コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

明日の天気は?どうですか?
日時: 2018/03/01 17:34
名前: あんか

 愛してるって言ってたのは、学人。私はそんな、純粋で素直な彼に憧れてた。明日の天気は学人の好きな、晴れですか?私は今日も、元気です。

 学人は、私のことが好きだって言ってた。ただ、ひたすら。そんな学人の事、私も好きだった。ただそれだけの話。それだけの話が、幸せで嬉しかった。明日の天気はどうですか?

Page:1 2 3 4 5 6



Re: 明日の天気は?どうですか? ( No.25 )
日時: 2018/06/12 15:25
名前: あんか

 ここだな。可奈の言ってたケーキ屋は!

 う、うん。

 お花見デートからしばらくして、私と学人は可奈さんのアルバイトしているケーキ屋に出掛けた。噂だと、可愛いケーキに可愛い定員がいる。しかもその上、味もおいしいと、仕事先で評判の店だった。

 いらっしゃいませ。

 店の中に入ると、ケーキの甘い香りが店全体に広がっていて、可愛らしく果物や、チョコ、生クリームで飾ってあるケーキが見えた。よく見れば、器用に細工をほどこされた、飴細工までもが飾ってあった。

 可愛い。

 私は思わず呟いた。

 いらっしゃいませ。お客様。お待たせして申し訳ありません。 

 そう言いながら、店の奥から可愛いフリルがたくさんついている、ピンクの制服を着た可奈さんが出てきた。

 ま、学人!本当に来てくれたの?

 仕方ないだろう。お前は、しつこいから。

 ありがとう。学人来てくれて。

 可奈さんは学人しか見えてないみたいに、じっと学人を見つめている。その顔はとても喜んでいて、頬が紅く染まっている。

 花奈と着たんだ。デートで、な!

 ああ、そうですか。それはそれは、私は不幸せです~。

 なんだとぉ。せっかくきてやったのに。

 そう言うと可奈さんは、やっと私が目にはいったのか、 

 ありがとう。あんたも来てくれて。

 と言った。

 


 それから学人と私が、せっかくだから私の家でケーキを食べようと思い、どれを買って帰ろうと迷っている時だった。


 かな~。かな、かな、可奈~~~!

 と、店の外遠くから、すごい早さで店にやってくる人が見えたの。 

 な、なに・・・。だ、誰・・・?

 私は慌てふためいていた。

Re: 明日の天気は?どうですか? ( No.26 )
日時: 2018/06/12 11:35
名前: あんか

 秋人!

 店の外から、すごい早さでもう突撃してくるのは、どうやら秋人さんのようだった。

 痛っ!!

 勢いあまって、店の自動ドアにぶつかる秋人さん。学人も可奈さんも呆れ顔のよう。正直私も、とても驚いていたの。

 秋人!またあんたは~!!店壊さないでって、いつも言ってるじゃない!私がクビになったら、どうしてくれるの! 

 そうだよ~。可奈~。店が壊れでもしたら、うちは赤字で破産。経営できないから、可奈はクビだよ~。

 そんな!お父さん!

 店の奥から、中年っぽい男の人が出てきて、そう可奈さんに言った。慌てふためく可奈さんに、私まで動揺。それにしたって、お父さんって・・・。 

 可奈~。可奈に会いたくて、急いでやってきたんだ。昨日はコンビニでアルバイトで、少ししか寝てないんだ。でも可奈に会うために、わざわざやって来たんだぞ!可奈~。許してくれよ~!

 そう秋人さんは、言った。

 そんなこと私は、しらないわよー!いいから、大人しくしてて!!!

 可奈~~~。

 泣きわめきながら、絶叫する秋人さん。悪いなと思ってもその姿に笑いがこもる。

 あら、あら。可奈、いじめちゃだめよ。いつも言ってるじゃない!

 店の奥から今度は、40代くらいの女の人が出てきて、そう言った。

 でも、お母さん!

 可奈さんは、その人をお母さんと呼んでいた。
 

Re: 明日の天気は?どうですか? ( No.27 )
日時: 2018/06/21 11:44
名前: あんか

 お母さん。だってこいつ、いつもぶつかって来て壊そうとするんだもん。うっとおしくって。

 あら、あら可奈。お客様にむかって、うっとおしいはないでしょう?それに、こいつだなんて。口が悪いわよ。

 うっとおしいそうに、秋人さんを指さす可奈さんを、可奈さんのお母さんらしき人が叱る。

 口を尖らして悔しそうにしている可奈さんは、いつもより子供っぽいような気がしたの。 

 ごめんなさいね。いつも可奈と仲良くしてくれてるのに。あら、そっちの子は、初めてみるわ。えっ、学人君のうわさの好きな子ってこの子なの。あら、本当ね。家の可奈より可愛いわね。ごめんなさいね。可奈がわがまま言って、学人君盗っちゃってたの。悪い子じゃないんだけど、昔からわがままで・・・。 

 お母さん!!! 

