02/26 22:43
名前: アリン


*.* 恋人以上恋人未満 *.*

「ふんっ……っ……ああぅ………。」
『もう泣くなよー、まやね。』

今真山秋斗の隣で泣いているのは、永井まやね。
なぜ泣いているのかというと好きだった先輩に告白して振られてしまったというのだ。

「好ぎなびどがいるんだっでぇー……。」

泣きながら言うまやねの背中をさすりながら、聞いていた。


まやねと会ったのは中学一年生の時だ。
趣味が似ていたため、すぐに仲良くなった。
ある日のこと。
一緒に帰るために下駄箱前で待っていたらまやねが泣きながらこちらにやって来た。袖や手が涙で濡れていた。初恋の人にフラれたと帰り道に教えてもらった。


あの時からだった。
まやねの慰めるのは俺の役目になっていた。
人のためになるのは嬉しい。だけど、今の俺にとってはよくないことなのだ。

「ぐすっ……秋斗くん。聞いてくれてありがとう。やっぱり持つべきは友達だな。」

流していた涙を自分のハンカチで拭きながら言った。
まだその目には涙が残っている。

『いいよ。……友達……ね。』

その言葉はまやねには届かなかった。

──恋人以上になりたいのに、いつもキミからの言葉は恋人未満で……。この気持ちをキミに言ってしまったら、この関係が壊れてしまうんだろうな。

今にも出て来そうな気持ちを飲み込むように言葉を重ねた。

『帰ろっか。まやね。』


Re: 今、好きな想い ( No.16 )
日時: 2017/03/14 15:53
名前: アリン


*.* ホワイトデー *.*

結城 春時は昨日、2月14日に片想いだった矢霧 茜に告白された。
その場で返事を言えばよかったものの、驚いて咄嗟に「返事はホワイトデーに渡すお返しで」と言っていた。なんとも、おかしな言い方になったなと今となって思っている。

『どーしよー……』
「先輩、どうしたんですか?」

女の子が結城の顔を覗き込んできた。
永井 まやね。
陸上部の後輩の中で一番仲のいい後輩だ。

『あ、永井か』
「悪かったですね。永井で!」

そう言いながら、ベンチの隣に永井が座ってきた。何かと話を聞こうとしてくれるのがこいつのいいところなんだろう。

『実は……その……好きな人に告白されたんだ』
「え……へ、へー。よ、よかったじゃないですか」
『うん。そうなんだけど、返事はホワイトデーにって言っちゃって。……何を渡せばいいのか悩んでるんだよ』
「へー。あ、じゃあこんなのどうですか?」

あとでそれをメールで送ってもらった。
それは「お返しの意味」というものだった。

「えっとですね。マシュマロならあなたが嫌い。クッキーならあなたは友達。そしてキャンディーならあなたが好きという意味になるそうです」

と、永井は言っていた。
他にも調べてみると、同じようなことが多々書かれてあった。


ホワイトデー。
矢霧には、キャンディーを渡した。
彼女は未だに何故、キャンディーを渡されたのか分かっていない。調べればわかるのに、彼女のそういう自分で考えるところを僕は好きだ。

「貰ったはいいものの……なんでキャンディーで『僕の気持ちです』ってなるんだろう?」
『まだ分かんないのー?』
「そんなこと言うんなら教えてよ!」
『仕方ないなー』


*.*あなたが好きです。*.*


今日はホワイトデー。
また僕はポケットに入っている小さな愛を彼女に渡す。

Re: 今、好きな想い ( No.17 )
日時: 2017/03/30 23:04
名前: アリン

参照300突破記念!
>>9>>14のネタバラシ&お礼ー


>>9で書かせてもらった「最後の歌詞」

カラオケをした時、画面にコメントを出す事が出来ることを知ったんです。
それで、「お! これは使えるなー!」って思って、この「最後の歌詞」を書きました。

日向 光と永井 春馬という名前は公開をやめた違う小説で使っていた子達の名前を使ったやつなんです。



>>10で書かせてもらった「だいすきなひとへ」

出てきましたね。隆くん。
覚えているでしょうか?
>>5で書かせてもらった「甘くないコーヒー」に出てきた山川 隆先生です。
つまり、ひーちゃん(陽菜美)は山川先生の娘ということになります。
誰との子でしょうね?
まだ自分には分かりません(・ω・` )
まだまだ出てくるだろうな先生。



