コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

地味子の恋嫌い
日時: 2017/09/18 14:43
名前: アンジュ

昔から、恋だの愛だのしろって言われてあーうるさい。
恋愛のない世界に生まれたかったなぁ。
そしたら、あんなことに巻き込まれずにすんだのに。

建物などなく、自然豊かな野原で寝そべって本を読んでいる私。
私の名前は雨宮千里あめみや・ちさと15歳の高校1年生。
地味で中学の時はイジメにあって人間不信になっている。
なぜ、地味かって?今に分かる。
私は今家に居るのが嫌でここで優雅に読書を嗜んでいるところだ。
風が気持ちいい。
今は秋、4月から泉水高校に通い始めた。
でも、友達とかが出来ず不登校になった。
まぁ、いずれはまた通うから今は休憩というところかな。
自己紹介はさておき。
また、読書をし始めようとしたとき、
「なぁ、ここで何してんの?」

Page:1 2 3 4 5 6 7



Re: 地味子の恋嫌い ( No.19 )
日時: 2018/05/27 12:25
名前: アンジュ

春香さん読んでくださりありがとうございます。
嬉しいです。








続き

風呂場に行ってシャワーだけ浴びた。
あの女子っぽい人と長くいると変な汗が出て気持ちが悪かった。
シャワーの水は生暖かくて心地いい。
サッとボディーソープで体を洗い、念入りに洗い流す。
頭も同じようにしようとしたが、髪が長く伸びて前の髪の長さとは違った。
洗い終わると、体を拭いてすぐに脱衣所に入って持ってきた服に着替えた。
脱衣所に出て早歩きでリビングに向かった。
リビングを前にするとお母さんがキャーキャー言っている。

Re: 地味子の恋嫌い ( No.20 )
日時: 2018/06/05 23:33
名前: アンジュ

リビングに入ると、
「可愛すぎる。」
お母さんが笹ヶ峰に向かって写真を撮っている
笹ヶ峰は照れながらスカートをヒラヒラさせている。
この光景を関係のない人が見たらどう思うのか。
私は笹ヶ峰の姿は可愛いと思う反面変だと思うこともある。
笹ヶ峰は私がリビングに入ってきたことに気づいた。
「あ、やっと来た。遅いよー。」
お母さんも私に気づく。
「あら、おはよ。さっさと朝ご飯食べて準備しなさい。」
「分かってる。」
私は台所近くのテーブルに向かい、椅子に座り、静かに朝ご飯を食べた。
朝ご飯は私にとって最もいる食事。
さっさと朝ご飯を済ませ、リビングを出て自分の部屋に行った。
自分の部屋に入ると、いろんな匂いが混じって臭い。
私は、消臭スプレーを上に向けてまいた。
そのあとは、制服に着替え、同時にパソコンの画面を開いた。
画面を見ると、LINEが来た。晃からだ。
『おはよう、夜はよく眠れた?』
『なんとか。』
『今日、昨日言ってたとおり迎えに行くから。僕もう少ししたら家に出るね。』
『今日から行くが、私1人じゃない。』
私の言葉に晃はスタンプを使って驚きを表現した。
『どう言うこと?」
『詳しくはまた後で。』
『分かった。』
パソコンの画面を閉じて、何冊か教科書とノートをスクール鞄に詰め込んで急いで下に駆け降りた。

Re: 地味子の恋嫌い ( No.21 )
日時: 2018/07/04 00:13
名前: アンジュ

駆け降りて真っ先に玄関に行き靴を履いて
『笹ヶ峰!私先に行くから。」と大声で叫んだ。
そして、玄関のドアを開けると目の前に笹ヶ峰がいた。
「もう、遅いよ。さっ早く行こうよ。」
とっさに手を繋ごうとしてきたが、
「待って、もう少ししたら迎えに来てくれるから。」
「誰が?」
「おーい!千里ちゃーん!」
数メートル先に晃が叫びながら走っている
はぁはあ
息を切らしながら私たちのところに来た。
「お、おはよう。」
「晃、久しぶり。」
「うん、あれ、千里ちゃんの隣にいる子は誰?」
「あー、この子はー「初めまして、千里のいとこの紫苑でーす。よろしくね。」
笹ヶ峰は私の声をかき消して挨拶した。
朝から張り切ってるなんてイライラする。

Re: 地味子の恋嫌い ( No.22 )
日時: 2018/08/13 14:26
名前: アンジュ

「あ、よろしく。」
晃デレデレしているのが丸見えだ。
「僕は、相園晃あいぞのあきらだ。千里ちゃんの幼馴染なんだー。
千里ちゃんについて知りたいことがあったらいつでも聞いてね。」
「分かった!」
この雰囲気にイライラする。
私は2人を無視して早歩きをした。
後ろで騒いでいようが関係ない。
早くやらなければならないことを済ませたい。


