コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

明日の天気は?どうですか?
日時: 2018/03/01 17:34
名前: あんか

 愛してるって言ってたのは、学人。私はそんな、純粋で素直な彼に憧れてた。明日の天気は学人の好きな、晴れですか?私は今日も、元気です。

 学人は、私のことが好きだって言ってた。ただ、ひたすら。そんな学人の事、私も好きだった。ただそれだけの話。それだけの話が、幸せで嬉しかった。明日の天気はどうですか?

Page:1 2 3 4 5 6 7 8



Re: 明日の天気は?どうですか? ( No.35 )
日時: 2018/11/14 15:55
名前: あんか

 やめなさい!秋人!!あんた、頭おかしいわよ。しかも、そんな大きな声で。他の人に迷惑じゃない。それに私がいいって言ってんの!!口だしてこないでよね。

 そうだぞ。秋人。お前、うるさい。

 可奈さんと学人に言われ、ますます顔を赤らめて怒る秋人さん。その付近の私たちの回りを、違うお客さん達が取り囲んでジロジロ見ている。

 はずかし~。

 私は見られてるのに気づいたとたん、秋人さんとは意味が違ったけど、同じように顔中赤らめているのが分かった。
 

 なにがだよ!!可奈!!なんでだよ。

 もはや可奈さんにまで問い詰める、秋人さん。


 いい!!いいったらいいの!秋人。心配してくれるのは嬉しいけど、私は大丈夫!っていったら大丈夫なの!!
 
 ホントにホントなのか・・・?ホントならいいんだ。ホント、ホントなんだな。

 
 大丈夫。


 心配している秋人さんに、可奈さんが優しく微笑みかけて指でグーのポーズをとる。


 そっか。そうなんだ。だったら良かった。


 可奈さんの笑顔を見て秋人さんも、安心したかのように微笑みを浮かべた。
 その様子を見て、私と学人も向かい合って安堵の笑みを浮かべていた。


 ごめんな学人、お前。俺、可奈の事になると熱くなって、どうかしちまって。


 ううん。いいの。


 謝る秋人さんに、私も同じように頭を下げて謝ったの。

Re: 明日の天気は?どうですか? ( No.36 )
日時: 2018/12/03 15:40
名前: あんか

 水族館のデートは、その後は幸せだった。学人と私、可奈さんと秋人さんでダブルデートとなって見て回った。
 

 うわー、すげえ。すげえ、あの魚!!!

 あんな魚の何がすごいのよ!


 はしゃぐ秋人さんに、なせか冷静な可奈さん。

 すごいよなー。可愛いよなー。これも、これも花奈みたいだ。花奈みたいに可愛いよな、花奈。

 可愛い、可愛いって一生懸命褒めてくれる学人。
 私はもう落ち込んでなど、いやしなかった。幸せな時間を過ごしてる。四人で仲良くしていれてる。していけるんだと、淡い期待と夢をもっていた。

 帰り道、学人と私。可奈さんと秋人さんで道が別れるときだった。水族館まではお互いバスで行ったの。でもバスをおりると当然のように、そこからは歩いて帰らなきゃいけなかった。少し歩けば、可奈さんと秋人さんとは帰る道が違っていて・・・。


 じゃあね、学人。今日は楽しかったわ。

 なんで、学人になんだよ!!可奈!!


 学人に挨拶する可奈さん。そして怒る秋人さん。


 それは秋人に言ってやれよ!

 だろ?そう思うだろ??学人!!


 心苦しそうな学人の顔に私には見えた。だけど、秋人さんも可奈さんも、全然気にしてなどいないようだ。


 秋人なんて、どうでもいいのよ!どうでも!!


 そう言う可奈さんに秋人さんが、

 なんでなんだよ!!だから!!!なんでなんだよ!!


 と、また大声をあげた。



 私は学人と二人の帰り道。幸せがやってきたと、確信しかけていた。可奈と秋人さんはホントは本当に仲が良くて、私は学人と幸せな結婚ができるんだって、そう、そう信じていたの。単純よね・・・。
 そう、トラブルなんて何もない。そう思いたかったみたいなの。

Re: 明日の天気は?どうですか? ( No.37 )
日時: 2019/01/11 16:37
名前: あんか

 またしてもだった。水族館デートの後すぐの事だったの。平日の今日、仕事は休み。学人はというとやっぱり仕事があるというので、今日はデートはない。せっかくの休み、何をしよう・・・。どこかに出掛けようか・・・。そう思って、私が「あっ。」と閃いて出掛けていったのは、図書館だったの。

 
 やっぱり素敵、この雰囲気・・・。

 図書館につくなり私は、この独特の静けさに浸っていた。昔から本が好きだった私は、本屋だけじゃなく、よく図書館へ来ることがあった。高校を出る際、大学進学までの頭はなかった私の希望は、第一希望は本関係の仕事。学校の先生に色々相談にのってもらって今、本屋へと就職したわけなんだけど・・・。


 あ、あった。あった。

 
 最近仕事で疲れていたり、学人とのデートと可奈さんと秋人さんの騒ぎで、ろくにテレビを見ていない。せっかく録画したドラマも、溜まりに溜まりすぎてしまって、録っては消して、録っては消して・・・の状態だった。


 これ!これ!!このドラマを見たかったの。


 見たかったドラマは消してしまって、見れずじまい。ならば、本で!かえって本で読んだ方が早いんじゃぁ・・・という、私の作戦だった。


 ええっと、。


 ページをめくった私。初めの辺りだけでも軽く読んでみようと、立ち読みを始める。
 

 うん、うん。面白そう。私の直感が当たっていたわ。これを借りていこうか、

 と考えながら本を読んでいたの。


 でも・・・、
 ところがだったの。




 だあぁぁぁぁ、なんでなんだぁ!!!!なんでだったんだぁ!!!可~奈~ぁぁぁ!!!!


 という叫び声が聞こえてきたの。


 その声はやはり、どこかで聞いたことある声で。私は少々戸惑っていたの。

クソ ( No.38 )
日時: 2019/01/12 17:54
名前: 運

読んでいるだけでイライラしてくる。

Re: 明日の天気は?どうですか? ( No.39 )
日時: 2019/01/12 19:29
名前: あんか

 運さんへ。
 
 コメント読みました。
 せっかく運さんに読んでいただけたのに、不快な思いをさせてしまって申し訳ありません。
 けれども、私はまだこの続きを書こうと思っています。
 申し訳ありませんが、この私の小説が嫌であるのなら、運さんに読んでいただけなくていいですから。
 誠に勝手で、すみません。

 読んでいただいて、ありがとうございます。





 あんか。


Page:1 2 3 4 5 6 7 8



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。