コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

口撃は最大の防御らしい。
日時: 2017/12/07 20:39
名前: ミル

コミュニケーション0の俺がある日手に入れた能力は────

『口撃』だった。
神様、人選センス無さすぎかよ。




#Communication

ミルと申します!
今作の主人公同様コミュ力皆無のヘタレですがよろしくお願いします!


#目次

#お知らせ

Page:1



口撃は最大の防御らしい。 ( No.1 )
日時: 2017/12/09 13:07
名前: ミル

〜プロローグ〜

愚痴ばかりを言う男は嫌われるらしいが、それでも俺は愚痴を言おう。
俺は神様を嫌っている。俺という不完全な人間を作り出しておきながら、他の人間には多くの才能を与え完全にするからだ。
運動能力は悪くは無いが、人様に自慢できるほどのものでは無い。
学習能力に関しては、語る事自体を躊躇うほどのものだ。
その他多くの能力に関して、俺は優れたものを持っていない。
まあ、言わば平凡な人間だ。
何の取り柄もなく、性格的に人当たりが良いとも言えない。そんな俺が高校に上がり、デビューで成功できるかと言われたらそれはノーだ。
そんな感じで俺は絶賛ボッチ生活を送っている。それゆえに、俺にはコミュニケーション能力までもが欠如している。
学校に毎日行っているくらいしか人に誇れるものが無い俺は、ずっとこんな毎日を送ると思っていた。
何の代わり映えもしない、退屈で平凡な毎日を。

そう思っていたかった。
毎日命の危険に冒されている今では、あの日々が愛おしく思えた。
最後に自己紹介をしよう。
俺の名前は氷室ひむろ零二れいじ。特殊能力者だ。


Page:1



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。