家から学校まで歩いて40分かかる。そのため、泉水高校前行きのバスに乗らなければならない。
私は2人をおいてバス停まで歩いた。
もう少ししたら着くバス。
私は少しの間家から持ってきたウォークマンを手にして、イヤホンを耳にかけて音楽を聴いた。
私の好きなことは音楽を聴くこと、もちろん読書もだが、、、
音楽は私の精神を安定させることができる。
音楽には様々なジャンルがある。
恋の歌、悲しい歌、ワクワクする歌など。
私はこれらと違って心を安定させるBGMというものを聴くのが好き。
何も考えずに聴いていられるから。
聴いているうちにあの2人がバス停に来た。
「千里ちゃん早いよー。」
「別に、晃たちが遅いだけ。私は普通に歩いてただけ。」
「千里ちゃんのツンツン口調久しぶりに見た。」
「うるさい。」
私はあんたの見せ物かっての!
「ねぇ、千里、バスっていつ来るの?」
違和感のある笹ヶ峰の声。
その声で私に聞いた。
「もう来る。」
そう言って私はまた聴いた。
でも、2人の声がうるさい。
この会話のあとちょっとしてバスがやってきた。
私は2人よりも最初に乗ると、久しぶりな感じが目に付いた。
前もこんな感じだっけ。
「千里早くー」
笹ヶ峰に言われ私は即座に空いている椅子に座った。
ボフッと椅子がなった。こんなにふかふかしてたっけ。
バスの中にある椅子は前の方は横に並び、後ろは2人ずつ縦に並んでいる。
私は2人で座れる椅子に居た。
それを狙ってか晃は私の隣に座った。
久しぶりの晃の見る笑顔。
私は呆れてそのまま隣にいた。
笹ヶ峰は、前の方、2人ずつ座れる椅子に座ってなにやらスマホをいじっている。
真剣にスマホを見て目を悪くしないのかがちょっと心配だ。
バスがさっき動き始めた。
バスに揺られて30分で目的地のバス停に着く。
この30分の間私は鞄に入っていた本を手に取りページをめくった。
数ページめくって、晃が私の肩をポンとした。
「なに?」
「紫苑ちゃんって僕たちの高校に来るんだよね?」
「それがどうした。」
「転校生だから大丈夫かなぁって思ったの。」
「少なくとも私より大丈夫でしょ。」

Re: 地味子の恋嫌い ( No.23 )
日時: 2018/08/14 13:55
名前: アンジュ

「え、う、うん。そうだね。紫苑ちゃんってなんか強そうで、人見知りじゃなさそうだし。友達たくさんできそうな気がする。」
「最初会ったときからこの人は私と違う世界に居たんだって思った。」
「そんなことないよ。」
「え?」
私は思わず聞き返してしまった。
「最初も今も紫苑ちゃんは僕たちのいる世界に居るんだよ。こうして今日から同じ学校に通うんだし。」
「晃って私のことなんかただの幼馴染でただの友達しか思えてないからそう言えるんだ。」
「僕は、千里ちゃんは僕の大事な幼馴染で友達だよ?」
私はこれ以上晃の話を聞きたくないと思って無視をした。
晃の話を聞くと胸が痛くなる。辛い。

「ねぇ、千里ー」
何分か経って紫苑が私に声をかけてきた。
「なに?」
「千里のクラスって何組?」
「晃、私たちって何組だっけ?」
「1組だよ。」
「あっ、そっか。」
「1組ってどんな人がいるの?」
「大体は楽しい人ばかりだよ。個性が強くて面白いんだー。」
「私も1組にしよっと!」
「嫌よ。1組に来ないでよ。」
「千里ちゃん!」




[次は泉水高校前ー泉水高校前ー]
「晃、どいて。」
私は晃を置いて前の方に進んだ。
バス停に着くと私は即座にお金を払ってバスから降りた。
それから早歩きで校門に行った。
周りを見るといろんな声が聞こえる。
「あれ、雨宮さんよね。」
「なんで来てるんだろう。」
コソコソと私の方をチラチラ見ながら言う人。
半年前もこんな感じだった。
あーうるさいうるさい。
私はイヤホンで音楽聴きながらコソコソ話している人を横切った。
ちょっと音量を大きくしながら。
生徒玄関について靴を履き替えようと下駄箱の中を開けようとしたとき、
『バンッ!』
開けた下駄箱が誰かによって閉められた。
その瞬間、私は全身に鳥肌が立った。
『よーぉ、雨宮さん。なんで学校に来てんの?」
女子3人にまた囲まれてしまった。
須藤美影すどう・みかげ橘立華たちばな・りっか長谷川珠理奈はせがわ・じゅりな、私の敵。
「また私たちにいじめられに来たの。」
「別に、気分転換。」
私が言ったあと長谷川は下駄箱を手のひらでドンッと叩いた。
「嘘おっしゃい。あんたみたいな愛嬌のない雑魚はこの学校にいる権利はないわ。」
「ほら、早く家に帰りな!お母さんが待ってるぜ!」
当然だが私は無視して3人を避けて自分のクラスに行った。
「なんなのあいつ。」
「うちらで懲らしめよーよ。」
「その方がいいですわ。気に入らないものは排除ですわ。」
「ねぇ、君たちなにしてるの?」


Page:1 2 3 4 5 6 7



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。