コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

僕の声は君だけに。【No.90編集します】
日時: 2018/12/09 00:27
名前: ゆず
参照: http:/

_届かない

僕の声は君には届かない。
君が遠すぎるから。
だから……だから、会えなくていい。もう、忘れたっていい。
もう、あきらめた。そのはずだった。
なのにどうして、
  
      ___涙が溢れて止まらないんだ。

*******
どうも。えっと、こんばんはが多いかな。
この小説は、主人公の男の子が一途な恋をする物語です。
そして、男の子の友達の恋の行方にも注目です!


【主人公】 京也きょうや
高校二年 男子
身長は低い方,優しい,怖がり,心配症,照れるとかわいい
勉強は普通,運動神経は良い
目立つのは苦手だが、性格故にクラスの中心

【中心人物たち】
今井いまいゆう…瀬ノのクラスメイト,天然キャラでクラスの人気者
神城しんじょう陽茉莉ひまり…瀬ノのクラスメイト&幼馴染み,みんなのお姉さんのような存在だか、頭は良くない
上島じょうじま隆寺りゅうじ…高校からの友達,見た目はヤンキーだが意外に真は真面目、頭は良くない

目次
第一章  君の声が、そばに。
第1節 「約束の木下で」
>>001-004
>>007-018
第2節 「放課後の奇跡は」
>>020-023
>>027-029
>>031-042 >>045
第3節 「違和感を感じて」
>>048-053
>>062-063
>>072-079

第ニ章 君が、心から羨ましい。
第1節 「月夜の下、電話ラブコール
>>080-087
第2節 「
>>089-

#番外編『可愛いので許します……』>>057
#瀬ノグループキャラ設定>>074

*来てくださった方々*
・流聖さん
・MRKさん
・天使のような悪魔さん

そして、他に読んでくださっている方々へ。ありがとうございます。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17



Re: 僕の声は君だけに <感想お願い! ( No.18 )
日時: 2018/06/30 17:16
名前: ゆず

気づけば自分も少女と同じようにしていた。
願い事かぁ。願い事は昔から変わらない。
きっとどこかにいるはずの少女。姿は変わっていても、自分のことを忘れていてもいい。
「おれはあの子に会いた……」
い。
そう言うつもりだった。真っ暗な暗闇の中、何がいるかもわからないちょっと森の中、背後からカサッと音がするまでは。
え?な、何かいる?
体が恐怖という言葉に縛られて固まっている。
なんなのか確認したいが、そんな勇気もない。
ただ、自分の中でごまかすのに必死になっている。
動物か?い、いや、いるとしても、猫やうさぎやタヌキの小型動物だ。じゃあ、人が?いや、この場所を知っている人は少ないし、知っているとしてもこんな夜中に来るやつはいないだろう。
「そ、そうだ。風だったんだよ。まるで、幽...何もいない!」
正直言って全く風なんて全くは吹いていなかった。
恐る恐る振り返る。
何もいない。
安心したようにホッと一息つく。
「帰ろうかな」
木の方に振り返ると、木下に少女がいるような気がした。
笑っていたので、笑い返して手を振った。また来るという意味で。

階段の途中で足を止めた。
山の向こうから朝日が登ろうとしている。やばいな。もうそんな時間か。
前よりも急いで、階段を降りる。もう足は重くなかった。


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

階段の上。瀬ノの背中を見る少女がいた。
髪は長く、小柄な少女。
「やっと……見つけ、た……」
彼女の目には涙が溜まっていた。

Re: 僕の声は君だけに <感想大歓迎!☆ ( No.19 )
日時: 2018/05/03 11:03
名前: ゆず

次回、第2節「放課後の奇跡は」!

今まで読んでくれている人、ありがとうございます!
ついに、第1節終了しました。

これからも頑張っていくので、よろしくお願いします。
ぜひ、感想などがある人はどんどん書いてください!

以上、ゆずからでした!

