コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

修羅神様の日常【一話完結】
日時: 2019/06/21 19:29
名前: 名有りさん

俺は修羅の神だ。
仕事は、天界に来た悪魔どもの駆除である。
これは、修羅の神である俺が体験した沢山の話を記した物だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
0話「最初の話」
広大な天界を歩く、神がいた。
その神は、【修羅神しゅらしん】と呼ばれていた。
見た目は、少し背が低く、黒と赤が混じった髪。少しボロい服を着て、背中に二本の剣が差さっている。
そんな修羅神は、今日も仕事をしていた。
「また悪魔か...もう邪神とか来ないかな...」
そう言いつつ、剣を抜き、応戦する。というか、瞬殺する。
「ギャアア!」
「ヒィィィ!」
「逃げ...」
「ふう、片付いた。」
そう言うと、悪魔の死体を一箇所に集め、去った。
家に帰ると...
「死ね!」
オウムらしき生物がそう言った。
「死ねじゃなくて、お帰り、だろ?」
「死ね!」
「だから死ねじゃねえって言ってんだろ!そろそろ焼き鳥にすっぞ!」
「焼き鳥だけはやめとくれ!」
「普通に喋れんのかよ!」
そんなどうでもいい会話を交わしていると、家が無くなった。
「これ建てるの大変だったから...壊さないで欲しいんだがな...」
「死ね!」
「お前も生きてたのかよ!死ねよ!」
「ひでえな!」
「とりあえず、家をぶち壊しやがった奴を殺しに行くぞ!」
「死ね!」
無視して飛んで行った。
「無視かよ...」
そう呟くと、オウムも追いかけた。
「居たぞ!」
そこには、破壊神が...
「誰でもいいから、ぶっ飛ばす!」
スパッと斬った。
そして、それは着ぐるみだった。
中身は悪魔。
「着ぐるみじゃねえかあああ!」
ーーーーーーーーーーーーーーーー
あとがき

どうでした?
短編系は苦手ですが、キノの旅好きなので、書いてみました。
これから、不定期ながらちょいちょい投稿していきます。
よろしくお願いします!
1〜5話>>1-5

見てくださっている方

友桃とももさん>>10

感謝!*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

Page:1 2 3 4 5



Re: 修羅神様の日常(1話完結) ( No.17 )
日時: 2019/06/14 19:15
名前: 友桃 ◆NsLg9LxcnY
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel1a/index.cgi?mode=view&no=10985

こんばんは、友桃です。
ちょっと久しぶりになっちゃいました。

おもしろかったです笑 一気読みしました。部屋に他の人もいるのに1人でくすくす笑ってて絶対怪しかったと思う笑

オチがない展開もおもしろかったし、ピールがたまにまともにしゃべる内容がシュールで笑いました。

また来ます^^
更新頑張ってください!

Re: 修羅神様の日常(1話完結) ( No.18 )
日時: 2019/06/16 19:57
名前: 名有りさん

13話 「戦いの話」

ーーーーーーーーーーーーーーーー
「なあ、ピールって戦えんの?」
ここは修羅神家。
そこで修羅神がピールに問いかけた。
「あ、俺は...」
ピールが目を泳がせると、
「どうせ戦えないんだろ?」
修羅神が嘲笑うように笑った。
「別に、戦えないわけじゃ無いし!必殺技の1つや2つ持ってるし!」
ピールが焦って言い、
「必殺技は2つも使わないだろ...」
修羅神が呆れの混じった笑いをした。
今回修羅神笑い過ぎだね。
「まあ良いや。で、新しく入った疫神君は戦えんの?」
ちなみに疫神歓迎パーティー中。
「ぼ、僕は、戦えます...」
新入りで自信が無い疫神さん。
「そっか。じゃ、とりま一回戦ってみますか。」
「え、えぇ...」
ーーーーーーーーーーーーーーーー
天界闘技場

「どのくらい強いのかな〜♪」
「勝てる気がしない...」
楽しそうな1人と、自信の無い1人。
温度差やばい。
「Ready、Fight!」
「格闘ゲームかよ...」
戦いが始まった。
「僕から行きますよ!」
疫神動いた。
「重力操作...対象、修羅神。」
重力が修羅神だけ変わり、壁に打ち付けられる。
「いってえ...」
修羅神も剣を抜き、飛びかかる。
「無駄です、重力は覆せない。」
でもまた壁に打ち付けられる。
「じゃあここから攻撃。」
「【我、汝に〜〜〜(詠唱長い)】」
「今回の修羅は、とっておき♪」
ーーーーーーーーーーーーーーーー
修羅の世界

此処何処ここどこ産業さんぎょう...」

続編に続く
ーーーーーーーーーーーーーーーー
あとがき

投稿遅くなりました!
今回ネタ要素少なかったかな?
次回はもうちょっとネタを...

(°▽°)ノ バイバーイ

Re: 修羅神様の日常【一話完結】 ( No.19 )
日時: 2019/06/21 19:56
名前: 名有りさん

14話 「叱る話」

ーーーーーーーーーーーーーーーー
前回の事は置いといて。

今日は新人の神、地位神さんの歓迎パーティー。
「よっしゃ!パーティーだから酒飲める〜♪」
今日は張り切っちゃう修羅神さん。
「俺は酒飲まん...」
酒が飲めないピールさん。
牛魔人カウァーク丼おいしい!」
牛魔人丼、まあ牛丼にがっつく新人の地位神さん。
「おい貴様!」
ガークさん...かと思いきや、修羅神さんが、怒った口調で地位神に話しかけた。
「な、何ですか!?」
地位神さん超驚く。
「貴様、牛丼を勝手に食べたな?」
「え、あ、はい...」
「な、何か...良くなかったり...?」
「いや、まあ?俺は寛大だから、どっかの四次元青狸ドラへもんの家の近所のカミナリ(漢字知らん)さん
みたいに激怒はしないよ?でもさ、俺だって食いたいじゃん。」
「あ、すいません...ところで、四次元青ドラへも...」
それ以上言わないで。消される。
「すいません。」
「でも、僕だって食べたいです!」
「あ?(威圧)」
圧倒的な修羅神の威圧。
「.........」
「ま、好きに食っとけ。」
「結局良かったのかよ...」
「あ?なんだその言葉使い。」
「...」
ーーーーーーーーーーーーーーーー
あとがき

今日はかつてないほどに言っちゃいけないことをネタにしてしまた...
という事で

(°▽°)ノ バイバーイ

Re: 修羅神様の日常【一話完結】 ( No.20 )
日時: 2019/06/29 10:38
名前: 名有りさん

大変申し訳ございませんが、
リアル事情で小説の執筆を休止とさせていただきます。
期間は決まっておりませんが、早めに戻って来れるように努力いたしますので、

ご了承お願いいたします。

Re: 修羅神様の日常【一話完結】 ( No.21 )
日時: 2019/06/29 15:15
名前: 友桃 ◆NsLg9LxcnY


>>20

それは残念……(´Д⊂ヽ
更新再開まってまーす!


Page:1 2 3 4 5



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。