コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

棒人間になったって
日時: 2017/03/22 20:12
名前: ポピー

この小説は痛いよ!
くだらない小説は見れるか!って人はブラウザバックを推奨します

*主人公が無駄にウザくなる時があります

*誤字脱字等ありましたらカキコしてくれると幸いです。

*棒人間しか出てこないと思います

文を書くのは下手かもしれませんが頑張っていきたいと思います

Page:1



Re: 棒人間になったって ( No.1 )
日時: 2017/03/22 20:30
名前: ポピー

「本当にここを出て行くんだね、ふふふ」
女のような声がした

目を見開いて後ろを振り向く
そこには、男が立っていた

「いま表は大騒ぎだよ」

そんなこと言われなくても分かっとるわ。
うるせぇなと言って軽くあしらう

「地上に行っても元気でね ふふふ」

急いで物をバックに詰める
そして男は覚悟を決めてロープを下る

このロープは一方通行だ。
登ろうとすればすぐに切れる

「なーにが神だよクソ喰らえっていう」
ペッ!と唾を先程の男に向かって飛ばす

その光景を見た男はまた ふふふ、と笑い彼を見送った

Re: 棒人間になったって ( No.2 )
日時: 2017/03/22 20:48
名前: ポピー

彼らの一族は不老不死だった
何故不老不死なのかを簡単に言うと
エネルギーの変換効率がよかったから

普通の動物なら、口から入ったエネルギーは全て吸収されない。
しかし彼らの一族はエネルギーを全て生命活動維持に使うため
死ぬことはなかった。

しかしその代償は、人からの理解であった
全てに終わりがあると思っている人間は、彼らを 人として 理解する事は無かった
そして不老不死の人間を、神だの、悪魔だのと 人間とは違うものに置き換えた。

Re: 棒人間になったって ( No.3 )
日時: 2017/03/22 20:55
名前: ポピー

そして長い月日が流れ
人間が技術革新を遂げた頃には
彼らは人智を超えた
一瞬で体が鉄のように固くなれたり
物を浮かせる事も出来るようになっていた

その力を誇示する事もなく
彼らは平和に暮らしていた……









一人の異端児を除いては

「でででwwwでってうwwww」

Re: 棒人間になったって ( No.4 )
日時: 2017/03/22 21:09
名前: ポピー

「マジ笑うっていうwwwww」
「何故お前らはそこまで無能なんだっていうwwww」
「無理、オバケとか無理。」

この世に生まれさせた事を後悔させるような最狂最悪の異端児
その男の名前は、アポロ神

本当の名前はアポロ、スチュアー
自分の事を神だと思い込んでいる

中二病真っ最中よ!

彼はまあ、色々やった。
ある時は二千年保管されていた書物を間違えて焼き払ったり(どうやったら間違えるのアポロちゃん)
またある時は一番偉い長に、お前誰と言い放った。
まさに神のような人物だった

そして今回は…

Re: 棒人間になったって ( No.5 )
日時: 2017/03/22 21:35
名前: ポピー

不老不死の彼らは集団コミュニティがあり
一番偉い長を中心に
人間は 自分達のいる世界に入れないようにしていた

そして不老不死の人間達も
そこから出ないようにしていた

そして、彼らのグループには医者がいた。
その医者は天才だった。
他の生物を、自分達と同じ体にする薬を使ったが
彼の功績は認められず、

食べ物から送られてくる栄養を止める薬を作り
自殺をした

そしてこの薬は、全て破棄された
自分達は特別という誇りなのか、それとも生態系のバランスを崩さない為なのか、
真偽ははっきりしていない。


さて、アポロ神が追われている理由だが……
永遠を手に入れる薬は 全て破棄した。しかし……

その破棄係に彼が関わっていたという。


Page:1



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。