コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

罪恋***好きでいてもいいですか?***
日時: 2019/09/09 23:04
名前: Aika
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=12215

+:*;.・。prologue。・.;*:+



最初は見ているだけで幸せだった。

結ばれなくてもいい。
遠くから貴方の笑顔を見られるだけで充分だった。
それ以上は何も望まなかった。


なのに。



いつからだろう。
こんなにも、 あふれ出すぐらい。
抑えきれないぐらいに。
貴方を好きだと思い始めたのは――――。



罪恋***好きでいてもいいですか?***

更新start→2017.4.2


***目次***

登場人物紹介>>1>>39

*特別企画*
参照600突破記念!雑談会>>41

*.・1章・.*
第1話>>2第2話>>5第3話>>6第4話>>7
第5話>>10第6話>>11第7話>>12第8話>>13
第9話>>14第10話>>15第11話>>16第12話>>17
第13話>>18

*.・2章・.*
第14話>>19第15話>>20第16話>>21第17話>>24
第18話>>25第19話>>26第20話>>27第21話>>28
第22話>>29第23話>>30第24話>>31

*.・裕樹side 回想編・.*
第25話>>32第26話>>33第27話>>36第28話>>37
第29話>>38第30話>>40

*.・3章・.*
第31話>>42第32話>>43第33話>>44第34話>>45
第35話>>46第36話>>47第37話>>50第38話>>51
第39話>>52第40話>>53

*.・4章・.*
第41話>>54第42話>>55第43話>>56第44話>>57
第45話>>58第46話>>59第47話>>60第48話>>61







Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13



Re: 罪恋***好きでいてもいいですか?*** ( No.2 )
日時: 2018/04/03 01:45
名前: Aika

Episode1:初恋は叶わない。





初恋は実らない。
昔、 誰かがそう言っていた―――。


***************************************************************


―――出会ったのは小学校1年生の春。
桜が舞う中。
わたしの住んでいるマンションの隣に越してきた人。
親同士が仲良くなって、 それからだった。
子供同士が紹介されたのは。

『桜ー!この子がお隣に住んでる相田裕樹くん』
『桜ちゃんよりも8歳ぐらい年上だけどよろしくねぇ』

お母さんと、 その相田裕樹って人のお母さんがニコニコと笑いながら。
紹介してくれた人。

それが、 先生とわたしの初めての出会いだった。

『えっと…相田裕樹です。よろしくね、桜ちゃん』

すらっと背が高くて。黒縁の眼鏡がよく似合っていて…整った顔立ちの格好いい人だった。しかも、 笑顔もとても優しそうで―――。

第一印象はそんなに悪くない。むしろ良かった。

だからわたしもにこっと笑顔で同じように返した。

『よろしく、お願いします』

いま思えば、 きっとわたしは。
このころから、 先生に恋してたんだと思う。


***************************************************************

季節は巡って。
中学2年の時。

当時、先生は21歳で大学3年目。そろそろ就職とか考えなくちゃいけない時期になっていた。
ある時。学校からの帰り道で偶然裕樹さんと会って二人で並んで歩いていた。
わたしは何となく、気になって裕樹さんの進路を聞いてみた。

「裕樹さんは…進路とかもう、決めてたりするの?」

土手沿いに立つ桜の木々が風で揺れる。
裕樹さんの黒髪も桜の花びらとともにサラサラと揺れ動いていた。
大学生になって…また一つおとなびたその雰囲気はまるで、自分が置き去りにされているみたいで辛くなる。

裕樹さんは間を置いた後。
はっきりと答えた。

「俺…教師になろうと思う」

真っ直ぐな瞳でそういう君は。
自分の将来をきちんと見据えている君は。

世界で一番格好良く見えて。

途端にわたしは、 やっとこの時自分の気持ちを自覚した。

わたしは、 目の前の貴方が。
愛おしくって。 好きなんだってこと。

「そっか…裕樹さんならきっとなれると思う」

そういうと。
裕樹さんは優しい笑顔で。

「ありがと、 桜。俺、頑張るわ」

桜の花びらがひらひらと揺れて、二人の間に零れ落ちてくる。

―――そんな笑顔向けないでよ。

そんな顔されたら、 勘違いしそうになる。
もしかしたら、裕樹さんもわたしのこと子供なんかじゃなくて。
1人の女の子として見てくれてるんじゃないかって。
同じ気持ちなんじゃないかって…うぬぼれてしまいそうになる。

