コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

委員長と不良
日時: 2017/05/19 12:31
名前: Baruさん

暇だったんで深夜テンションで浮かんだストーリー書いていきます
笑いありの恋愛ものにするつもりなので 興味なかったり気にくわない人はブラウザバック推奨
名前とかめんどくさいんで考えずに行きます
もし考えてほしいとか意見があったら真面目に考えます

コメントや意見などが作者のモチベーションに繋がります
批判でもいいので感想が聞けるとうれしいです

とりあえず主人公と主要人物の紹介だけ

不良(2-C)
 柄の悪い高校二年生 男 学校に私服で来たり授業を平気でサボったりする なぜ留年しなかったかは校内最大の謎 正義感が強く不良とはいえ喧嘩を好んではおらず人助けする一面もしばしば でもいざ喧嘩をするとそこそこ強い ミリタリー好き

委員長(2-C)
 委員長 真面目で頼りになる 女 故に女友達も多く女友達からの信頼もあつい そして何より学校で最も可愛いことから男たちから好かれている 幾度となく告白されてきたが全て断るという男心の知らない ツンデレ(この性格は作者の気分により変更になるおそれがある) 

後輩(1-B)
 委員長の後輩で幼なじみでもある 性格は基本的穏やかでみていて和む可愛い生き物 男の人があまり得意ではなく初めて不良に話しかけられたときは思わず大事なところを蹴りあげるほどである

痴漢(無職童貞)
デュフwwwwwwデュフフフフwwwwwwwwwwwwwww
モブ 主要人物ではない

Page:1 2



Re: 委員長と不良 ( No.4 )
日時: 2017/05/18 03:01
名前: Baruさん

ホームルーム

教師「よぉし お前たち1日おつかれさま 明日も休まずこいよー このあと不良は職員室へこい 話がある では解散」
一同「さようならー」
不良 (たくめんどくせえなぁ)
DQN男1「…」
DQN男2「あいつ ちょっと調子のってません?」
DQN男3「あぁ 潰しましょうよ」
DQN男1「いや まだいい まだ様子を見よう…」

後輩「先輩!帰りましょう!」
委員長「ごめーん 委員長の仕事があるからさぁ 先に帰っててくれない?」
後輩「わかりました!頑張ってくださいね」
委員長「バイバイー 痴漢には気をつけて」

一時間後

委員長(やっと終わった 疲れたわー)
アナウンス「まもなく 二番乗り場に電車が到着します 危険ですので 黄色い点字タイルより内側でお待ちください」
委員長(お きたきた)
シュー
委員長(さすがにこの時間はまだ空いてるなぁ ん あいつは…)
不良「…」
委員長(あいつこんな時間まで何を… あぁ呼び出しか あいつはこちらには気づいてないのか 声をかける?必要はないな)
不良「…」
委員長「…」
不良「…」
アナウンス「お待たせいたしました まもなく~デュフ駅ーデュフ駅でごさいます 左側の扉が開きます ご注意ください」
不良(スッ)
委員長(あいつ ここで降りるのか まぁ朝ここで痴漢捕まえてたからそりゃそうか)
シュー
アナウンス「扉が閉まります ご注意ください」
シュー ガタンゴトン
委員長「…」
アナウンス「次は~b町ーb町でございます」
委員長「…」
アナウンス「お待たせいたしました まもなくb町ーb町でございます 地下鉄に乗り換えのお客様は当駅でご降りください 左側の扉が開きます ご注意ください」
委員長 (やっとついたわね)

