コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

ここは、国立能力高等学校「お悩み解決部」です!!!
日時: 2018/01/08 22:10
名前: メガネの神様!!!!!!!

第一話「始まり」

ここは日本上空に浮かぶ「空中学園都市クサナギ」何故、草薙の剣の「クサナギ」をこれにつけたのかは、あまりよくわからん、ていうか今の俺はそんな事どうでもいい、俺は暇じゃない。
 さて話を思いっきり変える。今のこの世界の人類についての話をしようと思う。2018年12月24日の11時59分の夜、日本で隕石らしき物体が目撃された、その隕石はとても大きく、日本全土を影で覆うほどだったそうだ。その隕石を見た人類はパニックに陥り世界は混乱の渦に巻き込まれたが隕石は日本上空70kmで止まり、光を放った。その光を浴びた人は倒れ込み多くの人が激しい頭痛、目眩、吐き気を訴え、病院に搬送されたが二日後には、治り元戻りになったらしい。ある事を除いては…そのある事とは、その光を浴びた人類全員が何らかの異能力を発症したらしい。やがて光を浴びなかった者も何らかの異能力が発症し人類全員が異能力を持つようになったらしい。そしてその二年後、人類は今もまだ空中に浮かぶ隕石の研究を終えたあと危険性だけは無いことがわかり隕石の上を開拓し、都市を作ったらしい。そしてその都市に学園や暸が沢山建てられた事から学園都市となったらしい。ただその建てられた学園は普通の学校ではなく、人類全員が持っている、異能力の使い方等を学ぶ学校が建てられたらしい。
 そしてその10年後俺、小野健一おのけんいちが国立能力高等学校に入学した。さて、俺の長ったらしい説明を最後まで聞いてくれて本当にありがとうございます。俺、説明苦手なんだよね。本当に謝罪申し上げよう。
 さっき言った通り、俺はこの春、国立能力高等学校にマジでギリッギリのギリッギリで合格した。ちょっと中途半端な自己紹介だったのでもう一度自己紹介をしよう。俺の名前は小野建一おのけんいち好きな食べ物も嫌いな食べ物もあまりない、趣味は読書
得意な事も苦手な事も特にない、俺の能力は5秒先の未来が見える能力だ。まあ、予知ってやつかな。俺の最近の悩みはクラスの女子に「お前、目付き悪いよな」と笑いながら言われた事と俺のあだ名がなぜか「チャップリン」になっていた事だ。そんな俺は今、いつもより遅れて登校している。少し寝坊してしまったらしい。妹は俺を一度も起こさずに学校に登校しやがったらしい。後でちょっとイタズラしてやろう。なんて考えているうちに学校に着いてしまった。正直俺はどこかの定番なラブコメのように、転校初日の朝に遅刻してしまいそうな女子と衝突してみたかったのだが、残念ながら現実は期待通りには、いかないらしい。まったく…なんて悲しい現実だろうか。などという、バカげた事を考えながら靴を履き、俺は教室に入った。すると
「あれ?お前…小野?相変わらずだな~あれ?いつぶりだっけ」
「昨日ぶりだよ!」と今俺がツッコミを入れたのがクラスメイトの武中高志たけなかたかしだ。「アハハハハハ!ハハハハハハハ!」と一人ですごい笑ってるのが村山りく(むらやまりく)だ。俺が机に座ると隣の席の日向がいつものように話し掛けてきた「おはよう小野君、今日は遅かったね。何かあったの?」「今日は寝坊しちゃってさ」と俺もいつものように答える。「そうなんだ、色々と大変だったね。お疲れ様。あ、そう言えば今日転校生来るんだってね。」「あ、そういえば昨日上野先生言ってたな」と俺が朝の雑談を交わしているのは日向美春ひなたみはるという俺の仲が良い女子の一人だ。「おっはよう!!」と言いながら今、教室に入ってきたのは二週間前に転校してきた黒崎快人くろざきかいとという男だ、こいつは転校してきてすぐに、クラスに打ち解けた。俺も別に嫌いではない、むしろこいつと一番仲が良いとも、言えたりするのかもしれない。まあいい奴だ。「よう!小野!あ!ごめん!二週間前に借りた金、持ってくるの忘れてきちゃった!」前言撤回しよう、こんな奴大っ嫌いだ!顔も見たくないわ!
ガラガラッと教室の前の戸が開き、上野先生(女)が「おはよう~ほら、座れ座れ~」と言いながら教室に入ってきた、皆が座ると上野先生がHRを初めるのがいつも通りなのだが、その日は違った。「じゃあ今日はHRの前に転校生を紹介しま~す、入って来て~」と上野先生が言うとまた、教室の前の戸が開き、一人の女子が入ってきた。その女子はとてもキレイで、透き通るような白い肌、腰まで伸びた美しい紫色の髪、俺は三秒程、あまりの美しさにその女子を見つめてしまった。すると俺の視線に気付いた女子は俺を見つめ返してきた。 俺は未来が見えるが、まさかこの女子が、このキレイな女子が、まさかあんな能力を持っている未来なんて、まだこの時は見える筈もなかった。さあ、俺のちょっとしたラブコメっぽい日常の物語を語り始めるとしよう。  
    第一話「始まり」おわり
    つづく!!

Page:1




スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。