コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

輝ける場所
日時: 2016/11/09 16:52
名前: アイドルっこ


  現在のアイドルは男女合わせて2313人

  目指すものも頂点にいるのも全ての人にあるもの

  それが

        輝ける場所。

Page:1 2



Re: 輝ける場所 ( No.4 )
日時: 2016/11/13 19:29
名前: アイドルっこ


   いつまでも光る私達


  『私の夢は・・・』


   いつの日か憧れたステージ

   気づけば自分に押される自分

   本当の光を見つけた私


  
  どこか運命でつながっている糸。



  「キラリちゃーん、妹さん来てるわよ〜」
  「えっあはーい」
  「おねーちゃんっ‼️」
  「おっと久しぶりまた可愛くなってる〜」
  「おねーちゃんのテレビ毎日見てるけど声が日に日に綺麗になってるよ」
  「・・・光、そろそろ世間に双子ってこと公表しない❓」
  「えっ❗️❓でもいいの❓」
  「なんで」
  「だって私のせいで蝶の夢が潰れたらやだもん」
  「それでも・・・」
  「わかったっ❗️じゃあ私あの人に頼もう。」
  「あの人❓」
  「そう私の一番の信頼者、その名も修司さんです❗️修司さんは私のライブラリによく来てて
   お友達っしかも何より週刊誌を作ってる「大スクープでLUSH」の社長なのです❗️しかも
   修司さんのお友達はなんとこのテレビ局の大スポンサーで代表取締役の方と親友なのです‼️」
  「すごい・・・・」
  「secretGardって嫌なことばかりだったけど今は幸せだし、この幸せを教えてくれたのは
   おねーちゃんでしょ・・・感謝してるよ。」
  「光・・・」


     光を放ち人を巻き込む力がある、そんな自慢のおねーちゃん。

     今日も明日も・・そしていつまでもいつまでも笑いあえる私でありたい。

         

   “いつまでだって輝きは消えない”





         
                                輝ける場所

       

        〜END〜


  

Re: 輝ける場所  〜番外編〜 ( No.5 )
日時: 2016/11/19 18:09
名前: アイドルっこ


 
    世界のどこかで誰かが恋をした時。
  


  あの日 雨が降った日

  私は雨音に声を託して泣いていた。

  「    」

 そう声を押し殺して


  私がダメだから“イケナイノ”

  あの時おねいちゃんが貸してくれた本

  私は今でも気に入っている。

  『RegenWelt』

  毎日雨の降る世界。少女は生まれた頃からの夢は
  太陽を見ること。太陽を見るため旅に出た少女は大変な思いをする。


  ・・・今の私みたいだなぁ


  「お前ってやつは〜心配させやがって」
  「・・・宇井」
  「たくっ蝶が心配してたぞ、止めたけど」
  「私ね・・・おねーちゃんに迷惑かけちゃうと思って」
  「仕事関係か・・・」
  「あの「お前はお前だろーが」・・え」
  「蝶は蝶、光は光、ふたりともそれぞれ楽しんでるじゃん。

     光はねーちゃんじゃないから違って当たり前、

       お前はお前で輝ける場所に立ってろよ。

     光はやっぱ光らないとなっ‼️」


     またこんなこと言う宇井は////


      終わり

Re: 輝ける場所 ( No.6 )
日時: 2016/11/24 17:31
名前: 西乃奈々


  輝ける場所  

  新章突入‼️

  
  〜手と手の距離〜


  世界のどこかで今、誰かが幸せになっている。

  そう思うと私も幸せ///

  いつか私もそんな恋ができたらいいなぁ

Re: 〜手と手の距離〜 ( No.7 )
日時: 2017/01/24 20:23
名前: 西乃奈々


  初めてだった。あの鼓動。あの温もり。


  『忘れない。忘れられない。そう思えば。』

  

Re: 輝ける場所 ( No.8 )
日時: 2017/01/24 20:43
名前: 西乃奈々


  第1章 好きだから知りたいもんだろ❓

 登場人物

  優希 波瑠  【ゆうき はる】 プライドが高く美女顔。小学6年生。
  小山 南那喜 【おやま ななき】能天気なお調子者。小学6年生。
  中川 沙羅  【なかがわ さら】モデル活動中の小学6年生。
  樋山 和人  【ひやま かずと】サッカーが大の得意で南那喜の親友。小学6年生。

 
  始まる。それは教室から。

  


Page:1 2



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。