コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

わーるずえんどの大号令
日時: 2017/02/28 14:52
名前: ゆんゆん電波

小説始めていきたいと思います。


気軽にゆっくりしていってね!

Page:1 2



Re: わーるずえんどの大号令 ( No.2 )
日時: 2017/02/28 16:38
名前: ラビ2

面白いです
( ´∀`)bグッ!
私のと全然違うですね

Re: わーるずえんどの大号令 ( No.3 )
日時: 2017/02/28 17:08
名前: ゆんゆん電波

第一話 


「ティアあー、起きないよ!もう7:30よ。伊吹さん怒っているよ~。」

「んなぁっ!?もうそんな時間~??イーじゃないのちょっとくらい・・・・・・・。」

「そーやって甘えてるから数学のテスト26点なの!」

「え・・・!!?ちょっ、あぁぁぁぁぁ!!!!!返しなさいよぉ!何で持ってんのーーーっ!」


朝7:32分。景都は起きないティアの面倒をみていた。確かに夜遅くまで仕事してたので疲れているのだろう。しかし、そんな事もお構い無しに景都は、ティアを叩き起こす。

「景都さん、ティアさん。おはようございます。・・・賑やかですね、朝から。」

ドアが開き、愛夢が起きてきたようだ。ブルーのワンピースパジャマに身を包み、寝癖がたっている。

「・・・あら、愛夢ちゃん。おはよう。」

「あ、ちょっと!何をクールぶってんのよ!そんな暇あったら早く準備しなさいよ。」

「・・・っち。」

軽く舌打ちした。

こうして三人は下の階へ向かった。木製の家は、微かに春でも暖かい。ほんのり木の香りが香る。景都はこの家が好きだ。


下の部屋では、伊吹がキッチンに向かって、苦手な料理をしている。いつもほぼインスタント飯だ。だが、今日は目玉焼きとベーコンを焼いている。トースターでパンも焼いている。

「伊吹さぁん、おはようございます。」

「おはよ、伊吹さん。」

「姉さんおはようございます。どうして今日はインスタントじゃないんですか?」


くるりと伊吹が振り返った。美人ではあるが、かなりの干物女である。ティアはまた、机の隣のハンモックでうとうとしている。

「おっと、三人さん。おはよう!今日はいい朝だねえ・・・。みて!ベーコンエッグ作ってみたよーん!食べよ!」


景都はティアを引きずり、ダイニングテーブルへ。パンとベーコンエッグのいい香りがする。

『いただきます!!』

香ばしさが口に広がる。ちょっと焼きすぎたパンも悪くない。珍しく、愛夢もがっついている。


パンを食べ終え、オレンジジュースをのみ、制服をきた。伊吹は食器を洗いながら『目覚ましテベリ』を見ている。

黒ハイソックスをはきおえ、後はティアをまつだけの景都はふと、考えた。


(・・・[裏界]か。いつ考えても不思議な場所。私が選ばれたのも理由があるのかな。知りたい・・・色々。)

「景都ぉ~、おっ待たせっぇ!どうかしら!」

「・・・はぁ、あんた入学翌日から着崩してんじゃないわよ・・・。ボタンきちんと留めなさいよ・・・。」

ティアは毛先がカールな彼女は、低身長のわりにスタイルが良い。ブレザーのボタンを開け、スカートを折っている。


「仕方ないわねえ・・・。行くよ。伊吹さーん、いってきます!」

「いってら~」

二人は朝日の差す方向に歩いていった。

Re: わーるずえんどの大号令 ( No.4 )
日時: 2017/02/28 17:12
名前: ゆんゆん電波

ラビさん

コメントありがとございます!

小説読ませていただきます~!

