コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

僕の声は君だけに。【No.90編集しました】
日時: 2018/12/15 21:50
名前: ゆず
参照: http:/

_届かない

僕の声は君には届かない。
君が遠すぎるから。
だから……だから、会えなくていい。もう、忘れたっていい。
もう、あきらめた。そのはずだった。
なのにどうして、
  
      ___涙が溢れて止まらないんだ。

*******
どうも。えっと、こんばんはが多いかな。
この小説は、主人公の男の子が一途な恋をする物語です。
そして、男の子の友達の恋の行方にも注目です!


【主人公】 京也きょうや
高校二年 男子
身長は低い方,優しい,怖がり,心配症,照れるとかわいい
勉強は普通,運動神経は良い
目立つのは苦手だが、性格故にクラスの中心

【中心人物たち】
今井いまいゆう…瀬ノのクラスメイト,天然キャラでクラスの人気者
神城しんじょう陽茉莉ひまり…瀬ノのクラスメイト&幼馴染み,みんなのお姉さんのような存在だか、頭は良くない
上島じょうじま隆寺りゅうじ…高校からの友達,見た目はヤンキーだが意外に真は真面目、頭は良くない

目次
第一章  君の声が、そばに。
第1節 「約束の木下で」
>>001-004
>>007-018
第2節 「放課後の奇跡は」
>>020-023
>>027-029
>>031-042 >>045
第3節 「違和感を感じて」
>>048-053
>>062-063
>>072-079

第ニ章 君が、心から羨ましい。
第1節 「月夜の下、電話ラブコール
>>080-087
第2節 「
>>089-

#番外編『可愛いので許します……』>>057
#瀬ノグループキャラ設定>>074

*来てくださった方々*
・流聖さん
・MRKさん
・天使のような悪魔さん

そして、他に読んでくださっている方々へ。ありがとうございます。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17



Re: 僕の声は君だけに <感想大歓迎!☆ ( No.31 )
日時: 2018/06/30 17:21
名前: ゆず

「__届いてくれたら」

頭の中でイメージするならばまるで妖精だ。美しく、優しく_。車も物音も鳴り止んでいる中かすかに響く歌声。
小さい声なのに、ひとつひとつの言葉がはっきりと分かる。

「__気づいているなら合図して」

今も途切れないその声はたしかに聞こえる。
おれは周りをキョロキョロと見渡し、一心不乱にその女の子を探していた。好奇心が心を騒がす。
__もっとそばで声が聞きたい。


庭の柵に勢いよく身を乗り出した。
いた。
おれの家周辺は少し土地が高く、玄関に比べて反対側にある庭の柵の向こうは道路を挟んで20mほど高い。そして、女の子は道路の向こう側の家のベランダにいた。
自分でも関心した。よくあんなところから声が聞こえたものだ。

歌い続ける女の子は洗濯物を取り込んでいるようだった。
遠くてあまりはっきりとはわからないが、髪は黒く肩よりも少し長め。服は、白いシャツに黒パーカーを軽くはおり、膝が見える半ズボン。
とても小柄のように見える。ゆうまでとはいかないが、おれよりは背が低いと思う。必ずそうであってほしい。

すごいすごいすごい。頭の中がパニック状態だ。
その声が知りたい。
そのメロディーが知りたい。
その女の子のことが知りたい。
心の中でたくさんの感情が文字となって浮かび上がる。
興味、驚き、感激、喜び、笑み、好奇心。

そんな文字が踊る中、その女の子は洗濯物を家の中に置いた。
ずっと見ていたい。彼女の後ろ姿に、少し悲しい気がした。
「まぁ、しょうがねぇか」
視線を家に戻そうとした瞬間だった。女の子はなんの前触れもなく、後ろに振り返りおれの方へと視線を向けた。
「えっ……」
目があった。黒い瞳ははっきりとおれを見ていた。
5秒間くらいだろうか。ずっと女の子は無表情のままだったが、おれは目を離すことが出来なかった。たった5秒なのに、とても長いように感じられたのは気のせいだろうか。周りの音も声も全て遮断されている、そんな感じがした。

時間が経つと女の子はぞうりを脱ぎ、さっそうと家の中に入っていった。
まるで何もなかったかのように。
「?...気にしなくてもいいか」
いや、よくない!全然よくない!!
よく考えたらおれがここにいることを知っていたんだよな?
それなら、おれがずっと見ていたこともバレたんじゃないのか?!あの子と話なんて一度もしたことないし、あっちから見たら、知らない人が自分のことをジロジロ見ている変人?!
振り返ったのも本当に自分を見ているのか確認するためじゃ……。
「うわぁぁぁぁぁああ、完全に変人だぁぁぁぁぁああ!」
やばい、死にたい。心の中で叫んだ。
頭を抱えて、その場にしゃがみ込んだ。

