コメディ・ライト小説 ※倉庫ログ

青春の星屑たち°.○【オリキャラ絶賛募集中です!】
日時: 2017/03/21 17:22
名前: アリン

**プロローグ**
長袖から半袖の季節になった頃。
並んで歩いていた高校生の男女がいた。
車道側を歩いていた男の子が口を開き、

「好きだよ、美桜」

と言った。どうやら二人は恋人らしいのだが、女の子の反応はというと。

「私は臣の顔、そこまで好みじゃないよ」

と、返す。だけど、男の子は。

「そういうところも好き」

まるで、ゾッコンだ。
これは、そんなちょっとクールな彼女とストレート彼氏たちや主人公たちに関わる人物たちの話である。


皆さんこんにちは
アリンと申します。
アリンという名前では久しぶりに投稿したので
少しドキドキしています////
駄作です。
全力で書きますが、最終的に駄作になります。
好きなジャンルを好きなように書きます!
ほぼ自己満足で書きます!
まだまだ実力のない者ですが、よろしくお願いします(`_´)ゞ

いろいろとキャラたちを増やしていきたいので、キャラ募集を早速させていただきます!

〈名前〉
〈性別〉
〈性格〉
〈容姿〉
〈主人公たちとの関係〉
〈学年〉
〈イメージカラー〉
〈(細かい設定とかあれば)〉を書いてください!
まずは脇役から少しずつヒーローやヒロインになっていくかもしれません!
キャラ募集待ってます!
募集の際にはリク・相談掲示板にアリンで「オリキャラ絶賛募集!!」でありますので、そちらにお願いします!
↑今はリク・相談掲示板で応募していないので、


出てきた人物たち**.

霧神 臣(きりかみ おみ)>>3
光本 美桜(ひかりもと みおう)>>2
原野 稀穂(はらの きほ)>>5
山下 秋吉(やました あきよし)>>7
霧神 汐里(きりかみ しおり)>>31
雛罌粟 琉衣(ひなげし るい)
山下 翠(やました みどり)
山下 瑠璃(やました るり)
綾川 流花(あやかわ るか)


2016.12.27
「こちら霧神と光本です!」を改めまして「青春の星屑たち°.○」に変えさせていただきました。
ややこしいと思いますが、「こちら霧神と光本です!」は仮の題名だったので改めさせていただきました。

それではこれからも「青春の星屑たち°.○」の主人公たちを温かい目で見守ってあげてください。
オリキャラも絶賛募集しているので、気が向けばそちらもお願いします!


コメントを下さった方々の紹介
てるてる522さま>>8>>9
ねこまさま>>14>>15>>36>>37
鐶さま>>26>>27

スペシャルサンクス
ゆき-явMikaさま
Rain=Luke=cyanさま

2017.3.20
参照400突破!

Page:1 2 3 4



Re: 青春の星屑たち°.○【オリキャラ絶賛募集中です!】 ( No.29 )
日時: 2017/01/21 23:17
名前: アリン

今回は新キャラの臣のお姉さんの霧神汐里(きりかみ しおり)さんの登場です!
お姉さんの名前はリク・相談掲示板で名前を募集したときにゆき-явMikaさまが考えてくれた名前です。
ご協力ありがとうございました。

○.° 15 °.○

「ただいま〜」
「お帰りー臣〜。今日も美桜ちゃんと仲良く帰って来たのかな〜?」

帰って来て早々、そう聞いて来たのは姉の汐里だった。

「汐里……。いつもその言葉から始めるのやめてくれよ」

そう言いながら、履いていた靴を雑に脱ぎ、端っこに並べる。

「あれー? でも顔がすごく嬉しそうだよー?」

ニヤニヤと顔をさせながら、汐里は臣の頬を人差し指で突っついた。
長い付け爪が痛い。
けど、自分の顔が赤いことを指摘され、怒りと同時に恥ずかしさでまた顔が熱くなる。

「……可愛かったんだよ! 仕方ないだろ!」

一言怒り、二階にある自分の部屋に向かっていった。

「あーらら。耳まで真っ赤にして、うちの弟は本当に可愛いなー。……それに比べてあいつは!」

そう言いながら、二階にある自分の部屋に向かっていった。
臣と同じ様に。


自分の部屋について、カバンを下ろすと速攻、ベッドに身を投げた。

「はぁー……美桜可愛かったなー。強くしてって言ったとき、頑張って抱きしめてくれてさー……それにあのとき」

──頬に触れたとき。美桜プルプルしてて。あれじゃあ、可愛すぎてキス出来ないよ。それに初めてのキスは、5月27日の美桜の誕生日って決めてるから!