Re: わーるずえんどの大号令 ( No.5 )
日時: 2017/02/28 17:57
名前: ゆんゆん電波

その頃、愛夢は通学路をボーッと歩いていた。

愛夢は中等部で、二人とは違い、水泳部に所属している。所属する水泳部は県大会で優勝を繰り返す程の実力派。愛夢は運動が得意だ。

今日は中等部の入学式である。愛夢にも後輩ができるのだ。


ふと、後ろからブルルル・・・・・・・と音がした。



ー振り返ると、見覚えのある黒いフルフェイスヘルメット。そして、紅白のバイク。セロー250だ。

そして、乗っているのは、紛れもなく、伊吹だった。

「んあぁぁぁあぁぁぁーーーー!!!買い出しの時間過ぎてたぁぁぁぁぁ!!!」

伊吹はああみえても、時間には几帳面なのだ。

(そういえば、今日は大安売りだったっけ。)



中等部の校舎は目の前だ。



一方の景都・ティアは、クラスに向かっている最中だった。

「じゃあね、ティア。授業中寝るんじゃないわよ。」

「にひひ、分かってるって!じゃーね!」

景都は1組へ、ティアは4組へ向かった。


「おっはよーー!!景都ぉ!今日も可愛いな!」

「ん?あぁ、彩音。おはよ。」

中等部時代から同じクラスの山本彩音。景都の友達だ。友達で、[裏界]つながりの仲間でもある。彩音のチームは最近結成された、「結城組」の[魔法使い]の素質をもっている。三人組だが、戦闘力はかなり高い。

「最近どう?昨日は多かったらしいね。[化身]もなかなか強くなってきてるねぇ~」

「ちょっと!大きい声で言っちゃダメでしょ!」

「良いじゃん~別に。どうせ言っても信じるやついないし。」


「聞かせてもらいましたよぉぉ!!望月さん、山本さぁん!!」

背後には、学校一の噂好きこと、早乙女 いくるがいた。

「・・・げ。出たぁぁぁぁぁ!!!」

彩音が悲鳴をあげる。

「ちょっとちょっとぉ!皆あたしの事何だと思ってんの?ただ、その裏界?ってやつを詳しく聞きたいだけじゃん~!良いよね?あたし、その話、信じてるし・・・!!」

「ああもう!!いったいった!!ホームルーム始まるよ!」


三人はおとなしく席についた。

Re: わーるずえんどの大号令 ( No.6 )
日時: 2017/03/04 20:44
名前: ゆんゆん電波

ホームルームが終わった。一時間目は、数学だ。

「ぁぁぁぁぁ!!数学いやぁ。まず、問題の意味が分かんない!」

「…まぁ確かに分かんなくもないけど。」

「何なのよ!池の周りを回る兄弟?秒速1秒で動く点P…!!弟は忘れ物したのに気づくの遅いッ!!」

景都とティアが、しょうもない会話をしている間に、学級委員長が睨みながら近づいて来た。姫カットでメガネの典型的な真面目委員長だ。

「おっす、委員長?だよね?」

ティアが右手を挙げ、微笑む。

「そうです。てか、馴れ馴れしくしないでください。園丸さん。」

「いいじゃん〜!てか、ティアでいいしぃ〜」

「そういうのが嫌なんです!」

「ちょっとぉ…2人ともやめて。」

景都はおどおどしていた。

「あら、望月さん。おはようございます。貴女に用があるの。少し宜しいでしょうか。」

「え?あぁ。分かりました。」

「え、ちょ、ティアは??まって!置き去りっすかぁ??」

暴れるティアを置き去りにして、2人は教室をでて、ワークスペースにでた。

「で、何ですか?用って。」

「いえ、たいした事ではないんです。<裏界>のことで。少し。」

「委員長も関わっているんですか?」

「はい。」

景都は驚き、思わず大きな声が出そうになった。この学校には、<裏界>に関わる人間が多い。それ程、<裏界>は広いのかもしれない。

「私はチーム【ノーザンクロス】のリーダーです。貴女のチーム名は?」

そういえば、景都達のチーム名はまだ、決まっていなかったのだ。

「あ…いえ、まだそれがないんです。」

「あら。そうなんですか。では、来週の火曜日までに決めておいてください。…もうそろそろ一時間目が始まりますね。もう、戻りましょう。」

「え?あ、はい。」

2人は教室に戻った。


Page:1 2



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。