Re: 僕の声は君だけに <感想大歓迎!☆ ( No.32 )
日時: 2018/05/24 21:32
名前: ゆず

「「ええええええええっ!せのっちに気になる女の子ができたぁぁぁぁぁぁああ!!」」

「さ、叫ぶな!」
なんか、おかしい。

今日は夏休み、最初の補習授業の日。
赤点を取った人は強制的参加だが、その他の人は自由参加になっている。
そして、おれたちのクラスは夏休み中に全員で集まろうと言う話になり、計画を立てるため、一度学校に集まることになった。
授業が終わり、ゆう、陽茉莉、上島に昨日見た女の子のことを話そうと呼んだ。

そう、3人だけだ。
なのに、クラス全員集まっている。なぜだ。

周りがざわざわ賑わう中、一人瀬ノは机の上にうずくまっている。
クラスの男子が突然、泣き真似をしながら深刻そうに話す。
「まだガキだった瀬ノも、ついに...好きな人ができたのかぁあ!」
「お父さん、嬉しいぞ!」
「ううぅぅ...!」
「お母さんも、嬉しいぞ!」

完全なるバカ男子の悪ふざけだった。
体を大きく揺らし、腕を目に押し当てている。最後はゆうまで男子のノリに乗り、変なことを言っている。
まぁ、言う通り彼女なんてなおさら、好きな人なんていたことない。

「で、名前はなんて言うの?」

男子がふざけいる中、一人の女の子が声を上げる。
瞬間、教室は静まり返り、おれの方へと近づく。目は、早く知りたい!と言うかのように、光輝いていた。

「えっと...知らないんだよ、ね」

思わず弱々しい声が出る。
しかし、ここで嘘をつくと後が怖い...。このクラスは優しい人が多いが、興味があるとかなりしつこい。

だけど、おれの答えはかなりまずかったらしい。

「「はぁ?」」

Re: 僕の声は君だけに <感想大歓迎!☆ ( No.33 )
日時: 2018/05/27 19:28
名前: ゆず

さて、今何時だろうか。
朝の6時。
夏休みの朝6時。

「あぁぁぁぁあ!!なんでこんな早くから起きなきゃいけないんだよ...」
そうだ、おかしい。
夏休みという、自由な時間を寝て過ごす。なんて、楽しい時間なんだ!

Re: 僕の声は君だけに <感想大歓迎!☆ ( No.34 )
日時: 2018/08/17 19:04
名前: ゆず

まだ明るいとは言えない時間帯。

瀬ノはあの少女_歌っていた子の家の前にいる。そして、頭を抱えてしゃがんでいた。
きっと、誰もが見たらわかるだろう。
きっと、誰もが心配するだろう。

必ず何かヤバイことがあったのだろうと、感じさせるほどの真っ黒なオーラに。

(なんでおれは……)
何も目的がないわけではない。全ての原因は昨日のこと。
夏休み補習で学校に来ている時だ。





「は?瀬ノ、名前……知らないの?」
「うん」
「歳は?」
「さ、さぁ?」
「話したことは?」
「な…ない…」
あれ?おれそんなヤバイこと言ったかな。
クラスメイトの目が、獲物を今すぐにでも狩ろうとしている野獣だった。もちろん、獲物はおれだ。
囲まれていて、もう逃げ出せる状況じゃない。
(ダメだ……おればもう……死んでしまうのか。楽しい人生だったな)
完全に諦めた。事実上死ぬことはないが、精神的に死にそう。

「なぁ、瀬ノ……」
「ははははははは、はいぃ!!」
刃が剥かれたような低い声に思わず、変な声が出る。
お母さん、お父さん。今までありがとう。こんなおれでも役に立てたかな。
心で構える。
ここが教室で、相手はクラスメイトと言うことも、すっかり忘れて。

「一目惚れかぁぁぁぁぁぁああ!!」

「……へ?」
想像もつかなかった言葉に間抜けな声が漏れる。

目を星にして輝かせるクラスメイトたちが、どんどん距離を詰めてくる。
その恐怖に後ずさりをするものの、逃げ出せるわけがなく。
「ちょっ、お前ら……」

「さぁ、行こうじゃないか!その女の子の元へ!!」

おれはついに狩られた。

Re: 僕の声は君だけに <感想大歓迎!☆ ( No.35 )
日時: 2018/08/17 19:05
名前: ゆず


そして、現在にたどり着くのだが……。
(えっと、まず会ったらなんて言えばいい?!)
おはようございます?いい天気ですね?いやー偶然だなー?
ただの挨拶なのに、難しい顔をして考える。なんて、思うかもしれないが彼女はどこか周りの女の子とは違う。
なんというか、嫌な印象を付けたくない。
嫌われるというのが怖い。
できれば、好印象を付けた上で笑顔で優しく、そして友達として仲良くなりたい。

胸の奥そこでざわざわとうごめく、今までにはなかった感覚がある。

とりあえず、落ち着こう。
深く息を吸い、また吐く。
胸の高鳴りで聞こえなかった自然の音が耳に透き通る。


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。