「…そんなわけ、ないよね」

叶わない。

「ん??なんか言った??」
「ううん、なんでもない」

どんなに君を想っても。
君はわたしを好きにならない。

告白して、 フラれて…それで、今の関係が崩れるぐらいなら。
一生、 自分の気持ちは蓋をしたまま心の底に置いたままでいい。






たしかに、 この時。
わたしは本気でそう思っていたんだ――――。

Re: 罪恋***好きでいてもいいですか?*** ( No.3 )
日時: 2017/04/02 23:17
名前: ましゅ ◆um86M6N5/c

こんばんは、初めまして!ましゅと申します。
……突然すみません<(_ _)>

実は「恋花火―ひと夏の恋―」も、いつも読んでいました!
ずっとコメントできずにいて……新作見た瞬間飛びついてしまいました((

何だか馴れ馴れしくすみません<(_ _)>


先生と生徒の恋。題名の罪、という言葉で切ないんだろうなぁ……と思いました。
桜ちゃんの心理描写がとても細かくて、切なさがこちらにもしみじみと伝わってきました( ノД`)

笑顔を向けられて勘違いしそうになる――っていうのがすごい心に響きました!


これからも更新、楽しみにしています!
突然お邪魔してすみませんでしたm(_ _)m

Re: 罪恋***好きでいてもいいですか?*** ( No.4 )
日時: 2017/04/03 23:44
名前: Aika

→ *ましゅ様*


こちらこそ、初めましてです(*´ω`*)ノシ
Aikaです!初コメだぁ!嬉しいですo(^o^)o
しかも、『恋花火―ひと夏の恋―』から読んでいただけて、幸せすぎてテンションがおかしくなってます(笑)ありがとうございます~(;_;)

新作の『罪恋***好きでいてもいいですか?***』も恋花火同様、切ない恋愛物語になっていくと思います。年齢の壁、先生と生徒という立場の違い…それらをふまえて桜は自分の想いとどう向き合っていくのか…今後の展開に注目ですね(´・ω・`)

文才皆無なのと亀更新ですが、これからも温かく応援してもらえたらなぁと思います!よろしくお願いします(’-’*)


