コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

乙女ゲーム的な日常…にならない!? 
日時: 2019/02/24 09:59
名前: *叶*

幕末にタイムスリップしちゃった私。

乙女ゲームみたいな日常を体験…ってまさかのできない!?

イケメンには冷たくされるし。

でもでも、頑張ってウハウハするんだから! 

>>1-8 タイムスリップと胸キュン編

>>9-14  平助編 

>>15-22   志士のこころざし

>>23-26  平助の恋心編

>>27-30   高杉さんの妾になる!?編

>>33-38   宵のどんちゃん騒ぎ編

>>39-40    嫉妬ヤキモチ編 〈土方side〉

>>41-44    壁ドン!?編  

>>45-52    総司の好きな人!?編

>>53-58    新たなる美男子登場編

>>59-61    藤堂さんと私の縁談!?編 

>>62-64    土方さんとデート!?編 

>>65-66    嫉妬ヤキモチ編〈藤堂side〉

>>67-68    原田さんの噂話編

>>69-71    土方さんの嫉妬?編 

>>73-79    斎藤さんと喧嘩編

>>80-84    絶体絶命!?編

>>85-98    『鬼』の理由ワケ

>>99-    高杉さんからのてがみ編        

☆読んでくださった方☆

みかんそるべ様
ひなた様 
ゆら葵様

☆諸注意のような物☆→>>90 

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21



Re: 乙女ゲーム的な日常…にならない!?  ( No.101 )
日時: 2019/03/08 21:30
名前: *叶*

>>99

お千華ちゃんはチラチラとあたりを伺いながら私にそっと紙切れ?を手渡した。

お千華ちゃんが気にしてるのは…。

「平助~、おんな買いに行こうぜっ!」

「…っ、いきなり何を言うかと思ったら!そんな下世話な所、行きたくないですよ!」

藤堂さんが原田さんに絡まれている。
わぁ~…可哀想だな…。
原田さんがニヤニヤとこちらを見やりながら、

「そうかあ…せっかく引く手あまたの平助様なのになぁ…あの綺麗な天神を…」

と何やら変なことを言っているようだ。
藤堂さんの顔はトマト並みに真っ赤!

「それ以上言ったら許しません!」

藤堂さんが原田さんを追いかける。
まあ日常茶飯事だしね…。

「あっ、春香、この文はね、“東行さん”という方からなの」

藤堂さんにみとれた後に、お千華ちゃんは慌てて言った。
それから私の耳元に口を寄せ、

「長州の“高杉さん”からよ…東行さんは高杉さんの変名だから」

なるほど。
さすがに新選組ココで高杉さんの名前を出すわけにはいかないもんね。

「その文の返事、私が渡すから書いたら私に──お願いね?」

お千華ちゃんはにっこり微笑んだ。
とても明るくて、希望に満ちあふれてるような、魅力的な笑顔。

───こりゃ総司も惚れるわな…。

私は1人、納得したのだった。
                                
          

Re: 乙女ゲーム的な日常…にならない!?  ( No.102 )
日時: 2019/03/11 09:33
名前: *叶*

高杉さんからの手紙を広げてみると。

ん?
んんっ──?

何だろう…ミミズが這ったような文字が溢れている。
どうやって読むの!?

私は、お千華ちゃんに頼み込む。

「お願い!朗読してくれる?」

お千華ちゃんは少し嘆息して、それから手紙を朗読してくれた。

「『春香は元気か?
まあお前に限って風邪だの怪我だのはないよな。
お前が俺を心配してると思って、報告する。
俺は長州で危うい立場になりそうだ。
だからなかなか京に行けなくなりそうだが、不安になって泣くなよ。
話は変わるが、お前、壬生浪士組に入ってるらしいな。
あいつらは危険だ。
危うくなったらいつでも俺に連絡するか、長州藩屋敷に身を隠せ。
そしたら俺がお前をさらいに行くからな。
まあ、元気でな。 東行』」 

(ちなみにこの内容はお千華ちゃんが要約して読んでくれた。いや、本当にお千華ちゃん、優しいわ!)

なんだ最後の『浚いに行くからな』は!?

えっえっ!?

狼狽える私を見て、お千華ちゃんは少し微笑んで、

「要は『俺を頼れ』よ。いい後ろ盾がいて良かったじゃない?」

んん~、そうなのか?

でもまあ、高杉さんが元気なのはよく分かったし。
高杉さんなら危うい立場だろうと楽々と乗り越えそう。

よし!
頑張ってお返事書こうかな!

私はお千華ちゃんを団子屋まで送り、それから屯所に駆け戻る。

土方さんの部屋に入って文机に向かう。
筆は少しだけ習ったこともある。
墨をすって、はたと気付く。

「紙…なくね!?」

借りるべきかなあ?

こういう時、頼りになるのは山南さんだ!

私は、山南さんの部屋へと駆けだした。
                                   

Re: 乙女ゲーム的な日常…にならない!?  ( No.103 )
日時: 2019/03/15 17:06
名前: *叶*

山南さんに紙をもらい、なんとか手紙を書き始める。

まずはどう書こうかな───?

『高杉さんへ
私は元気です。
でもやはりみやこは血なまぐさい事件ばかりで少し怖いです。
でもまあなんとかやってますよ。
もしも京へまた来れるなら、ぜひお団子奢ってくださいね?
待ってます。     春香』

こんな感じでどうかな!

これなら近況報告がてらお団子をせがめるしね。

お団子と言えば。
最近はめっきり食べてないしなあ~。
久しぶりに食べにいこうかな。

私は、藤堂さんを誘いに、走り出した。

*第1部完結*



はいっ!
作者です。

閲覧1600越え&第1部完結です(*´∀`*)ノ

1600超えるとは当初思ってませんでした(毎度の事ながら)

本当にありがとうございますm(_ _)m

そして第1部が終わりました!
続いては第2部に移ります。

スレは変わらないので第1部も見返してくださったり、コメントももらえると非常に嬉しいです(`・ω・´)キリッ

目次…というか章のまとめ方も変えるかもしれません。
(まあ、わかりませんがね←)

これからもこの作品をよろしくお願いします!

駄作ながらも完結を目指します。

第2部も読んでくださると嬉しいです(*⌒▽⌒*) 

これからもお願いします(二回目)m(_ _)m
    
                   

Re: 乙女ゲーム的な日常…にならない!?  ( No.104 )
日時: 2019/03/18 19:15
名前: *叶*

第2部 【恋と動乱】

序幕プロローグ

「好きなんだっ…って言えたらどれだけ楽になれるのだろう」

止まらない想い。

「え…このときめきって…?」

初めて気付く想い。

「───“大切”に変わりはない」

胸に秘めた恋。

「叶わなくても良いから…ちょっとだけでも」

切ない恋。


四つの恋と想いが複雑に絡まる中、時代は残酷に、けれど確かに未来へと進んでゆく───。

          

Re: 乙女ゲーム的な日常…にならない!?  ( No.105 )
日時: 2019/03/20 18:30
名前: *叶*

改めて登場人物まとめ

*仲里 春香
女主人公ヒロイン
明るくポジティブ…しかし鈍感。
食い意地が凄い(色々と)。 
かなりのがさつ。
1日に皿を2枚割るのは日常茶飯事…。

*土方 歳三
新選組副長。
かなり厳しい。
あだなは『鬼の副長』。

*藤堂 平助
新選組幹部。
剣術の腕もさることながら、教養もある文武両道。

*お千華 
団子屋の娘。
春香と仲がよい。


…この他にも登場人物がでる場合、その都度付け足します。 
        


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。