コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

私の青春
日時: 2017/08/23 12:30
名前: さくらん🍒

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
桜舞う卒業式。

君に言われた言葉が


胸にささった


そこから始まる私の青春は

うまくはいかなかった
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Page:1 2



Re: 私の青春 ( No.3 )
日時: 2017/08/25 08:11
名前: さくらん🍒

~梨理菜の気持ち~
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「だいたい、梨理菜は平田のことなんか・・・・
大嫌い何だからーーーーー」

あの問題発言から一週間がたちました

「あーー、何であんなこと言っちゃったんだろう・・・・」

「大丈夫?梨理菜。」

「あ、愛理~!」

「梨理菜、気にしすぎだよ!」

「凛ちゃ~ん(泣)」

・・・・・・・・
「・・・・、そういうことね。」

「う、うん。」

「はいはーい!次は凛が話すよ!
梨理菜は、何で平田が好きなの?
どこが、好きなの?」

「何でって、梨理菜はサッカーしてる平田も好きだし、
給食食べてる平田もすきだよ?
だから、そう言うところが全部好きなんだ~‼」

「私が言いたいことは、その気持ち全部平田にぶつけてこい!」

「梨理菜の気持ち・・・・凛ちゃんありがとっ!
梨理菜、平田のところいってくる‼」

「梨理菜も大人になったね。」

「そうだね。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
次回は、
~平田の気持ち~です。

是非見てください❗

Re: 私の青春 ( No.4 )
日時: 2017/08/26 15:20
名前: 四季 ◆7ago4vfbe2

こんにちは、お話読ませていただきました。

ツンデレ女子って素敵ですね。

これからも頑張って下さい。応援しています。

Re: 私の青春 ( No.5 )
日時: 2017/08/29 12:51
名前: さくらん🍒

四季さんコメントありがとうございます❗

いいですよね😃ツンデレ❕

私もツンデレなので素直になれません⤵

四季さんもこれから頑張ってくださいっ❗
(遅れてすみません😢⤵⤵)

Re: 私の青春 ( No.6 )
日時: 2017/08/29 13:19
名前: さくらん🍒

~平田の気持ち~
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「聞いてくれよ、翔、海人…」

「なんだよ輝」

「翔の言うとうりだよ、輝」

・・・・・・・・
『はぁ?!、告白okされたのに振られた?!』

コクリっ

「それはどこのどいつだ( `Д´)/
輝のかたきをとってやる!」

「おい翔、お前ちょっと待て
俺の話聞けよ!」

・・・・・・・・
「まぁそれは…」

『輝が悪い!』

「俺がその子の気持ちになったら…一発殴りたくなるな」

「うんうん‼海人言えてる」

「まだ間に合うんじゃねーの?」

「……翔、海人ありがとな!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
次回は
~気持ちがぶつかる~
是非見てください❗

Re: 私の青春 ( No.7 )
日時: 2017/09/03 21:15
名前: さくらん🍒

~気持ちがぶつかる~
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
平田に、

成瀬に、


言わなきゃ、この気持ちを!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「あの、すみません。
平田輝見ませんでした?」

「あぁ、それならそっちの階段さがって行ってたよ。
と言うか君、「恋と嘘」の真田莉々菜に似てるね!」

「っ~( `ー´)
違います!梨理菜は、「成瀬梨理菜」です。」

「ええーー⁉名前超似てるじゃん!
写メ撮らせ…」

「急いでいるんで、もう行きますよ!
じゃあ、教えてくれてありがとうございました!」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「ちょっと待ってそこの君!」

「……何ですか?」

「この辺で、成瀬梨理菜見なかった?」

「なるせ?……あぁ!成瀬梨理菜かぁ~!
それならついさっき、君を探してたよ。
と言うか、君、「好きです鈴木くん」の
鈴木輝に似てるね!」

「っ~( `ー´)
違うから!俺は、平田輝だ!」

「ぷっ!反応一緒じゃん!」

「ん?何か言ったか?」

「何でもないです。階段下がったよって言ったから、
下に行けば会えると思いますよ!」

「おう、ありがとな!」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「い、いない…
もう平田どこ~?」

「成瀬ーーー!」

「え?!ひ、平田?!」

「成瀬、あんなこといってごめん。
許してくれるか?」

「ゆ、許してあげてもいいけど」

「お前、やっぱりツン……」

「そうよ!ツンデレよ!………
素直になりたくてもなれない。
本当は、平田に好きって言いたいのに……」

「成瀬、もう一回言って!
さっきの言葉!」

「……?。だから、平田に好きって言いた……
っ~~⁉
い、言わせたわね!この、
バカーーーーーーーーーー!」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
次回は
~幸せな時間~
是非見てください❗
(コメント下さい❗)


Page:1 2



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。