コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

Under the …
日時: 2017/12/09 00:01
名前: りき

お話。

Page:1



Re: Under the … ( No.1 )
日時: 2017/12/09 00:47
名前: りき

寝れない、深夜2時を回ったが寝れない。

有住恭也(16)は目が異様に冴えていた。

テレビを仕方なくつけて、充電していたスマホを手に取りベッドに寝そべった。

「こんばんはぁ、EMPTY GIRLSです」

ちょうど番組が始まった、EMPTY GIRLSと一斉に言ったようだが、全く揃わない自己紹介をした彼女ら5人。

こいつらアイドルなのか?

にしては可愛いさとぶりっ子に欠ける。

女優なのか?

にしては上品さと静けさがない。

タレントか?

にしてはトークがぎこちない。

素人か?





Re: Under the … ( No.2 )
日時: 2017/12/09 01:01
名前: りき

「こんばんはぁ、EMPTY GIRLSです」

「所属グループぐらいちゃんと言おうよ」
「そろわねー」

白い背景のスタジオで、色違いの繋を着た5人の女子高生。

「赤葉南央、高校3年です。よろしくお願いします!」
「青柳乃子、あいこって読みます、高3です。よろしくお願いしまーす」
「紫ノ川くるみです。高校3年生ですよろしくお願いします」
「橙野由奈です…高2っ。…よろしくお願いします」
「桃島あかりです!!高校一年生、最年少ですよろしくお願いします!」

とりあえず自己紹介を終えて、5人は立っている。赤葉がショートカット。青柳が金髪。紫ノ川はぱっつんロングヘア。橙野は赤茶のボブ。桃島はポニテである。

繋はトップスがそれぞれロンTやパーカーを着ており、腰で袖の布を巻いている。作業着である。

Re: Under the … ( No.3 )
日時: 2017/12/09 21:12
名前: りき

マジかよ…

桃島の元カレである恭也は目を見開いてテレビ画面を見つめている。

「あかりさぁ、彼氏と別れたんでしょ?」
「…」
「やめたげてよぉ!」

金髪に笑いながらいびられたあかりは、吹き出して下を苦笑いしながら向いている。赤茶のパーマに抱きつかれ、あかりは頭を撫でられている。金髪は先頭に立つ赤葉とかいう赤い繋から蹴りを入れられている。

「二ヶ月前に別れたよ」
「あー○○?」

平然と別れ話をし続けるあかりと、周りのメンバーが恐らく俺の本名を言っているだろう字幕と音声にモザイクがかかっている。

「次がありますよ」
「えー、高校はいらなくね?」

そう言いながらあかりが笑っていた。

Re: Under the … ( No.4 )
日時: 2017/12/09 21:15
名前: りき

EMPTY GIRLSとは

とある県内の女子高校生5人で結成された劇団である。


Page:1



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。