>>11で書かせてもらった「キミトフタタビ」

山川先生だ。また出てきましたね。
>>5で書かせてもらった「甘くないコーヒー」と繋がるように書きました。
山川先生と華奈はくっついて欲しいけど……難しい話になるだろうなと思います。
何重にもなってる壁を壊してもらわないといけないだろうな。

山川先生の過去の話。
愛奈と隆は本当に好きだったと思います。
隆ならずっと好きでいてくれると思う。けど、愛奈は隆の幸せを願っている。きっと。



>>12で書かせてもらった「君と会った日」

愛奈側の話です。少ししか書いてないけど。
愛奈と隆の出会い方は、花屋さんの先輩と後輩という形で書かせていただきました。
これから二人の過去をバンバン書いていこうと思います!
それといきなりファンタジーぶっ込んでしまってすみませんでした。
まさか、不老不死の女の子なんてね。思いませんもんね。驚かすの楽しいもんね。

>>7で書かせてもらった「消えなかった想い」に出てきた彩音が登場します!
彩音も彩音で大変だ(・Д・)ノ←



長々となりましたが、ここまでありがとうございます!
参照300突破ありがとうございました(´∀`*)
これからもちょくちょく書いていきます(多分)(^_^;)


Re: 今、好きな想い ( No.18 )
日時: 2017/03/31 13:24
名前: アリン


*.* 恋と傘 *.*

今日は雨かな。傘持ってきてるかな。
私がこう思うのは理由がある。

「茶堂さん、今日は雨降るかな?」
「あー。降るって言ってたな〜……って『希』でいいよって言ったじゃん、陽菜美」
「あ、そうだった! ごめんね、希」

何故か、会話がおかしくて二人で笑ってしまう。
希は同じ時期に入った会社の同僚で、仲のいい子だ。規則的な生活をいつものように過ごしていて、ニュースは彼女の必需品らしい。
だから、天気の事はいつも希に聞いている──私は朝にテレビを見ている時間がないから天気予報は見ない。いや、見れない。

「今日も行くの? 傘王子のところ」
「傘王子って……うん。きっと傘持ってないだろうしね」

傘王子──希が私が傘傘と言う時に絶対に出てくる人だからという事で勝手につけた名前──とは、陽菜美の彼氏の木島 優のことだ。
彼も天気予報を観ないからいつも雨の日はびしょ濡れになるため、陽菜美が傘を彼に持って行ってあげるのだ。

「よし! お疲れ様でした!」
「お疲れ様〜」

雨の日だけは残業はしない。
いつもは時間内に仕事が片付かなくて、残業になってしまうが、雨だから早く終わらせる。

「あ、優くん!」
『陽菜美さん!』

優に近づいて見てみると全身が濡れていた。

「あーまた濡れてる! 傘持ってなきゃダメだよっていつも言ってるじゃない!」

カバンからハンカチを取り出して、肩や顔についた雨を拭いてあげた。

『ごめんごめん。今日は降らないと思ってたから……』
「はー。仕方ないなー」

呆れながら、ハンカチをカバンに戻して、傘を開ける。

『あ、傘。俺が持つよ!』
「あ、ありがとう」

そう言って優は傘を持って車道側を歩いた。
肩が当たる距離。心臓がバクバクして、優に聞こえてないかなとそちらをみる。
聞こえてはないようだった。
優の顔を見るとき、肩が濡れているのに気づいた。

