コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

わがまま彼氏。
日時: 2019/01/10 17:59
名前: 瀬戸田まり

イケメンで、カッコよくて、モテモテで……我が儘な彼氏ができました。

Page:1



Re: わがまま彼氏。 ( No.1 )
日時: 2019/01/19 22:02
名前: 瀬戸田まり



あたしは臆病だけど強気なオンナノコ。
名前は……藤岡結愛ふじおかゆな
中学3年生です。

「ゆなのこと好きなんだけど」

突然告白されるまでは……平凡な生活を送っていました。

Re: わがまま彼氏。 ( No.2 )
日時: 2019/01/10 18:12
名前: 瀬戸田まり


 01*あたしの好きなトコ。

彼氏の名前は瀬戸山愛翔せとやまあいと
同じクラスで話したことは1,2回程度。

「付き合うって……なんで」
「ゆなのことが好きだからだよ」

なんの恥じらいもなくそう言う。
あたしは愛翔のことが好きとか……では、なかったんだけど。

「あたしの、どこが好きで……そんな」
「どこって」

一拍おいて彼は言う。

「俺もわかんない」

Re: わがまま彼氏。 ( No.3 )
日時: 2019/01/13 09:40
名前: 瀬戸田まり



  02*君のはじめて


「わかんないって……」
「……わかんないからしかたないでしょ」
「あ、うん……」

愛翔とは、小学校からの付き合いで、話すことは中々なかったけれど、やはりモテることで有名だったのもあって顔と名前は一致していた。

「愛翔……は、今まで何人に告白されたの?」
「何人だろー? 20……くらい?」

……うわ。凄いなあ。

「愛翔が、告白したのは……?」
かえ
「ゆなが初めてだよ。俺が好きなの、ゆなくらいだもん」

……そう言うのは、反則じゃないかなあ。

「あ、そろそろ帰ろーよ」
「愛翔はバスじゃなかった?」
「ん? 引っ越したの!」

愛翔は、たしか一戸建てだった気がするんだけど……お金持ちだもんね、家を2つ持ってても違和感はない……か。

「……ほら、手」

周りには誰もいないし、そういう性格なのは知ってたけど……。

恥ずかしがらないで、よく言えるよね?

「……嫌?」

こてん、と首を傾げて尋ねる姿に思わず心臓がどくんと跳ねる。

「……嫌じゃ、ない」


Page:1



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。