コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

乙女ゲーム的な日常…にならない!? 
日時: 2019/05/19 19:36
名前: *叶*

幕末にタイムスリップしちゃった私。

乙女ゲームみたいな日常を体験…ってまさかのできない!?

イケメンには冷たくされるし。

でもでも、頑張ってウハウハするんだから! 

>>1-8 タイムスリップと胸キュン編

>>9-14  平助編 

>>15-22   志士のこころざし

>>23-26  平助の恋心編

>>27-30   高杉さんの妾になる!?編

>>33-38   宵のどんちゃん騒ぎ編

>>39-40    嫉妬ヤキモチ編 〈土方side〉

>>41-44    壁ドン!?編  

>>45-52    総司の好きな人!?編

>>53-58    新たなる美男子登場編

>>59-61    藤堂さんと私の縁談!?編 

>>62-64    土方さんとデート!?編 

>>65-66    嫉妬ヤキモチ編〈藤堂side〉

>>67-68    原田さんの噂話編

>>69-71    土方さんの嫉妬?編 

>>73-79    斎藤さんと喧嘩編

>>80-84    絶体絶命!?編

>>85-98    『鬼』の理由ワケ

>>99-103    高杉さんからのてがみ

第2部 恋と動乱
序幕プロローグ  >>104
登場人物      >>105

>>106-113   藤堂さんとの喧嘩編
>>114-119    藤堂さんの想い編
>>122-    「泣かさない」    
         

☆読んでくださった方☆

みかんそるべ様
ひなた様 
ゆら葵様
キイチ様

☆諸注意のような物☆→>>90 

      

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26



Re: 乙女ゲーム的な日常…にならない!?  ( No.124 )
日時: 2019/04/30 14:00
名前: *叶*

「泣かさない…俺なら」

告白…!?
もしや。

嬉しい気持ち半分、この状態にまだ恐怖が半分。

夢にまで見たような状態なのに、力が怖かった。
少女漫画のような、ときめきは微塵も(というか少しだけしか)なかった。

すっと土方さんの手が、私の顔に触れた。
何をされるか怖くて、身体が強張る。

視界の端が、滲んできて、薄い幕で覆われたように、やがて視界がぼやけてきた。

自分が泣いている、と気づいたのは少し後だった。

私の表情を見たからか、土方さんの手の力が緩む。

その隙に、私は逃げ出した。

あの場合、泣いて正解だったのか?
嬉しがれば良かったのか。

部屋を出て、すぐに誰かの胸にぶつかった。
誰だろ…。
泣き顔を見られたくなくて、顔を伏せる。

「…春香さん?」

その声で私はすぐに誰かわかった。
いつも優しくて、可愛い──藤堂さんであると。

「どうし…なるほど」

訊きかけて、藤堂さんは納得したらしい。
何がわかったのだろうか…?
と私が聞く前に、藤堂さんが私を強く抱き締めた。

自然と顔が上がる。

「泣いてていいですから」

いつもより優しい声音で。
それが聞こえた直後、私は涙を堪えきれず、大声で泣いてしまった。

───そのときは、泣くのに必死で気付かなかった。
私が藤堂さんの胸の中で泣いている所を、偶然来ていたお千華ちゃんが見ていたことを…。

      *

【閲覧2100突破!!】

なんと!
2100突破です!!

2000突破で浮かれているところで更に良いことが!!
めちゃくちゃ嬉しくて、舞い上がっておりました←

読んでくださっている皆様、本当にありがとうございます!
これからもよろしくお願いしますm(_ _)m

      *
企画の春香プロフィールです(激遅)

名前*
仲里 春香

年齢*
(一応?←)16歳。

性格*
明るく前向き。
しかし、過去にいじめられた事があるので『人に拒絶される』ことが怖い。
常に乙女ゲームか少女漫画思考。
欠点は鈍感で、無駄に能天気なところ、少し人に流されやすい。
 
    

                                   

