コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

くろわっさん!・改 **久々に投稿中!**
日時: 2018/05/24 14:59
名前: みかんさいだーくろばー

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

はじめましてorこんにちは!
まず、この小説(?)を開いて下さりありがとうございます!
だいぶ、久々ですがみかんさいだーくろばーです!無事受験終わりました!もうなんか忘れられてる気がするんですけどそこは気にしなーい(*゚∀゚*)
さて、これは私が前に書いていた、『くろわっさん!』の結構手直しした版です!どうぞ、よろしくお願いします!

*登場人物* >>3

*1* >>4-5
*2* >>9 >>11
*参照100突破記念〜レオン目線〜* >>13
*3* >>14-15 >>18
*4* >>24 >>26-27 >>31-33

*コメを下さったお客様*
・ましゅ様
・桃色様
・虎徹様
・新・ゆでたまご様
・モズ様

Page:1 2 3 4 5 6 7



Re: くろわっさん・改**コメ大歓迎!** ( No.2 )
日時: 2018/02/14 15:35
名前: みかんさいだーくろばー

ましゅ!
久々です!
もちろん、覚えてるよ!
あのすごくいい小説が書けるすっごーいお方でしょ〜!(*^o^*)
コメ、ありがとう!!!
ご期待に添えるように頑張ります!!!

Re: くろわっさん・改**コメ大歓迎!** ( No.3 )
日時: 2018/02/14 21:21
名前: みかんさいだーくろばー ◆EJ0MB3jlw2

*登場人物*
黒輪日菜くろわひな
主人公。14歳。家は『ブラックリング』と言うパン屋さん。将来、家を継ぐ気は無い。基本的に大人しく静かな雰囲気。優しい。割と美人。トマトが苦手。
黒輪美菜くろわみな
日菜の姉。19歳。家事を手伝う大学生。勉強はできる。割と美人。
三浦梨花みうらりか
日菜の親友。『ブラックリング』のクロワッサンが大好き。いつも母の看病をしている。
三浦彩香みうらあやか
梨花の母。体が弱く、病気がち。
・レオン・ルノアール 川島はるか様ご提案のキャラ
『ブラックリング』の近くにできた『パン・オ・ショコラ』の店主の息子。16歳。日本人とフランス人のハーフ。強気で日菜や美菜に強い対抗心を持っている。でも、素直になりたいと思っている。
たちばなやよい 桃色様ご提案のキャラ
日菜の親友。14歳。いつも『ブラックリング』のお手伝いをしている。算数が得意で家庭科が苦手。素直で言いたいことは言っちゃう系。空気が読めない。
若葉留衣わかばるい ニンジン×2様ご提案のキャラ
美菜と同じ大学に通っている。19歳。物静かで怖くて暗い。笑顔を見たことがある人はほとんどいない。毒舌。でも、イケメンで彼女がいる!?スマホの画面に彼女とのツーショットがあるけど、それでは笑ってる。彼女美人。
橘優治たちばなゆうじ
やよいの弟。13歳。只今、日菜に片思い中。素直で努力家。時々、やよいとどちらが年上かわからなくなる事があるくらい、しっかりしている。普段はメガネをかけている。やよいと一緒に『ブラックリング』のお手伝いをしている。

Re: くろわっさん!・改**コメ大歓迎!** ( No.4 )
日時: 2018/03/01 20:26
名前: みかんさいだーくろばー

☆1☆

「...菜、日菜!起きて〜!」

う...。お姉ちゃん...。まだ、眠い...。

「あ・さ・ご・は・ん!今日こそは日菜に最高のクロワッサンと言わせて見せる!」
「はいはーい。あと、5分...」
「...起っきろー!!!!!」

ふわふわの最高の空間(布団の中)を強制的に破壊された(布団をめくられた)私はまだ重いまぶたを懸命に開こうとしながら自室を出た。というか、出された。冷たい水で顔を洗う。

「よし、目が覚めた!」

急いで制服に着替え、テーブルにつくと、そこにはお姉ちゃんの新作クロワッサンがずらり。毎朝、お姉ちゃんの新作クロワッサンを試食している。そのために私は早起きさせられている。

「さあ、好きなのからどうぞ?」

...いつもこの時間は運試しだ。お姉ちゃんの作る新作クロワッサン。全てがダメというわけではないが、全てがいいというわけでも...ない。私はつばをごくりと飲んで一番端のピンクがかったクロワッサンを手に取った。

「い、頂きます!」

パクッ。ふわっと私の苦手なトマトの味が...。即、お茶でそれを流し込み、叫ぶ。

「何これ!!!」
「どう?それトマト風味なの〜!」
「いや、諸々もろもろトマト!ってか、苦手なの知ってるでしょ!」
「だって、これがきっかけで好きになってくれたらなぁって!こういうシナリオだったの!」
「こんなのダメ!!」

私はお茶をもう一口飲んで急いで家を出た。まだ、舌に残る、この味...。はぁ...。

Re: くろわっさん!・改**コメ大歓迎!** ( No.5 )
日時: 2018/03/01 20:29
名前: みかんさいだーくろばー ◆EJ0MB3jlw2

*(*^o^*)

「そのせいで、今、お腹ペッコペコで...」
「そっか...。はい、私の焼きそばパンあげる」
「本当⁉︎ありがとう〜」

登校中に近くの売店で梨花が買っていた焼きそばパンを一口。うーん、美味しい...。

「じゃあこのやよい様も一口あげましょ〜」

やよいがすっと目の前におにぎりを出してくれた。おかか、だ。大抵、やよいはおかかおにぎりを買う。

「じゃ、遠慮なく!頂きます!」

二人が少しずつ朝ごはんを分けてくれたおかげで何とか腹を満たすことが出来た。
そうこうしているうちに、私達が通うーー菊島学園中等部の校舎が見えてきた。
2年前、私は初めて受験というものを経験した。第一志望のこの学校に合格した時の喜びは今も忘れられない。

「じゃ、バイバイ梨花〜!」
「後でね〜」

梨花はA組。私とやよいはB組。だから、教室が違う。

「あ、今思い出した。数学で文字式の宿題あったでしょ。私、やってないや」
「はぁ?またぁ?」
「見せて?」
「え〜?宿題は自分でやるものだよ」
「...私、おかかおにぎり、あげたよね?」
「う...。分かった。はい」
「いい子いい子♪」

はぁ...、いつもこうなんだよね、やよいは...。

Re: くろわっさん!・改**コメ大歓迎!** ( No.6 )
日時: 2018/02/14 20:58
名前: 桃色

やほおおおおおおおおおおっ!!!!
もうこの小説愛してるわ←


Page:1 2 3 4 5 6 7



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。