Re: 罪恋***好きでいてもいいですか?*** ( No.5 )
日時: 2018/04/03 01:47
名前: Aika

Episode2:貴方がくれたもの。




貴方の言葉に、わたしは何度救われただろうか。
少しだけ大げさかもしれないけど
貴方がいなければ、きっと今のわたしはいないんじゃないかって思う。


それぐらい貴方はわたしにとって、すごく大切なひとなんです。



********************************************


――中学3年の冬。
今日は高校受験の合格発表の日だった。

「落ちてたら…どうしよ」

心配性のわたしは、朝から重い顔。
正直、自信は全くなかった。
自己採点の結果もあまり良くなかったし―――。

なんてことを悶々と考えながら、家の扉を開けると。

「「あっ…」」

ちょうど、マンションの隣の扉もあいて…そこから出てきたのは見知った顔。

「おはよう…裕樹さん」

そう。お隣から出てきたのは、現在大学4年の裕樹さん。見事に教員採用試験に合格が決まって4月から高校の教師になるみたいだ。

「おはよー!…そういやぁ、今日が合格発表だっけか?」

朝一番に笑顔でそんなことを言う裕樹さん。
わたしは、思いっきりひきつった顔で答える。

「もー!朝から嫌なこと言わないでよー」

むくれながら、そう言うと裕樹さんは屈託のない笑顔で悪気もなく言う。

「あははっ…わりぃわりぃ。それでテンション低いんだなお前」

駅までの道のりを二人でそんな会話をしながら一緒に歩く。バッタリ会ったときは、わたしたちは大体自然な形で途中まで一緒にすることが多かったりする。

「だってー!全然入試問題わかんなかったしさー…自信なんかないよ」

下を向いてそう言うと。
裕樹さんはわたしの頭に優しく手を置いて。
撫でながら口を開いた。

「桜なら、ぜってー大丈夫だ」

力強い言葉とわたしの頭を優しく撫でる仕草ひとつにまた、ドキッとした。

「俺はお前が頑張ってたの知ってるから。努力は報われるっていうしな。自信もって見に行ってこいよ!それで駄目だったら俺んところ来て泣いていいからよー」
「不吉なこというな!」
「あははっ…まぁ、今のはお前が暗い顔してるから笑わせようと」
「笑えない冗談は止めて」

不思議だ。
裕樹さんといると、さっきまでの不安でいっぱいだった気持ちが一瞬でどこかへ消えてしまった。
なぜか、重い顔が明るい顔になってる。

「じゃあ…俺はこっちの電車だから」

駅のホーム。裕樹さんは違う電車。
ここで、お別れか。なんだか名残惜しい。
もっと一緒にいたい…だなんて思う自分はバカだと思う。

「うん、またね」
「あとさー」
「ん?」

裕樹さんはバッグからゴソゴソと探して何かを取り出した。
そして、それをわたしに手渡す。

くれたのは、 合格祈願のお守り。

「ほんとは…受験当日に渡したかったんだけどな。遅くなっちまってわりぃ」
「えっ…嘘!裕樹さん用意しててくれたの…?」

驚きでいっぱいだった。
裕樹さん自身だって自分の就職のことで大変だったはずなのに。
それなのに、 わたしの事も考えてくれていて―――。

こんなこと、 されたら。

「ありがと、裕樹さん。行ってくるね」
「おう!行ってこい!」

わたし、 貴方の事。

今よりももっと…好きになっちゃうじゃんか、バカ。


**********************************************



入試の結果は。
見事に合格だった。
一緒に受けた友達もみんな、合格で。
幸せすぎて嬉しすぎて涙が出て―――。

友達と抱き合って泣いた。

ひとしきり、泣いて。
落ち着いたときに。
鞄からスマホを取り出した。
裕樹さんあてにLINEでメッセージをうつ。


『サクラサク!(^^)/』


そう伝えると。


すぐに返信がきて。


『やったなー!おめでとう!ヽ(*´▽)ノ♪』


「顔文字…ウケるんですけど」

クスッとその返信に思わず笑ってしまった。
ありがとうスタンプを送って携帯を閉じる。


―――3月のまだ、冷たい風が吹く。




上を見上げると。



雲ひとつない澄みきった青空が広がっていた。






Re: 罪恋***好きでいてもいいですか?*** ( No.6 )
日時: 2018/04/03 01:50
名前: Aika

Episode3:あの日、 伝えられなかったこと。




あの日、 もしも貴方に告白してたら?
わたしたちの関係は、何か変わったのかな―――。


********************************************



―――中学の卒業式。

同じクラスの友達の坂下志穂は、中1の時からずっと好きだった男の子に告白するって騒いでた。
それを聞いて
自分とは違う積極的な彼女を少しだけ羨ましく思ってしまった。

「桜は好きな人に告らないの?」

明るく聞く彼女に。
わたしは、困ったように笑いながら答える。

「わたしの場合…告白したら絶対にフラれるから最初から言わないって決めてるんだ」

裕樹さんは絶対にわたしのことなんか、一人の女の子として見てない。
たぶん、彼からしたらわたしは、妹みたいな存在なんじゃないかと思う。

―――そんな彼にもしわたしが告白して駄目だったら…きっと前みたいに自然に話せるようになるまで絶対に時間がかかるし。
今の関係を壊したくない。
だから、 わたしはこの気持ちは一生、しまっておく。
あの頃から…裕樹さんを好きになったあの日からそう決めていた。