Re: 委員長と不良 ( No.5 )
日時: 2017/05/18 03:25
名前: Baruさん

翌日

委員長宅
プルプルプルガチャ
委員長「もしもし委員長です 好きな食べ物はヒジキです」
後輩『おはようございます 先輩 すいません今日用事がはいりまして 学校休むので一緒に登校できません』
委員長「わかったー じゃねー」
ガチャ



b町駅
ジリリリリ
アナウンス「電車が発車します黄色い線の内側までお下がりください」
シュー
委員長「やっぱり人多いわね」
アナウンス「まもなく デュフ駅ーデュフ駅でございます 右側の扉が開きます ご注意ください」
シュー
委員長「あ」
不良「あ」
委員長「おはよう しっかり制服で来たのね」
不良「てめぇが来てこいったんだろうが てか今日はおめぇ一人なんだな」
委員長「ああ 後輩ちゃん? 用事で休みだって」
不良「そか」
委員長「にしてもあなた 制服似合わないわねぇ」
不良「んだとこら 私服が似合いすぎてるだけだ」
委員長「それ自分でいっちゃうんだね」
アナウンス「まもなくー 第三駅ー第三駅でございます 右側の扉が開きます ご注意ください」
シュー


駅から学校までのあいだ
不良「…」
委員長「…」
周囲「ザワザワ」
委員長「…」
不良「…っ!なんでさっきからついてくんだよ!」
委員長「同じ時間に同じ電車から降りて同じ所に向かうんだから別にここを歩いても問題ないでしょ?
不良「じゃあなんで俺の横歩いてんだよ!」
委員長「それは 同じ電車の扉からでて歩幅、歩く速度がほぼ同じだからであって 深い意味はないよ 勘違いすんな」
不良「し て ね ぇ よ」
不良「お前 学校で一番人気あるの自覚してんだろ!バカ真面目なお前が俺みたいな不良と歩いてたら周りがざわつくにきまってんだろ!」
委員長「私たちには関係ないでしょ?べつに付き合ってるわけでもないのだから」
不良「わけがわからん」


2-C
ガラガラガラ
委員長「おはよー」
不良「…」
一同「!?」
委友1「あぁ 真面目な委員長が不良に…」
委員長「ならないから」
委友2「朝からおあついねぇ まさか二人がそんな関係だったとは」
委員長「ちがうから」
委友1「というか あの不良くんが制服…似合わねぇ」
委員長「だよね!」
不良「…」
不友「よぉ不良 いろいろつっこみたいがまず どうしたその格好」
不良「昨日 あの女に脅された」
不友「委員長のことか? てかいつからそんな関係になったんだよ」
不良「なってねえから」
不友「せっかくあんな可愛い女と仲良くなれてんだからもっと女に興味もてよー 銃ばっか興味もちやがって」
不良「ひとの趣味をとやかくいわれる筋合いはないな」

DQN1「…すこし調子に乗りすぎたな」
DQN2「やりますか?」
DQN1「昼休み 校舎裏にな」
DQN2.3「ヒャッハー!!」

Re: 委員長と不良 ( No.6 )
日時: 2017/05/18 03:59
名前: Baruさん

四時限目終了後

不良「うし 飯だ飯!メロンパンだぜヒャッハー!」
不友「飽きねえなぁ」
トントン
不良「あん?」モグモグ
DQN1「おい ちょっと面貸せや」
不良「…」
不友「…悪そうなお友達だな…」

