コメディ・ライト小説 ※倉庫ログ

俺達は人生ゲームの敗北者
日時: 2016/06/11 15:55
名前: 雪姫



「非リア充たちの日常風景」
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆ミッション◆
1:休憩時間の潰し方(語りパート)>>07-08
 番外「魚谷 亮也の外の世界では」>>09
 休憩時間の潰し方(物語パート)>>10-12
2:高校生活の振り返り方


◇勝者◇
「ザ・幼馴染」
尾久村 隣(オクムラ リン
亮也の幼馴染。隣の家に住んでいる。ベランダ越しにお互いの家に行き交いできてしまうほどの近さ…けしからん。
いつも笑顔で明るくトークも面白くて常に輪の中心。毎朝起こしに来てくれて多少のラッキースケベ・イベは許してくれる。ギャルゲによくいる幼馴染キャラ。
「キングオブリア充」
金元 奏(カナモト カナデ
亮也の幼馴染パートツゥー。中学時代からの親友(奏談)腐った紐(縁)(亮也談)
高学歴・高収入・高身長!サンケー!…将来的には。家は超がついちゃうほどのエリートかつセレブ…ケッ 
なのに!このおぼっちゃまはそれを鼻にかけることなく、誰にでも友好的に接し人望も厚い。まさに亮也とは正反対のリア充。我ら非リア充の敵である。


◇敗者◇

「おおよそ主人公」
魚谷 亮也(ウオタニ リョウヤ
死んだ魚のような目の初年R。働いたら負けだと考えている。
ひねくれた性格から友達も彼女もなく、ぼっちであり、友達だと思ってたら相手にとってはまったくそんなことは無かった、という経験を積み重ね数多くのトラウマを抱えている。
どこぞのそこらに稀いるおまえら。
 □魚谷家の一族>>01
「完璧系美少女…なんていない」
宝城 レン(ホウジョウ レン
学校の校長の娘で黒髪ロングで頭脳明晰・スポーツ万能・容姿端麗、おまけに気品が性格も良しなみんなから好かれる生徒会長!
…という人物にしたかったのにどうしてこうなった(※猛毒を吐くので注意)
 □宝城家の一族>>02>>05
「クリミノー(咎人)」
天馬 魔穂(テンマ マホ
身長150pのふたつの意味で小さな先輩。見た目は小学生(…にしか見えない)っぽいが、実は高三でIQがめちゃ高い…近年まれにみる天才。
娘っ子だが一人称は「オレ」態度も性格も男っぽく(ドSで性に対して解放的)漢気に溢れ(口より先にパンチがでるタイプ)「姐さん&お姉様」と慕う後輩は数知れず。
見た目通り?に可愛いモノが大好き。大好物は黒髪ロングの妹…あっ察し。恋愛対象は一応男だと言っているがバイ…バイバイキ〜ン〜〜☆
 ■「闇(病み)系」
ネム・トゥルース(忌み名
イッちゃってる子、イタイ子、かわそうな子の三拍子スキル持ちのいわゆる厨二病患者。
種族はトゥルーヴァンパイヤ(始祖吸血鬼)宿命のライバル女神の呪いで貧乳ロリッ娘姿(…になったという設定)
魔穂(えっ?ダレですか?それは)の前世(数ヶ月くらい前)の名と姿(…は現在も)
全ては女神の呪いのせいとされアカシックレコードに黒歴史として封印された、恥ずかしい過去(もういっちょ数ヶ月前)
 □天馬家・ペンドラゴン財閥の一族>>03
 


▲その他
教師>>04
依頼人1>>06
家族1>>01 2>>02>>05 3>>03
モブ>>13

Page:1 2 3 4



Re: 俺達は人生ゲームの敗北者 ( No.16 )
日時: 2017/09/02 11:39
名前: 雪姫




よいしょ!

