コメディ・ライト小説 ※倉庫ログ

隣り合わせの君と青春
日時: 2017/04/21 20:08
名前: 未圖喜

*序章*


君が好き。






真面目すぎて馬鹿みたい。

不器用で、思ってる事の1/10しか伝えられない。








ただ、まっすぐに前を向く君が好きなんだ。














_______________初めは、ありえないと思った。











でもね、君を見るたび、胸がきゅっと鳴るんだよ。










今日も君を写めていく。




君と過ごす一分一秒がかけがえのない宝物。








_______________残された時間を君と。












Page:1



Re: 隣り合わせの君と青春 ( No.1 )
日時: 2017/04/21 21:03
名前: 未圖喜

第1章 彼氏彼女


私には大好きな人がいる。






幼馴染で、最近彼氏になった駿(しゅん)。



片想い期間が随分と長かったから、今でも信じられない。











「佑奈〜!!」

「あ、駿」







小麦色に焼けた肌に、真っ白いシャツが眩しい。



に、と白い歯を見せて笑う彼に、私は懸命に手を振る。









「帰ろ」

「うん♪」







隣で歩き始めた駿は、なんだか楽しそう。




鼻歌なんて歌っちゃって。









_______________まったく、可愛いんだから。









「駿、何か良いことあった?」

「何も。ただ、なんか良いなあって」

「え?」

「いやね、佑奈と一緒に帰れるって、良いなあ…みたいな」









お調子者か、と内心ツッコミを入れつつ、真逆の言葉が溢れる。










「わたしも」










言ってしまってから少しだけ恥ずかしくって、俯く。








「……」

「……」









前を歩いていた彼が突然立ち止まって、手を差し出してくる。











「…?」









チラッとこっちを見て、すぐに視線をそらす。








口元を片手で隠しながら、ぶっきらぼうに言った。












「手、繋ご。その………彼氏彼女なんだしさ」








最後は消えかかっているが、私の心を響かせるには充分だった。










「…う、うんっ!!」









そっと握ると、駿は少しだけ嬉しそうな顔を見せた。












_______________付き合うって、良いなあ。





Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。