コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

ツンデレラ
日時: 2017/07/05 20:18
名前: まゆるん

~ツンデレラ~

目次
1話 ツンデレ少女は何を見る?
2話 舞踏会へいらっしゃい
3話 ガラスの靴は再会へ
最終話 ヘタレ王子とツンデレラ

Page:1



Re: ツンデレラ ( No.1 )
日時: 2017/07/06 17:26
名前: まゆるん

1話『ツンデレ少女は何を見る?』

昔々、あるところにとても美しい『エラ』という少女がおりました。
腰まである金色の髪、透き通るような蒼い瞳。真珠のような白い肌。

しかし、エラは幼い頃に母親を亡くしており父親と一緒に住んでいたのです。

あるとき、父親が新しい女性と結婚しました。

トレメインという名の女性です。
トレメイン夫人は二人の娘を連れています。
一人がアナスタシア、もう一人がドリゼラです。

若くはないものの父親の連れてきた人と言うことでエラは快く受け入れました。

しかし、それからしばらく経ったある日。
父親が旅先で亡くなってしまったのです。

Re: ツンデレラ ( No.2 )
日時: 2017/07/07 19:40
名前: まゆるん

父親の葬式には村の住民達が大勢来ていました。

その内の1人がエラに話しかけました。

「さぞお辛いことでしょう...困ったことがあったら言ってね」

しかしエラは人の優しさに素直になれません。
「別に?あんたに心配される覚えなんかないし。でもまぁどうしてもって言うなら頼ってあげるわ」

「そ、そう。それじゃぁ...また」
そう言い残すと女性はそそくさと立ち去っていきました。

(ぁぁぁあぁあ!もう!またやっちゃったじゃない!なんでありがとうも言えないのよ!)
今更、悔いたところで過去には戻りません。


ですがエラはまだ知りません。
この先このことよりも辛い事が訪れるのを...


Page:1



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。