コメディ・ライト小説 ※倉庫ログ

音色に君をのせて(完結。番外編更新中)
日時: 2017/04/08 08:54
名前: Ria

眠れ眠れ


緑の息吹たちよ 健やかに


小さき華


芽生え 風になびく 僕の唄









初めてその歌声を聞いたのは、裏庭で。

声が高く、伸びのある綺麗な透明感のある声。

でも、どこか声に儚さを感じる。

触ったらすぐに消えてしまいそう―。

私はその歌声を、目を閉じて聞いていた。






――――――――――






初めまして、Ria(リア)と言うものです(^ ^)
更新は不安定です。
少なくとも1週間に1度の更新を目指して頑張りますが、更新できない時もあると思います(・_・、)
その時は気長に待っていただけると嬉しいです。
コメントも大歓迎です。
よろしくお願いします。


☆8月10日参照100!☆
☆8月18日参照200!☆
☆9月9日参照300!☆
☆9月21日参照400!☆
☆10月8日参照500!☆
☆10月23日参照600!☆
☆11月4日参照700!☆
☆11月9日参照800!☆
☆11月18日参照900!☆
☆11月26日参照1000!☆
☆1月3日参照1100!☆
☆2月20日参照1200!☆
☆3月21日参照1300!☆
☆4月5日参照1400!☆


目次

>>1-74 本編

>>75 あとがき

>>80 キャラ紹介

Page:1 2 3 4 5 6 7 8



Re: 音色に君をのせて ( No.71 )
日時: 2017/02/16 16:35
名前: Ria

大好きな、ピアノ。

こんな弾き方しちゃダメなのは、私が一番分かってるのに。

どうしても気持ちが出てしまうのだ。

「(やば…泣きそう…)」

鍵盤が滲む。

―ダメ、今は本番なのに。

胸元には小型のマイクが付けられている。

けれど私はあえて何も話さなかった。

拍手を貰っては、次の曲を。

そうして、この曲まで辿り着いてしまった。

「じ、実はですねー…」

私が止まったのを察し、アナウンスがフォローしようとした。

「(そんなの…いらないってば!!)」

私は遮るように手を走らせた。

「らんぼー…」

ピアノにおっ掛かる影が見える。

それは…私の…

「なんでっ…!」

大好きな鈴音だった。

少し痩せて、元気もないような気がする。

それでも、私に演奏を続けるように促す。

「(あぁ…心地よい…)」

変わってない。

私の大好きな歌声。

大好きな…後ろ姿。

鈴音は、文化祭に来てくれた。

Re: 音色に君をのせて ( No.72 )
日時: 2017/02/20 09:56
名前: Ria

ずっと、この時間が続けばいいのに。

鈴音の物語の歌。

終わってしまう。

「(終わらないで―)」

死なないよ、鈴音は…!

鈴音の歌声が終わり、私のピアノ伴奏だけが静かに響いた。

―終わらせない…!



