コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

流れる彗星に願いを込めて
日時: 2018/04/16 21:39
名前: 天月大好き☆

プロローグ

もしもあの時、運命を変えられたなら。
もしもあの時、勇気が持てたなら。

大切な人を、救えたかもしれない。

orangeに影響されて作りました( ̄∇ ̄*)ゞ

目次
登場人物紹介>>1
第一章
一話>>3二話>>4

Page:1



Re: 流れる彗星に願いを込めて ( No.1 )
日時: 2018/04/15 19:18
名前: 天月大好き☆

登場人物紹介
岡田菜絆(おかだなづな)1の3
主人公。引っ込み思案で、自分に自信が持てない。
未来の自分から手紙が届く。転校してきた。
焔勇気(ほむらゆうき)1の3
かっこよくて、気さくで、男女ともに人気。
過去に悲しい出来事があった。
小早川麻里(こばやかわまり)2の1
2年の先輩。勇気に好意をもっている。ぶりっ子。
渡辺爽(わたなべさや)1の3
菜絆の親友。元気いっぱい。
田村玲奈(たむられいな)1の1
同じく奈絆の親友。超クール。
杉崎慎太郎(すぎさきしんたろう)1の2
同じく奈絆の親友。積極的。
山本隼人(やまもとはやと)1の3
同じく奈絆の親友。読書ばっか。

ものすごい亀更新ですが、よろしくお願いします
m(__)m

Re: 流れる彗星に願いを込めて ( No.2 )
日時: 2018/04/15 20:58
名前: 新・ゆでたまご

やばい、名前につられてきてしまった・・・
僕も天月さんは好きです!
個性的な声ですよね!
ちなみに僕が好きな歌い手さんはすとろべりーぷりんすのメンバー全員です!
楽しみにみさせていただきます!

Re: 流れる彗星に願いを込めて ( No.3 )
日時: 2018/04/16 21:06
名前: 天月大好き☆

親・ゆでたまごさん!
私は天月さんの小さな恋の歌が好きです!あのPVも大好きで何回リピしたか…。あ、あと小説も頑張るのでみてくださいねー?(笑)

第一章

第一話 未来
「…私、本当に勇気への手紙読んでいいのかな…。」
私は小さな声で言ってしまう。すると玲奈が、
「大丈夫よ。菜絆に読んでもらった方が勇気も喜ぶわよ。」
とエールをおくってくれた。

勇気。いま私は、あなたに会いたいよ。
でも、会えない。
これは、精一杯の私の恩返し。

勇気、ありがとう――――。

親友たちのありったけの勇気をもらい、私は息を吸った――――。

Re: 流れる彗星に願いを込めて ( No.4 )
日時: 2018/04/16 21:39
名前: 天月大好き☆

第二話 転校
ガタン…ゴトン…ガタンゴトン…。
窓辺にあたる木もれ日があたる。私はその感覚に幸せを覚える。街が近いな…。と思いながら、転校先を思い出す。たしか、まわりには森が生い茂っていて、とても涼しそうな…。そんな気持ちを考えながら、不安も入り交じる。友達できるかな。うまくクラス馴染めるかな。


期待と不安で胸一杯の、春の日。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

転校初日。私は無理言って、少し遠いところの高校を受験した。もちろん、受かったときの喜びは最高潮だったし、頑張ってやった甲斐があったんだなと思った。そんな喜びと希望を胸に、教室に入る。

そこでは、運命の出会いと、別れがあるとも知らずに…。

Re: 流れる彗星に願いを込めて ( No.5 )
日時: 2018/04/17 16:39
名前: 天月大好き☆

第三話 友達

「あ…の。私、岡田菜絆って言います。みんなと友達になりたいので、どんどん話しかけてください。」
私が自己紹介したところで、拍手が起きる。
「あっ、焔くんの隣が空いてるので、岡田さんは焔くんの隣ね。焔くん、岡田さんに学校のこととか教えてくれない?」
と先生が言う。ざわめき声が聞こえる。
「えー、あの子、勇気のとなり!いいなー!」
という声がする。あの子…。焔くんは人気者なのかな?と思いながら席につく。すると、その焔くんが、
「岡田さん、よろしくね。」
と笑ってくれると、答えるように
「は、はい!焔くんよろしくお願いしますっ!」
と私は言った。すると、
「あー、そうゆう堅苦しいのいいからさ、ふつーに勇気でいいよ!よろしく!菜絆!」

私は不意に名前を呼ばれてどきっとした。
菜絆って…。呼んだよね?

改めて…焔くん…じゃなくて勇気との生活が始まった。


Page:1



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。