コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

導かれし石たち
日時: 2016/04/21 23:55
名前: cinnamon



AM5:30


部屋に置いてあるデジタル時計は、普通ならまだベッドの中にいなければならない時間だが、何と今日の私は起きている!服も着替えている!小学校の頃は、朝のチャイムに「まだ、まだ待って!あと3分!」と叫びながら全力疾走するのを日課のように繰り返していたのに……って、清々しい朝に何て嫌なこと思い出してるんだ、私は。
気持ちを切りかえて、さっき最終チェックを終えたリュックを背負い、部屋を出る。もうしばらく戻ってこない自室は、なんだかすごく寂しい場所に見えた。
玄関で靴を履き、ドアを開けると旅立ちの雰囲気にぴったりな、輝かしい朝日が真っ正面に見えた。


そう、今日は旅立ちの日。

終わりが分からない無期限の旅に、日の出と共に出る。



「……レオ、この旅で会えるよね」


こういう時に、一番居ててほしい友達は、ここにはいない。
脳裏に残っているあの笑顔を胸に、私はようやく一歩を踏み出した……はずだったのに。




「あ、水筒忘れた!」





最高にかっこ悪いスタートで始まった旅が、世界を賭けた冒険になることは、まだ誰も知らないことだった。







*・゜゚・*:.。..。.:**:.。. .。.:*・゜゚・*



はじめましての方もそうでないかもしれない方も、こんばんは!
cinnamon(他のコメライでは主にroseです)と申します。
ちなみに、更新はカメ以上に遅いハイパースローですが、時間を見つけては更新していくように努めますので、よろしくお願いしますm(_ _)m

旧・導かれし石たち(【新】じゃない方のコメライ板にあります)があまりにも分かりにくくなったので、急遽こちらの方で整理して、書き進めていくことにしました……~_~;
始めの方(1~7話)は、旧・導かれし石たちにもあったので、旧の方を読んでいて下さっていた方がもしおられましたら、その辺はサラッとお読み下さい(ー ー;)

心に宝石を宿す人々の物語を、ゆったり楽しんで頂けたら幸いです。

Page:1



Re: 導かれし石たち ( No.1 )
日時: 2016/04/26 23:41
名前: 蝉時雨

この時を待ってたぞ……!

更新乙、そして頑張れ


Page:1



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。