そう思いながら、枕を抱きしめて、ベッドの上を転がる。

Re: 青春の星屑たち°.○【オリキャラ絶賛募集中です!】 ( No.30 )
日時: 2017/01/21 23:25
名前: アリン

○.° 16 °.○

「好きです! 付き合ってください!」
「ごめんなさい。私今付き合うとかそういうの考えてないから」

人気のないところに呼ばれ、汐里はサッカー部部長に告白されていた。
年は同い年で、何回か同じクラスになったことあるくらいで、特に友達とかいう感情もなかった。ただのクラスメイト。それが一番ぴったりだった。
それに一緒にしゃべっていたとしてもそれは下心があってしたことでそんなもの気持ち悪いだけだ。

──それに比べて臣はいい男になってくれたなー。下心どころか自分で下心ですよって言っている様なもんだし、そっちのほうがいい。

「ごめんね。じゃあ」

そう言っていて振り返り彼の元を後にした。

「……あの女。絶対に後悔させてやる!」


「あ、霧神さん!」
「雛罌粟ー! ごめーん、待った?」
「ううん。そこまで長くなかったし大丈夫だよ」

黒縁のメガネを掛けた黒髪の男の子は雛罌粟 琉衣。
背は少し汐里より高いくらいの男の子にしては意外と小柄な容姿だ。
そして汐里の大切な友達。

「雛罌粟だけだよ。私に下心なしで長く友達でいてくれる男友達は」
「ミス・滝桜は大変だね」
「その言い方ははやめて」

琉衣の頭にチョップする。
ミス・滝桜とは、汐里たちが通う滝桜高校の学園祭で開催されたミス・ミスターコンテストのことだ。そして去年ミス・滝桜に選ばれたのは汐里だった。スタイルも良く大人びた雰囲気のこともあり、年上からの人気も高く、ミスコン以来よく告白される様になった。

「痛いー……」

チョップされたところを抑えて、屈み込む。

「雛罌粟は弱いなー。私が守ってあげないといつか倒れ死んでしまいそうだよ」
「主に霧神さんに倒される気が……」
「何か言った?」
「いいえ?」

──私と雛罌粟の間のは何もない。大切な友達だよ。

「雛罌粟」

琉衣に笑いながら、

「ありがと」

と言った。
きっと琉衣以外には見せない顔なのだろう。

「こちらこそ」

Re: 青春の星屑たち°.○【オリキャラ絶賛募集中です!】 ( No.31 )
日時: 2017/01/11 20:02
名前: アリン

〈名前〉
霧神 汐里

〈性別〉
女の子

〈性格〉
大人な雰囲気
冷たい一面もあるが、仲のいい人にはからかったりする
意外と真面目

〈容姿〉
一目見て「この人の第一印象は?」と聞かれたら、みんなが「美人」と回答するほどの美貌を持っている
軽めのロングに茶色がかった髪
染めていると間違わられるが、気にしない
身長は165cm

〈主人公たちとの関係〉
臣の姉

〈学年〉
滝桜高校三年二組

〈イメージカラー〉
石竹色
朱華色
桃花色
ブーゲンビリア

〈(細かい設定とかあれば)〉
初めて好きになった人にもらったりぼんを本の栞としてまだ持っている
好きな色と似合う色は違う
からかい好き
辛いとも甘いのも好き
琉衣にいつももらう飴はイチゴミルク
嘘をつくときに耳たぶを触る
右利き
B型

