コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

魔法少女インフィニティ!
日時: 2016/03/30 16:43
名前: 猟奇的殺人犯少女X
参照: http://以下少女X

XXXX年。

『魔法少女』という概念が存在した世界。

とある魔法少女達の日常系バトルコメディ。


ーー用語説明ーー

( 魔法少女 )
未だあまり解明できていない。ただ『魔法』と言われる超能力を使う。
体の何処かに魔法少女の紋章がある。
宇宙人説や新種の生物説などなど。最も有力なのが『ワルモノ』を倒すために現れたという説。
 
( ワルモノ )
人類の敵。宇宙人で、世界征服を目論む。らしい。
魔法少女と敵対している。
幹部級クラスは全員が人型。
秘密兵器に人工魔法少女がいるらしい。

( グループ )
魔法少女達の同盟のようなもの。
有名どころでは、『judgment』や『カルネージ☆』など。今やアイドルグループ的存在。

( 魔法マジック )
魔法少女が使う超能力のようなもの。
一人の魔法少女につき三つ技を持つ。

( 変身マジック・チェンジ )
魔法少女が魔法を使うために変身すること。
ただ違いと言えば服装がファンタジーになるだけ。
政府は何らかの関連性があると見ている。


ーー登場人物ーー

飯島いいじま 未幸みさち
魔法少女グループ『いんふぃにてぃ』のメンバー。
エグい技とミステリアスな雰囲気から『いんふぃにてぃ』のトップシークレットとして有名。苺花の幼馴染み。
苦労人気質で生真面目。一応主人公。

大山おおやま 苺花まいか
魔法少女グループ『いんふぃにてぃ』のリーダー。
純粋無垢、天真爛漫で明るい性格からファンは多い。鈍感、天然で主人公より主人公してる。未幸の幼馴染み。
実は辛党。

真宮まみや つづり
魔法少女グループ『いんふぃにてぃ』のメンバー。
ファンに取り入ることを得意とする腹黒系。未幸に次ぐエグい技。
苺花の親友。



ーーーーー

Page:1



Re: 魔法少女インフィニティ! ( No.1 )
日時: 2016/03/30 16:59
名前: 少女X


part1【とある男子高校生の『いんふぃにてぃ』情報】

大山苺花、真宮綴、飯島美幸。

この名を聞けば、よっぽどの田舎者ではない限り、有名魔法少女グループ『いんふぃにてぃ』のメンバーだとわかるだろう。

大山苺花。純粋無垢、天真爛漫で鈍感、天然。愛らしい笑顔とその絶妙なアホさ加減、そしてたまに見せるリーダーらしさは多くのファンを虜にしている。イメージカラーは赤。

真宮綴。女神と拝まれるほどの寛大な心を持ち、たまに見せる腹黒さがいいとファンが最も多い。またそのぺたん、とした胸と小柄な身長から一部のアレアレな人に人気。イメージカラーは黄。

そして飯島美幸。『いんふぃにてぃ』のトップシークレットとして有名で呪歌だとか言う、魔法少女ヒーローっぽくない技を使う。たまに見せる笑顔は案外可愛いらしい。イメージカラーは紫。


ここまで聞けば、まるであの有名幼児向けアニメのようだが、これは現実である。
彼女達魔法少女は、俺達一般市民を『ワルモノ』から守るために日々戦う英雄ヒーロー

そんな彼女達が通う中学が、この翠ヶ丘中高一貫校なのだ。

Re: 魔法少女インフィニティ! ( No.2 )
日時: 2016/03/30 17:21
名前: 少女X

part2【魔法少女グランプリ】

「苺花ァー! 綴の宿題手伝ってぇー!」

何てことない、少女が友人に宿題の手伝いを頼む姿。金髪混じりの薄茶髪を揺らしながら、綴は苺花に抱きついた。抱きつかれた当人は名前通りの苺色の髪を弄りながら、「そんなのあったっけ?」と首を傾げた。

「だろうね! そう思ったよ! てゆーわけで美幸、お願い!」

綴は予想していたようで、ターゲットを美幸に変えた。邪魔そうな長い前髪を気にすることなく、冷めた目で溜め息をつく美幸。

「くっ! 神に救いはないのか……」

若干芝居かかった様子で、チラチラと美幸を見る綴。しかしそれを意に介すことなく美幸は手元のガラケーを弄っている。当たり前だ、同じようなのが十回くらいあったのだから。


「ん……?」
「何!? もしかして宿題貸してくれ「違うし」……」

美幸の漏らした声に反応するも、直ぐ様撃沈する綴。暫くガラケーを操作するカチカチという音が鳴る。

「明日魔法少女グランプリ……だってさ。強制参加」
「本当!?」

うとうとと現と夢の中で船を漕いでいた苺花ががばりと起き上がった。苺花は『いんふぃにてぃ』のリーダー故か、魔法少女関連になると途端にこうなるのだ。

「じゃあルナさんも来るかな……!」

東雲しののめるな
苺花が憧れる魔法少女。『judgment』のリーダー。

あのいけ好かない腹黒い笑みが脳裏に浮かび、美幸は顔を顰めた。

Re: 魔法少女インフィニティ! ( No.3 )
日時: 2016/03/31 08:24
名前: 蒼猫★


魔法少女可愛いですね!(変な意味ではないです)
用語説明とかがあって、文章もスゴい読みやすかったです。

ただ、ひとつ気になるのは美幸ちゃんのトップシークレットって説明なんですけど...
そしたら世間にバレているけど、皆の前では2人っていう設定?ということですか?
それか、美幸ちゃんのキャッチフレーズですか?

意味わかんない質問してごめんなさい!これからも見に行きますね!

Re: 魔法少女インフィニティ! ( No.4 )
日時: 2016/03/31 08:33
名前: 少女X

>>蒼猫様

ひゃっふい!

初めてのコメント興奮しておりまする少女Xです。

そうですね、未幸ちゃんのトップシークレットはキャッチフレーズ的なですね。もはや女装説すらあるくらいです((

質問していただけると、他の方にとっても良いのでありがたいです! わかりにくいところがあったらどんどん質問してください!

これからも宜しくお願いします!

Re: 魔法少女インフィニティ! ( No.5 )
日時: 2016/04/14 21:39
名前: 少女X


「いやあー、皆さん集まってくれてありがとう!」

そう言ったのはモザイクさんだ。モザイクさんはこの魔法少女業界ではものすごく有名。
いつもモザイクがかかった映像で、テレビ電話をするのだ。地位的には魔法少女業界の纏め役。どちらかというと裏の。

「ご存知の通り今回は皆さんに汗水流して戦ってもらいまーす。ルールはそこの水谷さんに資料渡してもらうからー。」

水谷さんも有名。唯一モザイクさんの正体を知っている秘書さんだ。ただすっごく口が堅くて、どんなにお金を払ってもモザイクさんの正体を明かさないらしい。

水谷さんから手渡されたのは紙が一枚だけ。
『基本ルール』とかなりでかい字で書かれている。


その一。魔法でも復活不可能な怪我を負わせた場合は即処します。
その二。チーム戦、個人戦の二つがあるが、ルールを破った場合グループのメンバーも失格となる。
その三。個人戦時に裏からサポート等のこちらが反則行為と見なす行為をした場合、即処します。


モザイクさんの『処』。
これは今までは誰一人として受けてないものの、酷く残虐だとされている。

「よし、がんばろ、みんな!」


張り切った声色で、苺花が明るく言う。それに答えるように、私は力強く頷き、綴がハイタッチした。


Page:1



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。