コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

初めての音がなった日
日時: 2016/03/30 14:42
名前: アカ

初めての音がなった日


というお話です。

悲しいお話では絶対ないです!!

あらすじ


桃江ももえの住んでいた町は、音がなかった。

人の感情も、何もなかった。

車もないし、笑い声も聞こえない。

でもある日、男の子、香衣かいという人が来た。

香衣は感情をもち、音を発し、桃江のあこがれだった。

桃江と、香衣は一緒に感情をみんなに教える。

…というあらすじです…

面白いか面白くないかはわかりませんが、読んでみてください。

Page:1



Re: 初めての音がなった日 ( No.1 )
日時: 2016/03/30 15:00
名前: アカ

「…」
「…」
だれも、しゃべらない。
「…」
「…」
桃江はそれが退屈で仕方なかった。
(いつからかな。音がなくなったの)
桃江は道をずっと歩いていた。
(さみしい)
一人で、寒い道を、音もなく、歩くのはさみしい。
(おとって何かな。きれいなのかな)
音といえば車のぶるるんという音や、パソコンのカチカチという音、そして、しゃべり声…など。桃江は知らない。音という名の楽しい世界を。
「…」



べしゃ!



「?」
みんな、振り向く。ジャンバーのかすれた音もなく。何?という声もなく。
皆、ただただしーんと、音もなく振り向く。
「やべ、落とした」
しーんと静まりかえった街中で、一人、音を出す者がいた。
「!!」
皆、心の声は出せるが、本物の声は出せない。
じゃあ、なぜ出せる?フシギでたまらない。
「…すみません!」
皆、すたすたと歩いていった。桃江は違った。立ち尽くしていた。
「?なに?」
「…」
(声を出せるの?)
「そうだよ」
(心の声が聞こえるの?)
「うん」
(君はだれ?)
「香衣。君は?」
(桃江)
「桃江ちゃん。よろしく」
(うん)
「ねえ、のどを開いて、力いっぱいう!って出してごらん」
(え?)
「やってみてよ」
(わかった)



「…う!」



「できたじゃん」
「…」
(これが…、声?)
「そうだよ。ほかにも、やってごらんよ」
(うん)

「…あ…い…う…え…お…」

「いいじゃん!」
「あ…り…。…ありがとう」
「いえいえ」
「ありがとう。これ、広めて…みたい。こんな、気持ちいいんだもん。
静かなんて、退屈だよ」
「そうだねえ。教えてみる?」
「うん」


Page:1



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。