Re: 青春の星屑たち°.○【オリキャラ絶賛募集中です!】 ( No.32 )
日時: 2017/01/21 23:30
名前: アリン

○.° 17 °.○

「雛罌粟ー! イチゴミルクちょうだい。」

手のひらを琉衣に向け、にっこりと笑う。
琉衣はいつもいろんな飴を持っていて、帰りは毎回イチゴミルク味をもらうのが日課になっていた。

「好きだね。イチゴミルク味。」
「……うん。ある人がイチゴミルクが好きでよく私が真似してたから。それでかな?」
「……久本くんのこと?」
「……うん。」

久本貴陽(ひさもとたかひ)。
汐里の初めて好きになった人。
ミステリアスで温かい陽の光のような人だった。好きになった人は未だに貴陽だけ。
告白しようとしたらその日に引っ越しちゃったんだよね。

「好きだったんだけどな。──どこ行っちゃったんだろうね。」

空を見上げ、眉頭を上げて笑った。
仲良しだったけど、もしかしたら好かれてなかったのかもしれない。
黙って、飴を口の中に投げる。少し溶けていたのか、形がゴタゴタしていて舐めにくい。口の中で転がしていると、中でゴロゴロと言っている。

「会えたらいいね。」
「うん。あ、でもどうだろ。……今好きか分からない。」

会っていないから。
だから、自分の本当の感情が分からなくなっているのかもしれない──勝手に自分が出さないようにしているだけなのかもしれないが。

「まあ、会ってみないとわかんないね。」

また同じように空を見上げて眉頭を上げて笑った。
正直、どうでもよくなる方がいい。そっちの方が考えずに済む。
飴が溶けてきて、ゴロゴロとは言わずにコロコロといういい音が聞こえた。
甘いイチゴミルク味。

「……今日はこの間と違う本を読んでいましたよね。なんの本ですか?」

琉衣はこの暗い空気を切り替えようとしたのか、話を変えて振ってきた。

「え? あー……『この夏でキミに恋した』だよ。」

カバンから青いリボンが垂れている本を出して、見せた。
筆者はシガ カナシ。
年齢性別が不明の筆者だ。
有名になり始め、今人気の高い作家の一人。
非現実的で且つ、ありそうな設定が独特で面白いと反響を呼んでいる。

「へー。面白そう。」
「うん。他にも『スプリングメモリーズ』とか『キミといた瞬間。』があるんだよ。」

ページをめくり、筆者の他の作品が載せてあるところを見て言う。
挟んでいたリボンが手を擦り、こそばゆい。

「……綺麗な青のリボンだね。」
「これ? 久本がくれたんだ。俺の好きな色って言いながら渡してきたの。」
「え」

琉衣は少し慌てたように見えた。
話を変えようとしていたのにまた話が戻ってきてしまったからだろう。
汐里は琉衣の背中をポンポンと叩いた。

「前から言ってるけど、気にしなくていいから。ね?」
「……うん。」

琉衣はまるで親の手伝いをして失敗してしまってしょげている小学生のように──まあ、失敗してしまっているのだけれど──肩を落とした。
口の中の飴が転がる。

「ん。甘い。」

Re: 青春の星屑たち°.○【オリキャラ絶賛募集中です!】 ( No.33 )
日時: 2017/01/21 00:41
名前: アリン


○.° 18 °.○

霧神さんはとても綺麗な人だ。
今でもなんで自分たちが一緒に帰ったりしているのかも分からない。

僕は彼女に恋してはいけない。
初めて会ったとき、直感で思った。
この人に恋してはいけないと。
何かを感じ取ったんだと思う。
彼女の裏にある何かを。

「霧神さんて好きな人いるよね?」

突然そんなことを聞いて、もちろん彼女は驚いた。
会って数時間のことだから驚いて当たり前だ。それに彼女はその気持ちを完璧に隠せていると思っているだろうし。
戸惑った顔をして、何度も周りを見たり、琉衣の顔を見たりしていた。

