コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

君からの手紙『コメント募集中です(*´Д`)』
日時: 2017/11/12 11:17
名前: ましゅ ◆um86M6N5/c
参照: 第1章は修学旅行編です。

※10/22、タイトル変更しました。


こんにちはこんばんはましゅです。初めましての方は初めまして。

「君との出会いは本屋さん」の方がメインのため更新遅めだと思いますがご了承ください。
私の普段の小説よりかはシリアス展開は少なめ…だと思います。またタイトルは仮なので急に変わります。
なお作者は誤字脱字が多いです。発見したら教えていただけるとありがたいです…<(_ _*)>

色々踏まえてokな方は読んでみてください!


**Episode**

*character…>>2
*prologue…>>4

『第1章』
>>5-6>>9>>11>>14-16>>19>>22-27>>30-32



**お客様**

・四季さん
・てるてる522さん
・モズさん

Page:1 2 3 4 5 6 7 8



Re: 初恋は夕陽色。 ( No.1 )
日時: 2017/10/08 15:59
名前: 四季 ◆7ago4vfbe2

こんにちは!

新作ですか!?ビックリしましたよー。

執筆頑張って下さい!

Re: 初恋は夕陽色。 ( No.2 )
日時: 2017/11/16 19:00
名前: ましゅ ◆um86M6N5/c

*character

吉沢琉香よしざわるか ♀
高2。いわゆる「格好良い系」女の子。毛の量が割と少なめの黒髪をポニーテールにしている。下ろすと背中くらいまである。趣味はバイオリンを弾くこと。喧嘩にはかなり強い。
照れると男の子っぽい口調になることがある。
バスケ部、身長165㎝。

皆川翔みながわしょう ♂
高2。いわゆる「かわいい系」男の子。そう言われるだけあって童顔。中学生と言っても違和感がないくらい。琉香より身長が低いことが悩み。
バスケ部、身長164㎝。

涼宮すずみやかな ♀
高2。琉香の友達。ふわふわしていてかなり危なっかしく捉えられているが、反射神経は抜群であり突然飛んできたボールをキャッチできる。ちなみに運動神経も良い。髪は肩くらいまでで、緩く巻いている。
学級委員長。
ソフトボール部、身長155㎝。

曉啓太あかつきけいた ♂
高2。翔の友達。毒舌だが時々優しいところがある。学級委員長。
バレー部、身長178㎝。

瀬戸樹せといつき ♂
高2。かなの幼馴染み。ふわふわしているかなのことを心配している。というか好意を抱いている。
眼鏡を掛けていて、美術部。身長173㎝。

白石恵里しらいしえり ♀
高2。琉香:かなの友達。話し方も性格もミステリアスな感じで普通の人より笑顔が少ない。
ソフトボール部。身長160㎝。

九条鞠亜くじょうまりあ ♀
高2。琉香のバスケ友達。お嬢様で気品があるが、スポーツが得意でギャップが凄い。
身長158㎝。

岩代琴葉いわしろことは ♀
高2。ずっと隔離されたような生活を送ってきたため、学校での話には全くついて行けない。
和の美人で礼儀正しく、敬語で喋る。身長159㎝。

藤川雪ふじかわゆき ♀
高2。見た目は痩せていてスタイルは良いのだが、かなりの大食い。
食にしか興味が無く食に関連した天然発言をする。身長155㎝。

七森唯乃ななもりゆいの ♀
高2。よく言えばコミュ力がある、悪く言えばうるさい。
少し空気の読めない部分がある。身長152㎝。


キャラクター多いので随時追加します!

Re: 初恋は夕陽色。 ( No.3 )
日時: 2017/10/08 16:25
名前: ましゅ ◆um86M6N5/c

>>1 四季さん

こんにちは!
お早く来ていただき嬉しいです(*´∇`*)←なんか日本語がおかしいような

ビックリさせてしまい申し訳ないです…。
更新頑張ります!有り難うございます♪

Re: 初恋は夕陽色。 ( No.4 )
日時: 2017/10/08 16:38
名前: ましゅ ◆um86M6N5/c

**prologue


 4月――。私たちは高校2年生。
 始業式から早2週間ほど経とうとしている。
 
「琉香ちゃんー、一緒に帰ろう~」

 私と違う女の子らしい声で私を呼子は――涼宮かな。そして私は吉沢琉香。

「うん」

 私も彼女のように可愛い声なら良かったのに。つくづく思うその不満は口に出しはしないが、本当に私をこの声にした神様を恨む。


「2年になったら勉強も難しくなったよねぇ」
「そうね。まぁ、かなだったら余裕なんだろうけど」
「えー、そうかなぁ」

 下駄箱を開けると、普段目にしない……何かピンク色のものが入っているのが目に映る。嫌がらせかな、と思うが自分が何か言った覚えはない。かなにばれないように恐る恐るそれを取り出し、それを閉じているシールをはがすと。

『校舎裏に来ていただけませんか?――皆川翔』

 封筒はお花柄。いかにも女子が選びそうなものなのに、それは男子――しかも同クラの子だった。


Page:1 2 3 4 5 6 7 8



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。