委員長「昨日パンもらったからメロンパン買ってきてあげたけど どこいった?」
委員長「あ いたいた どこ行くんだろ DQNくんたちと一緒だけど…ついていくか」


校舎裏
ドカーン←壁キック
DQN1「不良くんよぉ ちと調子にのりすぎなんじゃねえの?」
不良「なにがだよ」
DQN2「こいつ!生意気な口利きやがって」バッ
DQN1「まぁまて 事情ぐらいきいてやらぁ なぁあの委員長とどんな関係なんだい?」
不良「どんな関係でもねえよ」
不良 (メロンパン食いてえなぁ)
DQN1「別にあんたが彼女とどんな関係でもいいが 俺らの前であんなべっぴんさんと仲良く登校なんて失礼だとは思わねえのか?」
不良「べつに思わねぇし したくてしたわけじゃねーよ」
委員長 (あーなんか絡まれてる)チラ
DQN1「あんま調子に乗んなよごら」ブン!
ドカ!
不良「ってぇな」
委員長 (殴られた!止めなきゃ)
委員長「お前たち!何してるの!やめなさい!」
DQN1「委員長さん!べつになにもしてないですよ 仲良く話してただけだよ な?」
不良「どうでもいいけど メロンパン食わせろや」
委員長「あなたが不良くんを殴るのを見ました 職員室まで来てください」
DQN1「なんだいなんだい 彼氏さんの心配かい? ならみとけ今からこいつの顔面が梅干し見てぇにぐちゃぐちゃになるからよ そしたらもう顔もみたくなくなるだろうよ」ブン!
委員長「あ!やめなさっ」
ドカン!
委員長「!?」
DQN2.3「!?なげ…とばした!?」
不良「調子に乗んな雑魚 メロンパン食いたいんじゃ」
DQN1.2.3「このやろう!」
ドカンボカン←返り討ち
不良「これで…」
委員長「やめなさい!」
不良「あ?」
委員長「それ以上やるとあなたも加害者としてつきだします」
不良「それは面倒だ メロンパン食べる時間がなくなる」
委員長「ならばそれ以上の暴力攻撃はやめなさい 過剰防衛は犯罪になりますよ」
不良「…」
DQN1「こいつ!」
委員長「やめなさい!」
DQN1 「どけよ委員長」
委員長「あなたには職員室まで来てもらいます」
DQN1「どかねえならまとめてふきとばs…!?」
委員長「!?」
不良「女に手あげてんじゃねえよ つぎきに食わねえことしてみろ 二度と地上拝めねぇ様にしてやる」グググ
委員長「…」
不良「おら 委員長 ぼさっとすんな こいつらつれてくぞ」
委員長「え? あ、うん」



その後
保健室
不良「ッ!?」
委員長「こら じっとしなさい」
不良「べつに応急手当とか要らねえから 1発殴られた程度で」
委員長「軽くはれてるのよ おとなしくしなさい!」
不良「んなことより メロンパン食えなかったから俺の胃の方が心配だっての」
委員長「仕方ないわね はい」
不良「?なんであんたがメロンパンもってんだよ」
委員長「べ、べべつに! ただのきのうのお返しよ」
不良「おうか あひがほうな」モグモグ
委員長「食うのはや!?てか食いながら喋るな」

Re: 委員長と不良 ( No.7 )
日時: 2017/05/18 05:04
名前: Baruさん

とまぁなんやかんやあってだな

中間テスト前
電車内
委員長「やっぱ満員電車いやだなぁ テスト前だからテスト勉強したいのに」
アナウンス「そろそろデュフ駅だぞ」
シュー
委員長「おはよう」
不良「ちす」
委員長「あなた テスト大丈夫なの?」
不良「あ?なんでだよ」
委員長「だってあなた 頭悪いじゃん」
不良「どういう根拠があって…」
委員長「漢字テスト驚異の-30点」
不良「うっ…」
委員長「始めてみたわよ マイナスなんて」
不良「ううぅ…」
委員長「わからないからって 解答欄に各教師の悪口書いたあげくになんで氏名記入欄に焼き茄子ってかいてんのよ」
不良「焼き茄子は…ふと頭に浮かんでだな」
委員長「テスト中になに考えてんのよ まったく」
不良「そういや 最近あの子はどうした」
委員長「後輩ちゃん?あのこテニス部って話はしたでしょ?」
不良「忘れた」
委員長「テニス部なの!それで今月頭位から本格的に朝練が始まってね」
不良「なるほど」
委員長「まぁべつにあんたと登校するのもわるくn」
アナウンス「そろそろ第三駅だ 降りろ」
委員長「…」
不良「なんかいったか?」
委員長「べつに」


駅から学校までのあいだ
委員長「ところでさ」
不良「んだよ」
委員長「もし テスト難しいなら お、教えてあげてもいいわよ」
不良「そいつはありがてぇな」
委員長「だからまた今度あなたの家に案内しなさい」
不良「俺んち?やめとけやめとけ 部屋の中趣味全開だから」
委員長「な!もしかしてあんたの趣味て…イヤラシイホントカ?//」
不良「ちげーよばーか」
委員長「じゃあなにがあるのよ」
不良「そうだな 偽物ではあるが M4とかSCARとかだな
委員長「は?あんたなにいって…」
不良「あとはSV98やL96 あぁそういやいまHK417ばらしてる途中だな」
委員長「ごめん ぜんっぜんわかんない」