「な、なんで分かるの……」

汐里はそのまま誤魔化したり、隠したりせずに何故分かったのかと疑問を返してきた。

「……直感です」
「鋭いね」
「どうも」

特に誰を好きなのかとかを聞くことはしなかった。
うるさく聞くのは性に合わない。
それに相手が嫌がるだろうと思うことは大抵避ける。それが一番だと思っている。
だけど、彼女は自分から好きな人のことを話していった。

「私ね。中学の時に好きになった男の子がいたの。その男の子は──。」

淡々と好きな人のことを説明していった。
好きな本や思い出や楽しかったこと。
話していたときの霧神さんは楽しそうで悲しそうで懐かしそうで。いろんな表情をしていた。

「──本当に好きだったんですね。」

彼女からちゃんとその気持ちが伝わってきた──人がいろんな表情をするのは本当にその人を好きだった証拠だもんな。

ポケットから桃の飴を取り出して、口に放り投げた。甘い桃の香りが鼻にくる。

「……うん。大好きだった。」

綺麗な顔をしてそんなことを言うのは反則だ。その顔で言われたら誰でも恋に落ちるだろう。
彼女は桃のように甘い。

──甘すぎだ。

そう思いながら、飴を転がした。
少し割れて欠片がスッと溶ける。

彼女を好きになってはいけない。
彼女はまだその人のことが好きだから。

「あ、私も飴もらっていい?」
「うん。」

ポケットから出し、甘いイチゴミルク味の飴を渡した。

「ありがとう。」

そう言いながら、微笑む。
綺麗な茶色の髪を耳にかける。

彼女に恋してはいけない。
恋したら、一瞬で落ちてしまうから。

「甘いね。イチゴミルク」

Re: 青春の星屑たち°.○【オリキャラ絶賛募集中です!】 ( No.34 )
日時: 2017/02/07 20:50
名前: アリン


○.° 19 °.○

家に帰ると、いつも二人の下の子が出迎えてくれる。

「ただいま〜。」
「おかえり! 秋兄ー!」
「おかえりなさい。お兄ちゃん。」
「ただいま。翠。瑠璃。」

双子の弟の翠と妹の瑠璃はまだ小学四年生で秋吉が帰ってくるのをお腹を空かして待っている。

「お腹すいた〜。」

翠がそういうのと同時に翠のお腹が鳴った。
今から作るねと言って、自室にカバンを置きにいく。大きなカバンが音を立ててその場にとどまった。


美味しそうな匂いが部屋を包んだ。
今日の夕飯はチンジャオロースだ。
ピーマンにパプリカを使っているので、色合いがいい。

「出来たよー。」

皿に盛り付け、テーブルに運ぶ。
声かけと一緒に二人が部屋から出て来て、手を洗い、自分の定位置に座る。

「それでわ! いただきますっ。」
「いただきまーす!」
「いただきます。」

それぞれ手を合わせて、終わると箸を手にして、早速箸を獲物へと伸ばした。

「うんまっー!」
「おいしい。」
「そうだろ〜?」

二人は笑顔を見せて食べていた。
その顔を見るとこっちまで笑顔になる。
綺麗に食べている瑠璃に比べ、翠はまだ箸をちゃんと持ててなく、ポロポロと掴んだものを落としていく。

