コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

縦執事・横お嬢様
日時: 2018/01/03 01:17
名前: ちゃちゃLOVE


 「お嬢様〜頑張ってください。さっきから全然進んでませんよ〜」
 「分かってる。。。。なーぜ貴様がそこなのだっ。普通はお前が漕ぐべきだ」
  オールの下を持ち、執事に当てた。
 「えぇ〜だって疲れたんだもん。」
 「甘ったれるなっ。私だって勉強で疲れている。」
 「へいへいっ。変わりますよ〜あっ主人には言わないでくださいよぉ」
 「ったくこのダメ執事っ」
 「あっハウお嬢様ぁ」
 「んっどうした。」
 「今日の下着は白ですか、さすが純女だ。」
 「き〜さ〜ま〜ぁぁぁぁぁ。ダァァァァァァァァアァァッァァァ」
  ガツン。鈍い音が「それいけオールくん」と同時に唸る。

 ダメ執事、ハウお嬢様。それだけ。

Page:1




スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。