Re: 俺達は人生ゲームの敗北者 ( No.17 )
日時: 2017/09/02 12:41
名前: 雪姫

今まで書いている/いた作品リスト

新コメライ板
HN(雪姫)
俺のペットはアホガール*短編集*(現在執筆中)
生徒会”執行部”と”捜査部”~舞い散る桜STKとの出会い(完結済み)
生徒会”執行部”と”捜査部”~饅頭売りの花嫁~↑続編
魔界造(リメイク)版こけし少女とキツネさんSS
俺達は人生ゲームの敗北者

旧コメライ板
HN(瑠架)
☆アルヴァーナ学園〜星空を見てごらん〜

HN(歌音)
〜小悪魔たちの学校〜* 

HN(ユキヒメ)
お助け部! 
+*幼馴染*+
キミソラ
アルヴァーナ学園〜ギャグコイッ〜

HN(雪姫)
ほのぼの冒険日記
運命は変えられない
+*幼馴染*+

ダークファ板
Re:童話姫たちの殺し合いゲーム<鮮血に染まった頭巾の娘編>(現在執筆中)

複ファ板

HN(歌音)
--12人の巫女と1人の少年--

HN(赤井 志穂)
――運命の歯車―

HN(雪姫)
復讐ノ時歌―revenge―
―運命は変えられない―
血の宿命地獄編
血の宿命
↑過去ログ
上京したら変態に憑かれました
リク×ソラ
ぼくとおじさん。*短編集*
~*優しいあの子がついた優しい嘘*~(現在執筆中)
Re:童話姫たちの殺し合いゲーム<群像劇/かぐや姫>(現在執筆中)

二次紙ほか板
HN(歌音)
FAIRY TAIL―命の砂時計―
僕は友達が少ない§ 双子も友達が少ない
銀魂 菜華を操る魔女
鋼の錬金術師 Secret Garden

HN(白雪姫)
【トリコ】一緒に夢をみようぜ【短編集】

HN(雪姫)
銀魂 妖刀を操る女 (仮題)

旧二次紙ほか板

HN(桜木 咲 )
銀魂 菜華を操る少女

HN(雪姫)
ダンガンロンパ 希望と絶望の学園
トリコ]神と人間[小説集]
番外編)ハラハラドキドキの夏休みーーーー!!(完結済み)
雪が降ってはしゃぐのは子供と馬鹿だけ…たぶん(子供編)
(番外編)キャバ嬢VSキャバ嬢
(番外編)羊じゃないよ、執事だよ♪
(番外編)タイトル未定☆いろいろ募集☆
銀魂 †血の宿命と命の灯火†
ポケモンBW 明白の英雄と暗黒の英雄 *参照1443突破* 
FAIRY TAIL―命の砂時計
鋼の錬金術師)貴方を守りたい*参照1200突破*
↓続編
鋼の錬金術師×テイルズ)貴方を守りたいU
↓リメイク
鋼の錬金術師×テイルズ 貴方を守りたい―ココロノカケラ―
↓1のリメイクのリメイク
鋼の錬金術師 貴方を守りたい――12人の巫女と1人の神――(一応完結)
☆いろいろ小説集☆【ひぐらし書き中】

HN(エリス)
【銀魂】血の宿命(初めて書いた作品)
FAIRY TAIL―時ノ砂時計ト時ノ神子―
(鋼)貴方と一緒に
☆3年Z組銀八先生☆ドS少女の恋物語♪

HN(魅穏)
ルーンファクトリー☆モカとエリスの友情物語☆




カキコ歴6年間ですごいまた、作ったなー笑

Re: 俺達は人生ゲームの敗北者 ( No.18 )
日時: 2017/09/03 10:52
名前: 雪姫

書き漏れ


コメライ板

HN(姫凛)

*〜愉快な小悪魔たちの学校〜*
流れ星が叶えた恋☆[生徒募集]
本日開店 カフェ「水月」
僕の初めての彼女は変人でした…
題名未定。
短編』ツンデレ狼とヤンデレ猫
*バッドエンドから始まる恋物語*(完結済み)
↑過去ログ

複ファ板
HN(姫凛)