「優くん! 肩が濡れてるよ!?」
『あはは、いーのいーの!』

そう言いながら、笑った優。
名前の通り、彼は本当に優しい。陽菜美にとってとても大切な人。

「ねえ、優くん」
『ん?』
「優くんと……ずっと一緒にいたい。だから」
『陽菜美さん!』
「は、はい」
『結婚してください!』

一つの傘の中。
聞こえるのは、自分の心臓の音と雨の音だけだ。

「はい」

小さな傘の中で小さな恋は大きな愛に変わる。
雨の日はこの事がいい思い出として思い出せたらいいなと思った。

Re: 今、好きな想い ( No.19 )
日時: 2017/04/02 02:21
名前: アリン

*.*エイプリルフール*.*

「嘘だよ」

それが最初の彼への嘘だった。
あの時についた嘘は忘れられない。なんで嘘だよって言ってしまったんだろう。

「あーあ、今日も1日早かったな〜」

その場で大きく伸びをした。
伸びにつられたて、足も背伸びした。

『そうだね〜』

おっとりした性格の雅人の背中はいつも曲がっている。つまり猫背だ。せっかく、背が高くてスタイルもいいのにその背中で見た目は良くない。

『そういえば今日は4月1日。エイプリルフールだね』

その一言で私の体は一瞬固まってしまった。
そう、エイプリルフール。去年の今日に彼に私は嘘をついた。

『去年は驚いたな〜。美香に好きって嘘つかれるとはね〜』

まさしく雅人の言ったこの言葉が私がついた「嘘」なのだ。
人間とは複雑なものだ。その場の空気が悪くなると嘘だよと言ってしまう生き物なんだから。でも。

「……ねえ、雅人」
『どうした?』
「好き」

今日こそは嘘のない本当の気持ちを、本当の言葉を雅人に言いたい。

『う』
「嘘じゃないよ!」

その間沈黙が続いた。
顔がすごく熱い。足も震え始めてきた。

『……僕は……』

雅人の返事を聞くのが怖い。ただただ怖い。
どうか、お願い。同じ気持ちであってほしいの、雅人。

『美香が好き』
ほんの数秒間。時が止まっているように思った。
雅人の背中は真っ直ぐになっていた。

「……エイプリルフールじゃない……?」
『うん。違う。美香が好き。ずっと好きだった』

いつものおっとりとした雅人じゃないように見える。かっこよく見えた──いつもかっこいいけど。



「ねえ、雅人?」
『ん?』
「今日はなんの日か知ってる?」
『付き合って一年記念日』
「そうだよ、だから」

*.*恋の嘘をつきましょう*.*



───────・.°*°.・───────
ギリギリ1日遅れですが、エイプリルフールネタです。
夜遅くにすみません(´・ω・`)

Re: 今、好きな想い ( No.20 )
日時: 2017/04/20 19:31
名前: 珠紀



こんばんは。
珠紀です。


スッと読める短篇集。とても好きです。

短篇集の中でも歴史があって、繋がりがあったことに感動しました。
すごく楽しく読むことができました。

一番好きな作品は、最後だったからかもしれませんがエイプリルフールのお話が強く印象に残っています。

エイプリルフールで嘘をついたことは一生叶わないという伝説がありますが、幸せになってよかったです。


更新楽しみにしております。


_珠紀

Re: 今、好きな想い ( No.21 )
日時: 2017/05/07 18:23
名前: アリン

珠紀様!

先日は返信してくれてありがとうございました!
短編集だからですが、1話で完結出来たらと思いながら書いているのでそう言ってもらえて、嬉しいです(*´∀`*)

来てくださり、ありがとうございます!

