コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

幸福世界と死の鍵
日時: 2017/07/13 00:56
名前: Yomu

夜10時、塾の帰り。渋谷にある塾から帰宅するべくバス停に向かう。車のライトとビルの明かりが輝く様子が一望できる歩道橋を渡り、階段を降りようとした。そのとき__俺の足はふわりと階段のステップを踏み外して、体が前に傾き宙になげだされた。夜の明かりが視界に入り心臓が握られるような感覚を感じたのも、ほんの一瞬。気づけば俺は階段から落ちていった。頭をぶつける。ドンッという強い衝撃とともに強い痛み、脳味噌が振動しているみた___意識が遠ざかる。見えた夜空に星はなかった。

Epi ONE 『死』
瞼からうすく白くて眩しい光が入ってくる。
朝を迎えたときみたいな起きなければという使命感がして両目を開く。
しかし、視界に入ったのはシミひとつない白い天井。
俺の部屋の天井でもないし病院や学校でもない知らない天井だ。
顔を上げて辺りを見渡す。
「ここ....は・・・」
それは白い部屋だった。窓もないし電球や蛍光灯も見当たらない。
あるのは遠くに小さく見える小さな白い扉だけ。
すると、その扉が開きカツッという女性がヒールで歩いたときのような音がなった。
重ねて声がする。
「お目覚めですか?___ようこそ。死後の世界へ。」

Page:1 2 3 4 5 6 7



Re: 幸福世界と死の鍵 ( No.30 )
日時: 2017/08/17 23:48
名前: Yomu

どうやら彼女とチナツは知り合いみたいだ。
ナミが少しほっとした様子を見せる。
後輩の扱いに戸惑ってたのかもしれない。
「あっ、えと・・・最近あったテストが悪く、悩んでいたらサツミ先生が紹介してくれたんです。
学習部?でしたっけ?」
少し間があいたのをごまかすようにココとやらが話す。
チナツの知り合いとだけあって、コミュ力がすごい。
「よろしくね!ココちゃん。」
「よろしくお願いします。チナツちゃん。そして、先輩方も。」
名前が分からないらしく少し迷った後、ココは短く挨拶した。
それに答えられず固まっている、ナミと俺の代わりにチナツが紹介してくれる。
「このメガネの先輩がシノ先輩。」
手で示されたから一応、会釈する。
「シノ先輩。おっけー覚えました。」
笑顔で答えるココに内心、アホそうだなと思ったが特に顔には出さないでおく。
少し前に立つナミも少しココに引いてる気がする。
気のせいかもしれないが。
「で、こちらが、ナミ先輩。」
「よろしく。」
珍しく微笑みながら言葉を返すナミ。
「お願いします。」
ココがお辞儀をし微笑み返す。

Re: 幸福世界と死の鍵 ( No.31 )
日時: 2017/08/19 00:09
名前: Yomu

ココが顔を上げたあと、耳元に顔を寄せてにやにやしながらチナツが何か言った。
何か悪口でも言われてるんじゃと少し居心地が悪かったが、そんなことではないみたいだ。
「は、あ。え!?違うしっ!違うよ!別に・・・」
何か恥ずかしいことでも言われたのかココは顔を真っ赤にして手をぶんぶんと振る。
何?みたいな感じで近くに立つナミが眉を動かした。
正直どうなってるのか分からない。
「ココちゃんはねー」
「ちょっやめてよ!チナツちゃん。別にそういうんじゃないんだから。」
何か言いかけたチナツの口をココがすごい早さで必死に塞ぐ。
「えー。つまんないなーココちゃん。ホントのことなら言えばいいじゃん!」
チナツがさらに、にやにやしながら言う。
なぜか俺の方を見て。
ココが少し怒り始めたのを見たナミはため息をついて、仕方ないわねとばかりに言う。
「ココさん。今日はどんな用で来たのかしら?」
「えっあ、すみません。この前のテストの解説?をしてもらいたくて・・・」
チナツは、一瞬つまらないのといった顔をしたがすぐに普段の表情に戻り、ココはほっとした様子で答えた。
「そう。じゃあ座ってもらえる?」

Re: 幸福世界と死の鍵 ( No.32 )
日時: 2017/08/20 01:18
名前: Yomu

「はい」
ココはさっきまでとは違い、真面目に答え座ってテスト用紙と筆記用具を出す。
今日はナミが教えるみたいで、ココの隣に座り、耳に長い髪をひっかけながらテスト用紙を覗きこんだ。
「・・・・」
しばらくの沈黙が続く。
「この点数はどうしたらとれるのかしら・・・私にはわからないわ」
やっと口を開いたナミの表情は困惑そのもの。 
頭痛がするみたいにこめかみに手をやっている。
「えっ、あ、その」
固まってしまったココの後ろからチナツと俺が覗いてみた。
驚愕、絶句。
俺ら二人は似たような表情をしてるであろう。
そこにあった点数は、もう少し深刻に勉強について考えたほうがいいんじゃ?
と思わせるもので中には一桁のものもあった。
「ナミ先輩。ファイトです」
「はぁ。私の力でなんとかできるものなのかしら。ちなみにチナツさんは何点だったの?」
さらに深刻そうな顔になっていくナミにチナツが声をかけ、疲れ気味に答えるナミ。
ココは聞くのがつらそうだ。
「私ですか?私は全部、まんて」
「言わなくていいからっ!チナツちゃん!知ってるしっ」
涙目になって叫んだ。
この状態で満点なんか聞いたら、せっかくのやる気をなくしてしまうだろう。 

Re: 幸福世界と死の鍵 ( No.33 )
日時: 2017/09/19 23:31
名前: Yomu

久しぶりです。
書けていなくて申し訳ないです。
また、再開できたら・・・おあいしましょう。
キャラを活かしきらねば・・・

Re: 幸福世界と死の鍵 ( No.34 )
日時: 2017/09/20 01:13
名前: 四季 ◆7ago4vfbe2

お久しぶりです。
大丈夫です!無理しない程度に執筆頑張って下さいね。


Page:1 2 3 4 5 6 7



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。