コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

乙女ゲーム的な日常…にならない!? 
日時: 2019/05/19 19:36
名前: *叶*

幕末にタイムスリップしちゃった私。

乙女ゲームみたいな日常を体験…ってまさかのできない!?

イケメンには冷たくされるし。

でもでも、頑張ってウハウハするんだから! 

>>1-8 タイムスリップと胸キュン編

>>9-14  平助編 

>>15-22   志士のこころざし

>>23-26  平助の恋心編

>>27-30   高杉さんの妾になる!?編

>>33-38   宵のどんちゃん騒ぎ編

>>39-40    嫉妬ヤキモチ編 〈土方side〉

>>41-44    壁ドン!?編  

>>45-52    総司の好きな人!?編

>>53-58    新たなる美男子登場編

>>59-61    藤堂さんと私の縁談!?編 

>>62-64    土方さんとデート!?編 

>>65-66    嫉妬ヤキモチ編〈藤堂side〉

>>67-68    原田さんの噂話編

>>69-71    土方さんの嫉妬?編 

>>73-79    斎藤さんと喧嘩編

>>80-84    絶体絶命!?編

>>85-98    『鬼』の理由ワケ

>>99-103    高杉さんからのてがみ

第2部 恋と動乱
序幕プロローグ  >>104
登場人物      >>105

>>106-113   藤堂さんとの喧嘩編
>>114-119    藤堂さんの想い編
>>122-    「泣かさない」    
         

☆読んでくださった方☆

みかんそるべ様
ひなた様 
ゆら葵様
キイチ様

☆諸注意のような物☆→>>90 

      

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27



Re: 乙女ゲーム的な日常…にならない!?  ( No.128 )
日時: 2019/05/19 19:34
名前: *叶*

ない知識を振り絞ると。

以前、なんかの本でみたような知識を思い出した。
あやふやだけども。

確か、武士は潔さを大切にしてたんだっけ。
潔い花=桜。
…勉強サボるために読んでた本の内容で、「ほへぇ~」と思い、メモったはず。

ってことで。
安直だけど、子猫の名前は決めた。

「『サクラ』はどうでしょうか?」

新選組というか武士の考え方をモチーフにしたので、と言い訳がましく付け足すと。
 
藤堂さんが顔を上げた。



      *

人気投票ありがとうございました!!
結果を受け、特別短編でも書こうかと((
平助視点で書きます!
…とか言いつつ、忙しくて更新が遅くなるかもしれませ((
更新が亀になっても、今作をよろしくお願いしますm(_ _)m
 

              

Re: 乙女ゲーム的な日常…にならない!?  ( No.129 )
日時: 2019/06/09 16:21
名前: *叶*

「良いですね、『サクラ』」

藤堂さんがニコッと微笑む。
綺麗な花が開いていくような感じの笑顔。
………尊い!!

「原田さんには言ってるんですか?」

サクラを飼っていること。
藤堂さんは困ったように視線を反らす。
…言いにくいのね。

せめて同室の人には言おうよ。

「春香さんとの、2人だけの秘密にしたかったんです」

恥ずかしそうに顔を赤らめて、藤堂さんが言った。
『2人だけの』…。

心臓がドクンと飛び跳ねる。

『2人だけ』の甘い響きがすごく素敵で。

………………胸がキュンと熱くなったのはもちろん秘密だ。
 
   

Re: 乙女ゲーム的な日常…にならない!?  ( No.130 )
日時: 2019/06/14 21:21
名前: *叶*

「出かけますか」

サクラを撫でていると、不意に藤堂さんが私の顔を覗き込む。
整った顔が近付いてきて、ドキンと胸が高鳴った。
……恋する乙女みたいだな、私!

「はいっ!」

タダでお団子を食べれるし、…それに。
キュンと鳴る心音に、私はある予感をしていた。
…まさかね?

「行きましょう」

立ち上がった藤堂さんに続いて、私もすっくと立った。
 

Re: 乙女ゲーム的な日常…にならない!?  ( No.131 )
日時: 2019/06/25 18:37
名前: *叶*

お団子屋に着いて、私はすぐにお千華ちゃんを見つけた。

「お千華ちゃーん!」

声を張り上げて、名前を呼ぶと。

振り返ったお千華ちゃんの表情が、ゆっくりと強ばっていく。
そして、ふいっと顔を逸らし、店の奥へと走り去っていった。

えっと‥?

今の、無視、された…??

なんで、無視されなきゃいけないんだろう。

首を傾げながら、私は胸が小さく痛むのを感じていた。

     

Re: 乙女ゲーム的な日常…にならない!?  ( No.132 )
日時: 2019/07/11 08:07
名前: *叶*

藤堂さんが、不思議そうに言う。

「気付かなかったわけじゃないですよね?」

「はい、絶対に」

気付いてなかったら、あんなに顔を強ばらせる理由がないじゃない。

私は、店の奥に入った。

入り口の横に、お千華ちゃんが佇んでいた。

「あの、……お千華ちゃん?」

呼びかけながら、そっと肩を叩くと。

「触んないで!!」

強く、押し返された。
あまりの勢いにバランスを崩す。
藤堂さんに抱き留められ、なんとか体勢を戻すと。

「………『応援する』なんて嘘だったのね。…………もう、しばらく話しかけないで」

お千華ちゃんが顔を俯かせて、私の横を通り過ぎて行った────。
    


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。