コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

週間小説  一作目は『不服の結界』
日時: 2017/08/28 01:05
名前: 西乃ナナコ

どうもはじめましての方はこんにちは。
ナナコですヽ(^。^)ノ
今回から始めるのは、週刊小説。まぁ世間にありがちな奴です。
というわけで、これから週に二度。火曜日と金曜日に小説を更新させていただきます。
ラノベや純愛、シリアスなど、いろいろ取り上げていきます。
時々掲載を休載させていただくことがあるかもですが、どぞよろしくお願いします。


では第1作目は『不服の結界』です。どぞ(^◇^)

★コメントオッケー☆⌒d(´∀`)ノ
アドバイスなどもめっちゃうれすぃーです!
★更新日時が少々ずれることがあります。
★苦情、荒らし等々一切受け付けません。


Page:1 2 3



Re: 週間小説  一作目は『不服の結界』 ( No.8 )
日時: 2017/08/21 02:24
名前: 西乃ナナコ


四季さん、ありがとうございます!
「一人でも見ててくれるんだっ!」と力が湧いてきます。
めさがんばりまする。


コメントヽ(^o^)丿ありがとうです☆

Re: 週間小説  一作目は『不服の結界』 ( No.9 )
日時: 2017/08/26 00:13
名前: 西乃ナナコ


 第五話 正式な爵帝候補になりたいか~!

 「それは・・・これから俺の身に起きることですよね。死ぬこともあるんですか。」
俺が爵帝候補なら、死はありえないが・・・能力の暴走とかで死ぬこともあるみたいだし。
『そうだな、まぁ正解は自分で見つけてね。でもヒントをあげる。』
「ヒント・・・?」
『一日一つ、何かあなたのまわりで変化します。それを見落とさない方がよい。これだけよ。』
一日・・一つ。見落とすってことは気が付かないこともあるってことか。
「セナユキ様、雪凪さまがご到着なされました。」
『ここへ。光次、お前に紹介したいものがおってな』
「えっ。」
教室に入って来たのは、あれ百蛇さん。
「お連れしました。」
『よかろう、そこへ』
「百蛇さんだけ・・。」
「失礼だわ。セナユキ様、この者は。」
『こやつが、沙汰光次。爵帝候補よ』
「この者がですか・・・。まぁ教育し甲斐はあるわね」
「あの・・この子は。」
『ここにいるちっさいのは、爵兵一判長の雪凪、またの名をセツナ・グレシアルだ。』
「改めまして、爵帝候補をお守り、お世話するため参りました。爵兵一判長の雪凪でございます。簡単にセツナと御呼びくださいませ。」
「セツナ・・・。」
「はい、なんでしょうご主人様」 
「いや、ちょっと呼んだだけ」
「そうでございましたか」
『光次、正式な爵帝候補をなのるならば、力をつけなくてはならない。そのために雪凪を呼んだのよ』
「えぇ、ご主人様には、一週間後に【WHITEJACK】に出て頂きます。今日からその特訓に入りますため、この世界を離れ、我らの故郷である、理界と詐界のはざま、谷界の城に来てくたださい」
「わかりました。」
『よし、行くのであれば、これだけは言っておこう。勇気ではだれも救えん、だが力で変えることはできる。何か一つ目標をもって立ち向かえ。それでこそ爵帝だ。』
嬉しそうに笑って言った。
まだ晴れない疑問はあるけど、きっと彼女はまた突然現れる。

 

Re: 週間小説  一作目は『不服の結界』 ( No.10 )
日時: 2017/08/26 00:17
名前: 西乃ナナコ


ごめんなさい。今度はマウスを会社に忘れるというへまをしてしまいまして、
書き込みが一日以上ずれてしまいました。(ノД`)・゜・。
それでも、ぜひ見てね❤

Re: 週間小説  一作目は『不服の結界』 ( No.11 )
日時: 2017/08/28 14:47
名前: 西乃 ナナコ


 掲載日を変更させていただきました。
 
  木曜→火曜  日曜→金曜

 お確かめください。

Re: 週間小説  一作目は『不服の結界』 ( No.12 )
日時: 2017/08/29 19:51
名前: 西乃 ナナコ


 またしても、愛用PCが不調になってしまい、
 小説を更新期間を延長させていただきます。

 えーついでに言いますと、小説のデーターがぶっ飛んでしまったので
 当分は無理かもしれません。ごめんなさい。


Page:1 2 3



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。