コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

普通が普通じゃない!ほのぼの物語(ストーリー)
日時: 2016/07/03 19:26
名前: 結都/yuito

初めまして。(いや、違いますね)
ファンタジーにいる、結都です。(あっちは結乃です)
新小説です。

注意!
駄作ですがお許しを(>_<)
荒らしは来ても無視。
実話あるかもです。

登場人物

春崎亜夜音はるさきあやね
主人公。勉強が少し得意な小6。
性格は裏表が激しい。運動?知らんな。

鈴島都すずしまみやこ
亜夜音の親友。運動が得意。
優しいが怒ると超怖い。

佐川静葉さがわしずは
二人の親友。勉強が得意。
皆に優しい。

姫野藍ひめのあい
亜夜音達が嫌い。クラスのボス。
お嬢様。

黒山司くろやまつかさ
亜夜音と仲が良い。
モテる。とにかくモテる。

増えると思います。


Page:1



Re: 普通が普通じゃない!ほのぼの物語(ストーリー) ( No.1 )
日時: 2016/07/03 19:36
名前: 結都/yuito

一話

亜「ねえねえ、昨日のす○っとジャ○ン見たー?」

私は亜夜音。

運動が苦手な小学生!!

都「うん、見たよ。
 面白かったねー」

静「見てないからネタバレしないで。」

こっちが都と静葉。

私ら3人大親友!

私達が話していると、目の前に女子がいた。

藍「じゃまよ。どいてよ。」

この人は藍。クラスのボスだけど苦手....かなぁ~...

亜「ご、ごめん。」

少しイラついたけど、逆らうと怖いので、一応謝っといた。

藍「全く....次から気をつけなさいよ。」

亜「う...うん...」

こうして私達は、話しながら教室まで言った。

6-2。ここが私達の教室。

ガラガラガラー

亜「おっはよーう!」

続く

亜夜音は私に似てる....けどこんな元気な挨拶は無理...


Page:1



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。