Re: 僕の声は君だけに <感想大歓迎!☆ ( No.20 )
日時: 2018/06/30 17:17
名前: ゆず

第2節「放課後の奇跡は」

「暑い」
さすが7月と言えるムシムシとした暑さで、体も精神的にも重くなる。
いつも通うこの高校は無事に終業式を終え、夏休みに入ろうとしていた。
グラウンドからは運動部たちのやる気の入った声が。教室では夏休みをどう過ごそうかと話している。
なぜだろう。いつもならそのグループに混ざっているが、今日はそんな気がしない。セミの声が止まらないこの世界はおれにとって全ての音をうるさく感じてしまう。

つい最近まで大切らしいテストが行われていた。このテストで赤点を出すと、学校に来て補習らしい。
それだけは何があってもごめんだ。
夜中まで勉強したおかげか、いい結果を出すことはできた。
だか、寝不足と疲れで動く気力がない。
(午後から、バイト入ってるんだけどなぁ)
イスから立ち上がり、帰る準備をしようとすると、目の前が真っ暗になった。

「はい。だ~れだ!」

あいつだ。絶対あいつだ。
目から伝わる暖かさ、元気で威勢のいい声、背が低いために手を目に当てようとする時の肩の重み。そして、こんな子どものようなことをするのは。
「おい離せ!ゆう」
「あっバレた!?」
「分かるに決まってんだろ。こんなことする奴はお前しかいないだろうが!離せって、このバカ力!イデデ……」
「バカってなんだ、バカって!」
「分かった謝るから首しめんな!」

今井悠。
こいつはいつも子どもっぽいことをしてくる。元気で大きな瞳に、まだ無邪気さが残る口元、少しばかり茶色が混じったショートカットの髪型。人の悪口は言わず、悪気はない天然っぷり。そこだけを見るとすごく可愛い女の子の感じなのだが……」
この小さい体のどこにバカ力があるのかが知りたい。
そのせいで、おれにしがみついて、目隠ししながら首を絞めにかかっている状況が生まれる。
「お、おい。死ぬぞ!」
「先に謝れー」

「そのへんにしてあげて、ゆう」
笑うように聞こえた声。手の隙間からかすかに見えた真っ黒の長髪。
「ひ、陽真莉か?!助けてくれ」
手を払おうと必死に暴れまわって教室にいる奴から注目を集めていた。それに、机や椅子にぶつかり、体のあちらこちらが痛い……。
陽真莉はひょいとゆうを持ち上げて、おれから引き離して下に下ろした。やっと解放された目でゆうを見ると不満そうにムッツリとした顔でおれを睨んでいた。その隣には腰に手を当て、堂々と立っている陽真莉がいる。

Re: 僕の声は君だけに <感想大歓迎!☆ ( No.21 )
日時: 2018/05/04 21:45
名前: ゆず

神城陽真莉。

長い髪を一本で結び、女子のよるとすごくオシャレらしい。今は制服だが、私服ではその通りの気がする。
何より、おれより背が高いのがくやしすぎる...。
陽真莉とは小学生3年の時から仲良くなり始め、その時はおれの方が背が高かった。いつから差がつき始めたのかはわからない。
おれと同く帰宅部で、補欠に来て欲しいと言われるくらい運動神経はよく、男女友達が多く、下級生からはお姉様と呼ばれている。

だか、残念な所はある。一に勉強ができない。
授業中は周りの友達と喋ってばかりで先生に当てらるとテキトーに答えて怒られる。それが、いつものことだ。

そして、ゆうのことを異常と言っていいほど好きらしい。男子とも仲良く喋りかけられたりするが、よく陽真莉が追い払っているのを見かける。
しかし、最近はゆうが一つ年下の幼馴染の大野とか言う奴とよく話している。
しかも、ゆうから話しかけているので切り離すことができないらしい。

「あ」

教室の電気が消えた。無論、それは先生だった。
外が明るいとは言え、一言くらい運動神経かけてくれてもいいのではないかと思う。
ゆうに妨害された帰りの準備を再び始める。
気づいたらおれたち3人以外誰もいなかった。まぁ、当たり前か。準備を終え、教室を抜けようとした時、一人の存在がないことに気づいた。

「なぁ、軌柳は?」
「あ、あいつは赤点で再テスト」

かなりやばいことを涼しい顔ですんなりと言った。その言い方はまるで、当たり前じゃん、というように聞こえた。
少し軌柳がかわいそうに思える。いや、仕方ないかと思い直した。

Re: 僕の声は君だけに <感想大歓迎!☆ ( No.22 )
日時: 2018/06/30 17:17
名前: ゆず

(今日……バイト休もうかな……)

学校帰り、こっそりこんなことを考えている瀬ノだった。

まぁ、作者と同じく、休みないのが性格なのだが(笑)


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。