コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

おうちに帰ろう
日時: 2016/11/11 21:54
名前: アイドルっこ


  
  あの日の僕は荒んだ心を持っていた。

  人々は誰も近づかない

  自分の平和のために

  でも一人少女は言った


     『私とおうちに帰ろう』


  少女は僕を軽々しく持ち上げて、大事そうに抱えて歩き出す。

  泡いっぱいのお風呂でゴシゴシ洗いながら僕の名前をどうするか一人会議する。

  そして乾いた僕を見て少女は言った

  
     『ベアっあなたの名前はベアよろしくね。私はミキっていうの』

  荒れた闇にただ一人の女の子が雲を切らしてやってきた

  幼くていたいけで純情な可愛い女の子


  ミキの笑顔が僕に太陽を当ててくれた

  
  路地裏の僕からミキのぬいぐるみベアになったんだ

 
  そしてこの日から僕のだい2の人生が始まったんだ。

Page:1




スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。