学校
委員長「おはよ」
不良「ちす」
委友1.2.3「おはよー」
委友1「お似合いだよーほんとがふ!」
委員長「しつこい」
委友3「た、たたかなくとも」ハハハ

不友「おはよー」
DQN1.2.3「ウッス!兄貴!」
不良「いい加減その呼び方やめてくんね」
DQN3「約束通り 渋谷の有名高級メロンパン買って参りました!」サッ
不良「わりぃな こきつかうようなことして」
DQN2「いえ!じゃんじゃんつかってくだせぇ!」


委員長「あれ以来DQNくんたち 安全に不良くんの下部ね」




四時限目終了後
不良「さて 屋上屋上」
後輩「」ダダダ
コツン←曲がり角でぶつかった
不良「ってぇな」
後輩「は!すいませんすいません!」オドオド
不良「ん?あぁ あんた後輩ちゃんだな 朝練がんばr…ふぎゃぁぁぁ!」キン
後輩「うわぁぁぁぁ!」キン!
不良「ッッッッ!!」
後輩「すいません!!いきなり話しかけられたのでつい!」
不良「お前はいきなり話しかけられたらつい金的蹴りあげるのか…」
後輩「すいません!すいません!」オドオド
不良「もういいよ 急いでんだろ とっとと行けよ

後輩「すいませんでしたぁー」ダダダ
不良「…グハ」バタン


委員長「不良くんが…倒れてる!?」ガビーン
委員長「周りには大量のメロンパンが散らばってる…事件の予感…」


Re: 委員長と不良 ( No.8 )
日時: 2017/05/19 03:23
名前: Baruさん

制作二日目 テンション変更あり 
参照だけでも増えるようにがんばろう

7月初め
駅から学校までのあいだ
委員長「最近 やたらと暑いわね もう夏ってことね」
後輩「ですね 夏は嫌いです 暑いしじめじめするしなにより…虫が」
委員長「相変わらずの虫嫌いね あなた むかしあなたの家に出たハエにビビって暴れて壁に穴あけてたのを思い出したわ」
後輩「よく覚えてましたね」
委員長「まぁね」
後輩「そう言えば私の顧問が暑いから朝練嫌とかいいだして朝練なくなったので 一緒にいくようになってから あの男の人とは登校してないんですね」
委員長「あぁ いいのいいのあんなの どうせ学校で嫌でも会うことになるんだし」
後輩「にしては 嫌って顔してないですよ?」ニヤニヤ
委員長「な!?な訳ないでしょ あんなのと関わり続けたら本当に禿げるわ」
不良「なにと関わったら禿げるんだ」
委員長「!?」
後輩「きゃぁ!?」
不良「んだよ 折角話しかけてやってんのに」
委員長「余計なお世話よ てかいつの間に後ろにいたのよ!」
不良「さっきからだよ」
後輩「」
委員長「いけない!後輩ちゃんが気絶してる!早く学校の保健室まで運ばなきゃ」


学校の保健室
委員長「すこしのあいだ 寝てそうね」
不良「眠い」


四時限目終了後
屋上
委員長「ね、ねぇあなたこないだの話覚えてる?」
不良「なんの話だ」モグモグ
委員長「あなたの家にいっていいかよ」
不良「あぁ 言ったはずだぜ 俺の部屋は危険だって」
委員長「そ、そう!それでね 結局この間は勉強出来なかったけど こ、今度ね 私の家に来ない?遊びにね」ソワソワ
不良「お前の家かぁ まぁ暇なときにな」
委員長「うん!」
不良「なんだ やたらと嬉しそうだな そんなに部屋見せびらかせたいのか」
委員長「違うわよ!バカ!」ポカ!
不良「イテ!」



帰宅後
委員長宅
委員長「フフ いつ暇なんだろ 楽しみだなぁ」
委員長「は!?またあいつのこと 最近あいつのことよく考えるようになったな 」
委員長「態度悪いから退学にならないかなとかヤンキーに絡まれないかなとか…私もしかして…」
委員長「……ないない!…アホらしい!寝よ!」


Page:1 2



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。