コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

腹黒女子には成りきれない。
日時: 2017/11/12 17:06
名前: 璃華

人より上に立ちたい。人より優れたものがほしい。そんな誰でも持ち合わせている感情。これは、平凡な女の子が様々な経験を通して成長していく物語。

とある私立中学校。偏差値はごく平均的。制服が可愛いと評判のこの学校に私は通っている。
6限目が終了し、ホームルームの少し前、私、桃川莉花は机に寝そべりながら、担任が来るのを待っている。本を読んでいたり、おしゃべりをしてる同級生を見て、今日が無事に終了することに、少し安心する。
「莉花ちゃん、今日一緒に帰らない?」
「御免、今日はちょっと、ね。。」
「そっか。最近、莉花ちゃんと喋ってないなーと思って。なんかあったら言ってね」
「うん、ありがとう。バイバイ〜」
どうせ友達関係がうまくいかなくなって、私にすり寄ってきてるんじゃなきの?って皮肉なことを考えてしまう。前に私が移動教室で、日直の鍵しめの時、授業に間に合わなさそうだったから、先に行ったくせに。友達のフリしないでよ。
担任が連絡事項を伝えてホームルーム終了。ホントは用事なんてないんだけどな。。

Page:1




スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。