「後悔、 しない?」

わたしの心を見透かすような、そんな瞳で志穂に聞かれた。心が少しだけ…揺れてしまいそうになった。わたしは大きく頷いて笑顔で言う。

「うん。…しないよ」

嘘だ。…ほんとは、もうおさえることが苦しいぐらいに裕樹さんのことを好きになってる。

『好き』その一言を伝えたい。
けど、それは出来ない。
そのもどかしさが、わたしにとってひどく辛い。



*********************************************


卒業してから数日後。
志穂からLINEがきて。

『告白上手くいった!高校は別だけど付き合うことになりました~(^^)』

そんな知らせに。わたしは。

『よかったじゃん!志穂、がんばったもんね。おめでとう!』

友達の恋が成就した。志穂はわたしとは違って可愛くって…女の子らしくって。そのうえ、好きな相手にはとことん積極的に攻める性格だ。
彼氏ができても、当たり前だと思う。
それに比べて…わたしは―――。


何もしてない。






「―――わたしも…裕樹さんに」

―――告白、 してみようかな。

関係が壊れるのはたしかに怖いけど。

でも、フラれたとしても
告白したら…少しはわたしのことを気にしてくれるかもしれない。
妹として、だけではなく…一人の女の子として意識してくれるかもしれない。
今は無理でも…いつかは、わたしと付き合ってくれる日が来るかもしれない。

わたしは、スマホのLINEを開いて。
裕樹さんに向けてメッセージをうつ。

『少しだけ…話がしたいので今から会えませんか?』

すぐに既読の文字がついて。
返事が帰って来た。

『俺もちょうど、桜に話したいことがあったから今から駅前のカフェで会おうか』

え?…話したいことって、 何?
もしかして。裕樹さんも…わたしのことを―――。

わずかな期待を胸にわたしは勢いよく鞄を持って家を飛び出していった。



□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □


――カラン、カラン。

息を切らしながら、 カフェに入っていくと。
すでに裕樹さんは席に座っていた。

「すみません…わたしから呼び出したのにお待たせしちゃって」

彼のもとへかけていって、正面に腰かける。
謝ると彼は笑いながら答える。

「いいよ、別に。それで話したいことって?」

四月から社会人なだけあって、大人な雰囲気のある裕樹さんにまた、ドキドキしてしまった。
かすかに香る煙草の匂いに年の差を感じる。

「わたしのは、大した話じゃないし…裕樹さんから言っていいよ」

駄目だ、わたし。
裕樹さんを前にすると何も言えない。
こんなはずじゃなかったのに。

「そう?じゃあ、俺から言うか」

裕樹さんは、コーヒーを口にしながら静かに口を開いた。

「―――実はさ…俺の四月からの勤務先がお前と同じ高校になったんだ!すごくね?」

―――瞬間。
凍りついたかのように体が固まった。
同時に、 その話を笑顔で話す裕樹さんを見てわたしのことなんか眼中にない。瞳に写ってないことを重い知らされた感じがした。

その事については初めから分かっていたんだ。
ただ―――。

同じ高校になるんだったら、告白なんかしたら…裕樹さん、いや。

―――先生を困らせてしまう。



「――そっか。よろしくね、先生」


やっぱり、言っちゃいけないんだ。
わたしのこの想いは。


「うん、よろしくな。…それで、お前の話ってなんだよ?」
「えっ!…高校受かったしどっか遊びにいかない?」

とっさの言い訳が思い浮かばなくてそんなことを口走っていた。

「んだよ、そんなことかよ。わざわざ呼び出さなくてもLINEで良かったんじゃねーの?」
「いいじゃーん!ここのココアめっちゃ美味しいし」
「お前なぁ…まぁ、いっか。考えといてやるよ」

そう言って。わたしの髪にふれて。
くしゃくしゃっと、なでる。
その大きな暖かい手が心地よくて…。
やっぱり、 好きだなって思ってしまう。





―――先生。






諦められるその時が来るまで。






あなたを好きでいても、 良いですか?











Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。