コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

イケメン生徒会長はドSでした。
日時: 2016/09/15 16:47
名前: なまこ

佐々木実桜ささきみお 高1
主人公。何事も一生懸命。生徒会に入る。

雨宮蒼あまみやそう 高3
生徒会長。表はさわやか紳士だけど実はドS。

遠坂愛莉とおさかあいり 高3
生徒会副会長。優しくて美人。

五十嵐李空いがらしりく 高2
生徒会会計。クールで毒舌。

畑中はたなかひなの 高2
生徒会書記。おっとりしてる。

笹原夏生ささはらなつき 高1
元気で明るい。実桜と同じく生徒会に入る。








Page:1 2



Re: イケメン生徒会長はドSでした。 ( No.5 )
日時: 2016/09/18 16:22
名前: なまこ


「はぁ…生徒会室の場所、先生に聞けばよかった」

この学校広すぎでしょー……。
たしか寮もあるんだっけ?家から学校が遠い人がつかうんだよね。私は家から学校まで遠くないから必要ないけど。

私はキョロキョロと辺りを見回しながら、生徒会室を探した。

「ねえねえ君、どうしたの?」

後ろを振り向くと、そこには知らない先輩らしき男子が2人いた。
ちょうどよかった!この人たちに生徒会室の場所を教えてもらおう。

「あの、生徒会室に行きたいんですけど…」
「じゃあ俺たちが案内してあげるよ!」

そう言って手招きをする男子。
親切な人たちでよかった。
これで生徒会室に行ける。
私は2人のあとをついて行った。

Re: イケメン生徒会長はドSでした。 ( No.6 )
日時: 2016/09/18 16:35
名前: なまこ


2人のあとを歩いていると、なんだか人気のないところに着いた。

「あのー、生徒会室って…」
「はぁ?何言ってんの~?」
「こんなに可愛い女の子を俺たちが放っておけるわけないだろ?」

そう言ってニヤニヤと気持ち悪い笑みを浮かべながら近づいてくる男子たち。
お、教えてくれるんじゃなかったの!?
私は怖くなってその場から逃げ出した。

「あっ!おい!待てっ!!」

すると後ろから男子2人が追いかけてくる。
な、なんで追いかけてくるの!?
私は恐怖で震える足を必死に動かして走り出した。
とにかく人がいるところに行こう!


________グイッ


「ぅわっ!?」

突然後ろから腕を引っ張られ、私は思いっきり転倒した。

「……いったぁ…」
「捕まえた♪」

その声に私はバッと後ろを振り向いた。
そこにいたのはさっきの男子たちだったのだ。
こんなに早く追いつかれるなんて……。
それもそうだ。私は足が速いわけじゃないし、男子のほうが速いにきまってる。

Re: イケメン生徒会長はドSでした。 ( No.7 )
日時: 2016/09/19 18:45
名前: なまこ


だれか……助けて!!!!

心の中でそう叫んだそのとき________

「あれ?君……」

ふいに後ろから聞いたことのある声が聞こえてきた。

「あ、朝の…!!」

振り向いて見ると、そこにいたのは朝に私を助けてくれたイケメンだったのだ。
なんというタイミング!!
本当に王子様みたい……。

「ところで、この状況はなんですか?」

イケメンは男子のほうを見て、じろりと睨んだ。その瞬間、男子たちは怯えた顔をして一目散に逃げていった。
す、すごい。このイケメン、一体何者なの…。

「大丈夫?」

そう言って手を差し伸べるイケメン。
うわわ、近くで見るとますますかっこいい!!……ってそうじゃなくて!!

「あの、また助けてもらっちゃってすいません……ありがとうございます」

私は立ち上がってペコッと頭を下げた。

「いえいえ、モテるのも大変だね」
「??」

モテる??私が?ありえないありえない。

「そうそう。僕は君を探していたんだよ、佐々木ささき実桜みおさん」

そう言ってニコッと微笑むイケメン。
探していたって……どうゆうこと??
私が首を傾げると、イケメンは思い出したかのように口を開いた。

「ああ、そういえばまだ言ってなかったね。僕の名前は雨宮あまみやそう。この学校の生徒会長だよ」
「せ、生徒会長!?」

まさかのまさかの生徒会長ですか!!す、すごい…!!だからあの男たちも怯えてたのかな?

「それじゃあ、生徒会室に行こうか」
「はいっ」

これからこのイケメン生徒会長と一緒に活動するなんて…!!最初は嫌々だったけど、全然嫌じゃなくなった。

私はご機嫌で生徒会長の隣を歩いた。


このあとどうなるかも知らずに________


Re: イケメン生徒会長はドSでした。 ( No.8 )
日時: 2016/09/23 16:20
名前: なまこ


「ここが生徒会室だよ」

他の教室とは違う大きくて豪華な扉。
一際目立つからわかりやすいかも。
なのに私気づかなかったなんて……。


________キィィ



「生徒会へようこそ」

生徒会長は優しく微笑んで、私を生徒会室へ入れてくれた。

「うわぁ……」

教室よりも広くて少し豪華な部屋で、大きなソファにテーブル、ティーカップやお茶菓子まである。
なにこの特別感!!

「それじゃあみんな集まったことだし、自己紹介しようか」

生徒会長はそう言うと、大きなイスに座った。それと同時にみんなもイスに座る。

「知ってると思うけど、もう一回自己紹介するね。生徒会長の雨宮あまみやそうです。よろしく」

そう言って爽やかな笑顔を向ける生徒会長。
はあ、やっぱりかっこいいなぁ…。

「副会長の遠坂とおさか愛莉あいりです。よろしくね」

うわぁ……すごい美人!!
綺麗な黒髪ロングに長いまつげ。スラッとしていてスタイルも良いし、思わず見とれちゃうくらい美人。さすが生徒会だなぁ…。

Re: イケメン生徒会長はドSでした。 ( No.9 )
日時: 2016/10/08 15:11
名前: なまこ


「……会計の五十嵐いがらし李空りく。よろしく」

うわ、この人もかっこいい…。
サラサラの黒髪に切れ長の瞳が印象的な、クールな感じのイケメンだ。

「書記の畑中はたなかひなのです。よろしくね〜」

なんか優しそうな人だなぁ~。
ふわふわとした茶色の髪で喋り方がおっとりしている。

笹原ささはら夏生なつきです!これからよろしくお願いします!」

あ、この人は私と同じ学年だ。
この学校の制服には学年が分かるように小さなバッジがついている。
うす茶色の明るい髪で前髪がアシンメトリー風になっている。
やっぱりこの人もかっこいい。
生徒会って美男美女しかいないじゃん!!
私だけ場違い感が……。

「佐々木さん?」

声をかけられて私はハッと我に返り、慌てて立ち上がった。

「あっ、えっと、佐々木実桜です!よろしくお願いします」

私はペコッと頭を下げた。


Page:1 2



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。