コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

未来の味方
日時: 2018/02/21 23:43
名前: yukko

小説書きます。
今回は、特別な能力を持って人たちが登場します

登場人物(のちに追加)

アヤネ
音楽を観ることができる

アイカ
男性に会うことが怖い

コウタロウ
引きこもり。

シュウカ
図書館の[魔女]。感情をあまり持たない

レン
全員と前からの縁がある。

リュウ
アイカに好意を寄せる、

Page:1



Re: あの日の森の色 ( No.1 )
日時: 2018/02/21 23:47
名前: yukko

この頃、私のみにはおかしな出来事が相次ぐ。
私は、図書館から出ないのだ。
この図書館には誰も入らないはずだったのに、
レンと名乗る男性が、図書館の下から叫んでいた。
こんなこと、生まれて初めてで。
またそのとき、不思議な感覚に襲われた。
今までの私には、なかったこと。
一瞬ふらつき、しばらく意識がなかったが、
目を覚ましたら、私はナイフを片手に、紅茶を嗜んでいた


Page:1



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。