〜ココロのカケラ〜
【RPG小説風】クロードスピッツ
おちぶれた武器屋さん
「鬼ですけどなにか?」
シークレットガーデン -魔女と呼ばれた少女の物語-(完結済み)
シークレットガーデン-菊の牢獄-
シークレットガーデン-椿の牢獄-
*バッドエンドから始まる恋物語*部活編 (完結済み)
*バドコイ* ペリトッドの約束編
*バドコイ* シリーズ*まとめ*
↑過去ログ
シークレットガーデン シリーズ まとめ
美しき雌豚と呼ばれた少女とおくびょう兎と呼ばれた少年(完結済み)
Secret Garden -魔女と呼ばれた少女の物語2-
シークレットガーデン 〜小さな箱庭〜(現在執筆中)
シークレットガーデン-椿の牢獄-

HN( riko )

ティリアのアトリエ

旧二次紙ほか板

HN(咲)
ノーラッドの錬金術師 ティリアのアトリエ

Re: 俺達は人生ゲームの敗北者 ( No.19 )
日時: 2017/10/05 09:47
名前: 雪姫 ◆kmgumM9Zro

エスプレッソはほろ苦い





あれは……いつの日の出来事だったかな_?


いわし雲が美味しそうな秋の空 10月の始め頃の出来事。


町全体がオレンジに染まり 夕日が眩しい商店街。


楽しみに待っていた本が今日入荷したよ。


と、本屋のおじさんから朝家に連絡を貰って


すぐにでも行きたかったけど今日は平日。


学校があるからしばらくおあずけです。


HRが終わり、学校が終わったらすぐに教室を飛び出して本屋さんに向かって猛ダッシュです。

おじさんが取っておいてくれる。


と、言っていたけどそれでも早く自分のものにしたくて、足が自然と早歩き 走り出してしまいます。

鏡がないからわからないけど、もしかしたら今僕の顔は嬉しさでニヤけているかもしれませんね。

「おじさんっ!!」

瞳をランランと輝かせ、本屋の今どき手動ドア? を開けて中へ入ります。
やっと、やっと待ちに待ったあの本が手に―


「やあいらっしゃい下級生(モブ)くん」

入ると思った瞬間その思いは泡となって消え去りました_。

Re: 俺達は人生ゲームの敗北者 ( No.20 )
日時: 2017/10/05 10:12
名前: 雪姫 ◆kmgumM9Zro

「アラミド・コーヒー/ルアック・コーヒーは涙味」


「じゃあおじさん代金はこれで〜」

先に本屋にいたのは学校の番長をも従える不良の中の不良。

ギングオブ不良。裏社会ではボスと呼ばれているような人。

1つ上の先輩、逆らう事なんて許されません。

僕はいつもこの人為に行動させられます。

朝の登校時間は 抜き打ちチェックで持ち物検査をしていた生徒会の人たちにばれないように抜け道からこっそり登校させられたり

お昼には購買で一番人気のカツカレーパンを買いに行かされたり

夕方は持って来さされた僕の宝物をボッシュートされたり

そして今日もまた_

「じゃ行こっか」

と、僕の背中に腕を回す先輩に従い僕達は本屋を出て路地裏へ。

「はい。おつり」

「ど、どうも……」

これを読んでいる人は「?」でしょうね。

これはさっき先輩が買った本の代金のおつりです。

どうしてそれを僕にくれたのかと言うと、先輩が買った本はもともと僕が_

「やっぱり馴染みの本屋があるのって得だよね〜」

「そ、そうですね」

ずっと前から欲しかった本だからです。

先輩に目の前で横取りされるのはこれで何度目だろう…。

行きつけの本屋の存在を知られてからかな。先輩と出会ってからかな。

どちらにしても僕は先輩の都合のいい舎弟であることには違わない。

「どうしたんですか〜。ほら行きますよ〜」

そして今日も先輩の背中を追いかけます。

僕には似合わない黒い世界を先輩の後ろにひっつき歩きます。

殴れれば痛いし。涙はしょっぱいし。良い事なんてひとつもないけど

           でも

「大丈夫ですか〜下級生(もぶ)くん」

どん底に落ちた僕に差し伸べられて先輩のてはとっても暖かったです。

暗い 真っ暗闇から僕を引きづり上げてくれた先輩。

不良だし すっごく怖いけど たまにいいところもあるかもしれない。

僕は一生貴方について行くことを誓います。




                        名もなき 下級生(モブ)より。

Page:1 2 3 4



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。