Re: 今、好きな想い ( No.22 )
日時: 2017/05/28 15:16
名前: アリン

*.*姉弟 side 弟*.*

昼過ぎ。久々に実家から離れて暮らしている姉の家へやってきた。姉の家はアパートの一角にある。それなりにいい物件があったと言っていた姉の顔を思い出しながら、アパートの二階にある姉の家の前まで行って、一度インターホンを鳴らす。だが、中にいるはずの本人は出てこず、もう一回インターホンを押して出てくるのを待った。

『出てこない……』

止むを得ず母から借りた合鍵で扉を開けた。

『彩姉ー、来たよー』

名前を呼んでも返事がない。
靴を脱いで、勝手に上がった。怒られはしないだろう。
部屋の中は分厚いカーテンが閉じられていて、暗かった。とりあえず、部屋の電気をつける。
姉はベッドの上に携帯を持ちながら、寝転がっていた。また、元彼のことを思い出していたんだろう。

『彩姉、起きろ! もう昼過ぎだぞ』

体を三、四度揺する。

「んんー。分かったよー」

眠そうな目を擦りながら、ムクリと体を起こした。起きてすぐの姉は10分くらいは使い物にならなくなる。その間に冷蔵庫にあったハム、ケチャップ、チーズを食パンの上に乗せて、トースターで焼いた。

「おはよ〜」
『おはよー、彩姉』

ちょうど出来上がった食パンを姉の前に出す。

『……また元彼のことで泣いてたの?』
「うわー。いきなりプライベートのこと聞いてくる〜」

デリカシーが足りないな〜、うちの弟はと言われてしまった。
確かにそうだと思うけども、姉を見ているとこの間振られて泣いていたまやねを思い出してしまって、どうしようもない気持ちになる。

「そういえば秋斗は彼女できたの?」
『うわー。いきなりプライベートのこと聞いてくる〜って言っておいて、自分も同じことしてくる奴がいるー』
「だまれーい」
『痛て』

軽く頭を小突かれる。
痛くないのに反射的に痛いと言ってしまうのは何故なんだろうか。

『……いない。けど、片想いの子はいる』
「お! 喋るね〜」
『おいおい。……あー……あと、彩姉に似てる』
「へー。主に?」

四角かった食パンが少しずつ歪な長方形になっていく。

『黙秘しまーす』
「何故だー!」

また小突かれて、さっきと同じセリフが反射的に出てきた。
姉の食パンの黄身の膜が切れて、とろりと黄身が皿の上でコーヒーをこぼした時のように広がった。


──────・.°*°.・──────
初めて小説の中の姉弟の話を書きました。
彩姉は彩音です。弟は秋斗です。
片想い中の二人です。

Re: 今、好きな想い ( No.23 )
日時: 2017/06/01 17:23
名前: アリン

*.*姉弟 side 姉*.*

私の弟にはずっと片想いをしている子がいる。
離れて暮らしていたから進展があったか分からなかったが、さっきの言葉で何も変わっていなかったということがわかった。

「大変ね」
『何が?』

心の声だったはずの言葉がポロリと出て、口の声となっていた。

「なんでもなーい」

咄嗟に否定する。

「ごちそーさま〜」

食べ終わって、皿を台所に持っていく。
台所からはベッドが見える。ベッドの上には無造作にほっとかれた掛け布団と携帯だけがあった。
昨日の夜、携帯に知らない電話番号からの着信があった。相手は元彼の翔太からだった。
翔太からだと分かって、咄嗟に通話終了ボタンを押してしまった。
馬鹿だと私は思う。なんの話かも分かってないのに聞く前にボタンを押してしまうなんて。本当に馬鹿だ。

『彩姉、邪魔』
「あ、ごめんごめん」

翔太に言われて、台所を後にする。
携帯のところへは迎えない。すごく怖い。
携帯が私を睨んでくる。

でも、凄く嬉しかった。久しぶりに聞いたその声は一年半前と変わらない。中学生ではないのだから当たり前だけど。
変わっていなくて、凄く嬉しかった。


──────・.°*°.・──────
テスト期間中です( ; ; )
でもあげます。

Page:1 2 3



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大4000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。