コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

Yell
日時: 2016/08/30 14:14
名前: Minon@

第1話

中学二年生の私、皆海花恋は卓球部に所属していた。そしてある先輩に恋をしていた。そして私は空野碧先輩に恋をしていた。でも碧先輩は三年生のため引退してしまった。そのことで泣きじゃくる私に碧先輩とその親友の夏瀬太陽先輩は私にあることを伝えてくれた。『もし花恋が俺らの行く森園高校に進学できたらまた一緒に打ってやる。』と。でもそんな願いは叶わなかった。
中学三年生の最後の大会。
決勝まで勝ちぬいた私の足は壊れた卓球台の下敷きとなり二度と卓球ができなくなった。

あれから一年後。五月後半。廊下でとある部員募集のプリントを見つけた。よく見ると卓球部のプリントだった。
どうせもう卓球に関わることなんて無いのに。
そのプリントを捨てようとしたとき、ある言葉が目に入った。
『卓球部マネージャー募集』
私はもう一度見た。確かに書かれていた。何をするのかもわからずに私は放課後の廊下を走った。そして体育館の扉をあけた。中から聞き覚えのある声が聞こえた。
「花恋!久しぶり、もしかして入部?」
「だいぶ遅かったな。なんかあったのか?」
碧先輩と太陽先輩だった。
「あのね…私もう二度と卓球が出来ないの。ほら、聞いたでしょ?卓球台で下敷きになった子がいるって。私だよ。足が潰れて短距離くらいなら走れても卓球ほど長く動くことは出来ない。だからね、少しでも前を向きたいから卓球部のマネージャーになりたいんだ。」
そんな私を卓球部員は大歓迎してくれた。
そして私のマネージャー生活と碧先輩への片想い後半戦が始まった。

Page:1




スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。