「おい翠ー。またご飯落ちてるぞ。」
「へへ。ごめんごめん。」
「ちゃんと持てないとカッコ悪い男になるよ。好きな子とかに見られても知らないからな?」

意地悪な顔をして、翠をからかう。
すると、翠は体をピクリと動かして硬直する。

「え……。翠、まさかお前……。」
「秋兄……。一緒にお風呂はいって。」
「お、おう。」

その会話を最後にぎこちない空気のまま、この日の夕飯は終わった。

Re: 青春の星屑たち°.○【オリキャラ絶賛募集中です!】 ( No.35 )
日時: 2017/03/18 11:29
名前: アリン


○.° 20 °.○

お風呂に入ると、先に翠はお湯に浸かっていた。もうすでに髪が濡れていたことから先に髪を洗ったことがわかった。

「し、失礼しまーす。」

そろりと入って、体を洗って、次に頭を洗う。髪を洗う時、シャンプーが目に入るため目を瞑っていた。

「秋兄。もしも、もしもだよ? 好きな人が悪魔と契約してたらどうする?」
「あ、悪魔と契約!?」

思っていたこととはだいぶ違ったため咄嗟に秋吉は目を開けてしまった。すごくしみる。

「んー……好きな子ならどんな姿でも、どんな秘密があったとしても、その子の全部を好きであれるようにしたい、とオレは思う」
「……だよね。オレもそう思うよ」

お風呂に浸かりながら、翠が秋吉の意見に頷く。意外とクサいセリフを言ったつもりだったんだけどな。

「それで……翠の好きな人はその悪魔と契約してるの?」
「もしもの話だよ。もしもの!」

そう言って、翠は少し頬を膨らませた。大抵、人がもしもと言う時は自分のことについてが多いのだけどと思ったが、翠には黙っておく。

「話聞いてくれて、ありがと。秋兄」

Re: 青春の星屑たち°.○【オリキャラ絶賛募集中です!】 ( No.36 )
日時: 2017/03/19 00:02
名前: モズ

始めましてー、じゃないんです。

ねこまこと、モズです!

お久しぶりの更新でうきうきで見てたら、

なんか、これからが楽しみで……!

短いながらもまた、コメント、書きますね。

それでは、バイビッ!

Re: 青春の星屑たち°.○【オリキャラ絶賛募集中です!】 ( No.37 )
日時: 2017/03/21 17:11
名前: アリン

ねこまさま!
お久しぶりです!

確かに1ヶ月以上更新していませんでした(⌒-⌒; )

今年は受験生で、更新しない日が続いてしまうときがあると思いますが、精一杯頑張って書こうと思います(´∀`*)

これからもよろしくお願いします( ^ω^ )

あと、次コメントをくださるときはタメ口でいいですよ\(*´ω`*)/

Re: 青春の星屑たち°.○【オリキャラ絶賛募集中です!】 ( No.38 )
日時: 2017/03/21 17:10
名前: アリン


新しいキャラの登場です!
綾川 流花という名前はリク・相談掲示板でRain=Luke=cyanさまが考えてくれたキャラです!
ご協力ありがとうございました(*´ω`*)

○.° 21 °.○

「おはよーございまーす!」
「はい。おはようございます」

校門の前に立っている小学校の先生に元気よく挨拶をして、校門を通る。
その挨拶とは裏腹に気持ちは元気がない。
今日なんて、家を出る際に違う靴と違う靴を履いたりしていた。

「言わなきゃダメだ」
「何が言わなきゃいけないの?」

歩いている途中で背後から声を掛けられ、驚いて飛び上がりそうになる。

「あ、綾川!?」
「おはよう。山下」

お、おはよう。軽く挨拶を交わして、昨日のことを聞いてみることにした。

「今日は来ていいの……?」
「来いって言ったのは、山下のほうじゃない。……まあ、ちょっと怖いけどね。そのときは、山下が守ってくれるんでしょ?」
「ま、守る!」

綾川──本名を綾川 流花──は昨日まで不登校だった子だ。
四年生の時、クラスの子たちからいじめを受けていた。同じクラスだったオレはいじめの存在を知っていたけど、いじめていた子たちが怖くて何も言えなかった。
だけど、それからいろいろとあって、今綾川とこうして一緒に喋れている。

「あ、眼帯外しちゃダメだよ?」
「分かってるー」

綾川の右目にしている眼帯は悪魔と契約したときに赤くなった目を隠すためのものだ。
いじめの原因は突然──クラスの子たちは悪魔と契約したことを知らない──赤くなったその目だった。
またいじめにならないように、また学校に来れるように翠が昨日渡したものだった。

自分たちの教室。6年3組の扉の前に着き、流花に扉を開ける合図をする。

「いい?」
「大丈夫」

扉の引き戸にグッと力を込め、左に引いた。

Page:1 2 3 4



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大4000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。