Re: 乙女ゲーム的な日常…にならない!?  ( No.125 )
日時: 2019/05/02 10:48
名前: *叶*

~お千華ちゃんと絶交!?~

ふわぁ…。

結局、昨日は藤堂さんが斎藤さんにお願いし、私は斎藤さんと総司の相部屋に泊まることになった。

「どうしたんですか~?」

と総司が訊いてきたけれど、斎藤さんが「余計なことを訊くな」と、飛び蹴りを食らわし黙った。

それを見たら自然と笑ってしまった。

もしかして、総司は私が笑うことを狙ってたのか…?
なんてね。

うーんと伸びをして、朝食を食べるために部屋を出た。

廊下で、偶然(というか必然?)土方さんと藤堂さんにバッタリ出くわした。

ちょっと気まずかったけど、私はなるべく元気に、

「おはようございます!!
昨日のは無かったことにしましょう!!」

と言って、二人の手を取った。

昨日のことを気にしたってしょうがないし。
それでも土方さんが好きなんだし。

あたふたする藤堂さんと、一瞬すまなさそうな顔した土方さんと。

私は、朝食をとる部屋に入った。

       *

【祝!令和(遅いけれど)】

令和になりました!
令和でも、今作をよろしくお願いしますm(_ _)m

ついでに人気投票も…((

よろしくお願いします!
                          

Re: 乙女ゲーム的な日常…にならない!?  ( No.126 )
日時: 2019/05/06 21:35
名前: *叶*

「よっ、悪女!!今日も誑かしてんなぁ」

こんな不躾な発言は誰か?
見るまでもない。
原田さんだ。

「悪女で結構!誑かしてるかはわかんないけど」

そう切り返すと、原田さんがニヤニヤと笑んだ。
そういやこの人、野次馬気質だ。

「平助の顔をみても言えるのか??」

私は、藤堂さんの顔を覗き込んだ。
途端に藤堂さんはトマト並みに真っ赤になった。
……こっちまで恥ずかしくなるじゃん…。

でも可愛いや。

私は、藤堂さんの隣に座り、ご飯 を食べ始める。
ん~~っ!
白米はおいしいわぁ。
つくづく日本人で良かったなあ、と思う。

「…幸せそうだな」

斎藤さんが何時もどおりの無表情で言った。
ええ幸せですとも!

あっという間に満腹になり、私は立ち上がる。
続いて藤堂さんも。

藤堂さんが私の耳に、口を寄せた。
綺麗な顔が近付いてきて、ドキッ…とした。

「あの…部屋に来てくれませんか??」

照れくさそうに藤堂さんは囁いた。
どんな用事なんだろう…?
  
                

Re: 乙女ゲーム的な日常…にならない!?  ( No.127 )
日時: 2019/05/11 17:31
名前: *叶*

藤堂さんと原田さんの部屋に行き、障子を開けると。

「ニャー」

藤堂さんの膝に、三毛猫が乗っかっていた。
え、もしかして『来てくれ』とはこれを伝えるため?
ちょっとガッカリしたけども(告白かと予想してたから)、子猫は可愛い。

三毛猫の雄は珍しいんよなぁと雑学を思い出しながら、藤堂さんに駆け寄る。
三毛猫の雄は珍しいから恐らくこの子猫は雌だ。

「めっちゃ可愛い!」

私は、藤堂さんの膝の上にいる子猫を撫でる。
もふもふは正義だぁっ!!

「つい最近、拾いまして」

なるほど。
心優しい藤堂さん、見捨てておけなかったんだなぁ…。
なんか萌える。
えっと、アレだ。

美青年+子猫=萌え

この公式は絶対だ。
少なくとも藤堂さんと子猫の相性は抜群!

「名前、決めたんですか?」

シンプルに考えるなら、ミケとか?

藤堂さんは、困ったように眉を下げた。

「決めてないんです…それで春香さんに決めてもらおうと思いまして」

ええっ!?
責任重大。
私は、必死にない知識をフル活用しようと、頭を抱えた。
                  

Re: 乙女ゲーム的な日常…にならない!?  ( No.128 )
日時: 2019/05/19 19:34
名前: *叶*

ない知識を振り絞ると。

以前、なんかの本でみたような知識を思い出した。
あやふやだけども。

確か、武士は潔さを大切にしてたんだっけ。
潔い花=桜。
…勉強サボるために読んでた本の内容で、「ほへぇ~」と思い、メモったはず。

ってことで。
安直だけど、子猫の名前は決めた。

「『サクラ』はどうでしょうか?」

新選組というか武士の考え方をモチーフにしたので、と言い訳がましく付け足すと。
 
藤堂さんが顔を上げた。



      *

人気投票ありがとうございました!!
結果を受け、特別短編でも書こうかと((
平助視点で書きます!
…とか言いつつ、忙しくて更新が遅くなるかもしれませ((
更新が亀になっても、今作をよろしくお願いしますm(_ _)m
 

              


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。