私が居るよ そばに居るよ

この音が 消えぬ限り

音と唄のハーモニー

大好きな君へ イノチノ唄…



一音ずつのピアノの音に合わせて、呟くように私は歌っていた。

私は思うように歌えないけれど、あなたは持っているの。

その綺麗な歌声を…もっと、聴かせて。

少しの間を開けて、観客から盛大な拍手が送られた。

横目で見ると、感動して泣いている人も見えた。

「(―終わっちゃった…)」

溢れる涙を拭こうとする手を、強く握られた。

「俺は、元気になって…戻ってくるよ」

そして私の頬が…唇を優しく触れた。

「うんっ…!うんっ……!」

私も、信じなきゃ。





そして鈴音は学校から、病院から姿を消した。

最先端の治療を受けて、また、帰ってくるために。

Re: 音色に君をのせて ( No.73 )
日時: 2017/03/17 20:44
名前: Ria

それからの時間は、早々と駆け抜けていって。

気がつけば私は学校を卒業していた。

鈴音は、あれから帰ってきていない。

連絡手段もない。

何処にいるのかはもちろん、知らない。

どんな状態なのかも、分からない。




春から、私は音楽専門大学に行く。

先生からの勧めもあり、親からの後押しも。

そして自分のために。

それから―鈴音のために。

地元を離れるのに寂しさは不思議と感じない。

「(桜……咲いちゃうよ…)」

アパートで1人、私は荷物を片付けられずにいた。

1人だけ、春がまだ来ないかのよう。

Re: 音色に君をのせて ( No.74 )
日時: 2017/03/20 20:23
名前: Ria

1年はあっという間に過ぎていった。

何度も大会の演奏に出た。

色んな人と組んでは、歌声を私が演奏でのせる。

それでも、何か満たされないのは。

「(…何処にいるの?)」

ピアノを前に1人、涙を堪えていた毎日は少なくない。

「美鈴。次のペアだが―」

先生からも、生徒からも一目置かれる存在の私。

歌を歌う人からの指名が殆どで、私は指名したことが無い。

「…はい」

次のペアの生徒が入ってくる。

目の前に立っていたのは、茶髪で、身長が高くて。

声は低いけれど、何処か優しくて儚げで。

「ひとつ下の学年だが…鈴音だ。」

知らないけれど、知っている。





「ただいま」





私の、ずっと待っていた愛しい人。

やっと会えた。





「おかえり……!」




私は歌えない。

あなたは弾けない。

だからこそ、お互いを補う。

だから私が―。








音色に君をのせて。





<END>

Re: 音色に君をのせて(完結) ( No.75 )
日時: 2017/03/20 20:29
名前: Ria

最後駆け足になってしまいましたが、一応「音色に君にのせて」は完結になります。
春から環境も代わり、更新が亀ペースから超亀ペースになってしまう前に、完結させたくて…!


初めての小説ということで、全体的にまとまり感がない形での投稿となってしまいました…反省してます…。
次回作は、きちんと計画を立てて頑張っているので、超亀ペースになりますが、読んでいただけると幸いです。


ご愛読してくださった皆様、ありがとうございました!
次回作も宜しければ読んでください…|ω・)



「音色に君をのせて」の不足部分を、ちょびちょび足していくつもりなので、たまには覗いてやってください…。

Re: 音色に君をのせて(完結) ( No.76 )
日時: 2017/03/21 21:47
名前: てるてる522 ◆9dE6w2yW3o
参照: http://From iPad@

こんばんは!
……お久しぶりです←

コメントしたのが、8月以来。読んだのも年明け前……。
すごく久しぶりに閲覧させて頂きました!

完結ということで、まずは本当におめでとうございます♪

私もピアノをやっているので、本当に大好きな作品です(*´▽`*)
美鈴と鈴音、という名前や「音色に君をのせて」という題名、文章の書き方。

全てが本当に素敵で、どれか一つでも違ったらまた違った感じになるのだろうなぁと思いますがこの今が本当に大好きです。


美鈴ちゃんは、本当に何度も何度も辛いことがあっても前を向いているというか……。

ピアノの音色、本当に聴いてみたいです。


鈴音くんの歌声も聴いてみたいです(o´艸`)
……本当に入院のシーンなど、結構読んでいて辛いなぁと美鈴が目にしている光景を想像したりすると胸が締め付けられたりしましたが本当に最後は素敵な終わり方だなと思いました!!!!!


もう小説は終わりですが、これから先の美鈴ちゃんと鈴音くんの間に幸せがたくさん起こりますように……(o´艸`)

これからもRiaさんの作品読ませて頂きますm(*_ _)m


お邪魔しました。

byてるてる522

Re: 音色に君をのせて(完結) ( No.77 )
日時: 2017/03/23 19:27
名前: Ria

てるてる522さん


お久しぶりです…!
ありがとうございます。
初めての作品で設定もろくにしないままの作品で、ほんと読みづらかったと思います…(泣)
ここまで読んでくださり本当にありがとうございました(*^^*)
私もちょくちょく作品覗かせて貰っているので、いつかコメントしに伺います。

コメントありがとうございました!

Re: 音色に君をのせて(完結) ( No.78 )
日時: 2017/04/02 16:01
名前: ケラー ◆bXRF026tgA

Ria様

初めまして、ケラーです。
小説、拝見させていただきました。最後、奇跡の再会ができてよかったなぁって思いました。

余談ですが、茶道系の小説をここの掲示板で書いてるのでよろしければ。

Re: 音色に君をのせて(完結) ( No.79 )
日時: 2017/04/08 08:42
名前: Ria

ケラーさん


ありがとうございます。
最後駆け足過ぎて感動しないかな…なんて思っていたので嬉しいです。

作品見に行きますね!
コメントありがとうございました。

Re: 音色に君をのせて(完結) ( No.80 )
日時: 2017/04/08 08:53
名前: Ria

「番外編:キャラ紹介」



キャラ紹介する機会がありませんでしたので、ちょくちょくQ&A方式で紹介します。
と言っても紹介にはなっていないと思いますが…。


始めは主人公の美鈴から。




Q1.お名前をどうぞ。

「え…何で……?…美鈴です。」

Q2.特技を教えて下さい。

「ピアノです。」

Q3.主に?

「えと……クレッシェンド…とか得意です…?」

Q4.静かなんですね。

「無愛想なだけらしいです」

Q5.怒ってます?

「そう言われると怒りたくなりますね」

Q6.鈴音君好きですか?

「……(冷たい目)」

Q7.鈴音君の声ってどんな感じですか?

「どうって…。…優しくて聞き心地のいい声です」

Q8.鈴音君の特に好きな所は?

「…………全部。」

Q9.今恥ずかしいですか?

「………ちょっとだけ」

Q10.一言どうぞ!

「え…読んで頂きありがとうございます?」

Page:1 2 3 4 5 6 7 8



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大4000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。