 怒る可奈さん。私が学人の今の彼女だというと、そう上機嫌に可奈さんのお母さんは話してくれた。

 可奈は、本当は秋人君のこと好きなのよ。だけどあの子、わがままだけじゃなくて、昔から少しひねくれてるの。何度も正直になりなさい!って、言ったんだけど。

 はぁ・・・。

 私と学人が同時に呟く。

 ちょっとお母さん!何言ってんの!

 慌てふためく可奈さん。それを見ても、私は可奈さんのお母さんが言った台詞が、本当かどうかは分からなかったの。


 なぁ、可奈~。俺のこと本当は好きだよな~。愛してるよな~。

 愛してなんか、いない!!!

 怒りつづける可奈さん。でも秋人さんは、これでも真剣なよう。


 その後、適当にケーキを私が選んでみて、私と学人は家に帰った。帰り際に、


 可奈はね~、本当に本当は秋人君のことが好きなの~。お願い、あきらめずにお願いね~。できたら、可奈が秋人君と仲良くなれるように、キューピットしたってちょうだいね~。お願いよ~。

 と、可奈さんのお母さんが言っていた。

 お母さん!!!

 どんどん怒る可奈さんを見ながら私達は、

 は~い。

 と、返事をした。

 その声に、秋人さんも混ざっていた。

Re: 明日の天気は?どうですか? ( No.28 )
日時: 2018/07/06 15:50
名前: あんか

 私の家に着いた私と学人は、私の部屋で予定どうりケーキを食べていた。昼過ぎに家をでて、今の時刻は3時頃。おやつには、ちょうど良かった。

 びっくりしたろ。最近。あいつら、騒ぐわ騒ぐわでうるさいだろ?

 ショコラのケーキを食べながら、話し始めた学人。

 ううん。そんなこと・・・。

 そう言おうとして、私は口を開けるのをやめた。前に可奈さんに似たようなことを言われたけど、私は良い子ぶりっ子の所がある。自分でも気づいてはいたけど、今そんな所を学人に見せたら、この先何か嫌な事がおこる。そんな気がしたからなの。
 
 何も言わない私。学人が続いて話し始める。

 あいつら、本当は仲良いんだよ。前にも、可奈の親に会ったけど、親も仲良くて、「よろしく~」、「よろしくね~」 って、よく言ってたんだ。

 もぐもぐと、ショコラのケーキを頬張る学人。とても美味しそうにみえる。私も苺のケーキに手を伸ばして食べてみると、

 「おいし~」

 「だろ?」

 と、とてもおいしかった。

 これはきっと、仲の良い可奈さん家の味なんじゃないかと、思ったの。

 喧嘩するほど、仲がよいって言うけど、あの二人、あの夫婦みたいにもっと仲良くならないかな?

 と、学人が言った。

 ねっ!

 私も思わず同意した。そうなれば、私も学人ともっと仲良くなれるし、邪魔されないと、私も思ったからだった。

 

 その後私達は、甘いショコラと苺の味のする、キスをした。甘い甘い味が、私達の心を脳を誘惑して、溶けていくみたいだった。
 

Re: 明日の天気は?どうですか? ( No.29 )
日時: 2018/07/21 10:31
名前: あんか

 可奈さんの勤めているケーキ屋に学人と言ってから、数日たってからだった。私の勤めている本屋に、可奈さんがやってきた。
 
 可奈さん!!

 なに、あんた!こんな所で仕事してたの?

 可奈さん、こんな所って・・・。と、思う私を可奈さんはきまづそうに見ている。

 なんだろ・・・。

 そう思った私。レジで会計をしようとする私に、可奈さんは恥ずかしそうに本をだした。 

 それは、
 男をおとす方法。
 誰でも簡単!!超人気者になれる方法。

 そして、 
 超初心者のあなたでもできる!ケーキ作り 

 の本だった。


 可奈さん・・・。

 つぶやこうとした私に、可奈さんの声が遮る。


 な、な、なによ。私はまだ学人を諦めた訳じゃないのよ!これくらい当然でしょ。

 慌てて早口に喋る可奈さん。可奈さんは私にとってライバルなのに思わず私は、可愛い・・・。と、思ってしまっていた。

 可奈さんも努力してるんですね!

 そう言う私に、可奈さんは、

 バカにするんじゃないわよ!!!学人の彼女は今はあんたかもしれないけど、これでも私、学人とちゃんと付き合ってたのよ。自惚れないで!!!学人にはあんたじゃなくて、私の方がいいの!!いいに決まってる!!!私はあんたなんか大っ嫌い!!!諦めないんだから。私はあんたから学人を奪ってやる!!!

 そう怒鳴ってた可奈さんは、会計をすました本を持つと、そそくさと帰ってしまった。


 可奈さんに言われて私は、情けなくなって、悲しくなって一人立ちながら反省していた。


Page:1 2 3 4 5 6



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。