コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

恋刻ノ御伽草子
日時: 2019/03/15 22:05
名前: キイチ ◆V9lDD2BSz2
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel1a/index.cgi?mode=view&no=11705

 ほむらが舞う。其れはくれないの華のようにも見える美しくもあやしげな火が辺りを包む。

 魅入みいられてはならない、死にいざなわれるから。

「っ......何でこうなるんだ、よ」

 その最中さなかに死がすぐ其処そこまで来ているのにもかかわらず自分に対しての苛立ちからかそれとも後悔から来た言葉なのかは分からないが小さくしかしはっきりい、持っていた刀が手からすべり地面に落ちた。

 これで何回目? と誰かが男性に向かって問う。

「っ知るかよ。 俺があきらめるまでか、この結末けつまつを変えるまで何回も、何度でもやる」

 だから、付き合えよ? とその誰かが男性には分かるのか声を聞いた途端、男性の表情がやわらぎ、誰かに毒づきながらも不敵ふてきに笑って言う。

 勿論もちろん。だけど、貴方の願いは? と男性に向けて誰かはまた問う。この返事をする前に男性は完全に火に包まれ消えてった。

______________________


 御早う御座います、キイチです。ツクガタリ。まだ序盤ですが、大分前ノートに書いていたのをリメイクして書いていきたいと思いますんで宜しゅう頼みますわ。

 尚、ツクガタリから【蒼恋ノ御伽草子】に変更致しました。【蒼恋ノ御伽草子】と同じく基本ロックしながら書いていきますんで皆様のコメント(書き込み)は控えるよう御理解・御協力お願い致します。

Page:1 2



Re: 恋刻ノ御伽草子 ( No.2 )
日時: 2019/03/14 17:53
名前: キイチ ◆V9lDD2BSz2

 彼が描き上げたのははと手提てさげをぶら下げている絵、鳩と手提げの下に学園の名と自分の名と行き先を書き記す【能力特化学園 鴇永ときなが そらの机まで】と付け足した絵に空は息を吹き掛ける。すると、絵だったものは実体化しまるで生きているかのように動き出す。絵は実体化したからか描いた痕跡こんせきが消えていた。

 描いたものが実現・実体化する能力で能力の名は【絵現かいげん】と云う。空は絵現と後2つ能力を持っていた。其れは書いたものにのみ書いた内容が本当になる能力で能力名は【有筆ゆうひつ】。そして、もう1つの能力は空自身も知らないので現時点で使える能力は2つで、学園から認知されているのも2つのみだった。

 空は絵現した目の前に居る白黒モノクロの鳩を見たのち、その手提げに今日使う教科書やノート、筆箱を入れてから窓を開ける。

「んじゃ、頼む」

 鳩をゆっくり言葉と共に一撫ですると、鳩は空の言葉を理解したようにこくっと頷き、外へ羽ばたいて行った。その様子を見送った後、自分も学校へ向かうのか身をひるがえして玄関へ学校へと向かう。

 階段をりて真っ先に目に飛び込んだのは、目の前にある建物が洋から和に変わっていた。其れも何だか時代劇......否、戦国時代にあるような建物に変わっていて、空は え?とまだ夢の中かと目に映る光景が信じられずにまばたきを数回して目をこする。しかし、目の前の光景、景色は変わらず現実だとさとる。

「あー...確か、放送で江戸時代を再現さいげんしたって云っていたな」

 聞き流していた放送の内容を思い出したのか、納得なっとくはしたもののこうも建物まで夢で見た光景と一緒だと愈々いよいよ、現実味がびてきた為か、素直にすごいとか驚く事も出来ず覇気はきのないやけに冷淡れいたんとした口調で興味無さげにしかし、確信を持って云えないので疑問系になりながら自身の後頭部を無意識にいたのち、放送に耳をかたむけつつ歩き始めた。

『吉井先生の能力により昨夜さくやで建物、学校等の建築物を作り、私の能力、時間旅行タイムスリップ複写コピーで復元し風景までも当時のを再現して忠実に......嗚呼、生活に支障ししょうない程度になって居るので、ガス・水道・電気、浴室・トイレは今まで通りに使えるようにしているので__』

「はー、放送越しで正解______っ?」

 学校へと向かいながら放送を聞いていたが、長い。まだ聞いてから其ほど経ってない筈が聞ききたと聞き手に回る。聞くのが億劫になってしまうくらい酷く関心の得ないものでため息にも似た吐息を吐いてからこんな長話、校庭か体育館で聞かされていたらと思うと、違和感はまだぬぐえないが、ただ棒立ちしながら聞くよりは幾分いくぶんマシだと云うように声に出すも、その途中で背中に突き刺さるような視線を感じて固唾かたずを飲む。

 ピリピリと張り詰めた空気に一瞬して変わり、明らかに好意的じゃない視線。殺意さついふくんだ視線。だが、誰かににくまれるような事はした覚えがない。

 しかし、自分の知らない内に誰かにうらまれる。憎まれたり嫌な思いをさせたりなんてこの世界ではよくある事。その類いだと思いはするも、矢張やはり身の覚えがない事だからか、徐々に歩くペースを早め、曲がり角に差し掛かれば直ぐ様、駆け出した。

Re: 恋刻ノ御伽草子 ( No.3 )
日時: 2019/03/08 22:20
名前: キイチ ◆V9lDD2BSz2

 空が駆け出すと、追い掛けてくる足音が複数聞こえて来る。1人だと思っていたからか、その多さに思わず振り向こうとするが

「いやー! ちょっ、ちょっと何で追い掛けてくるの?! 来ないで!」

 聞き覚えのある声が空の耳に届き、反射的に足が聞こえてきた方へと駆ける。空が今の現状より優先したような行動は、同級生クラスメート友達ダチ姫咲きさき 千早ちはやの声だからというのが大きく、声を聞く限り混乱パニック状態で空と同じ誰かに追われているような只事ただごとではない状況だってことは声だけでも分かる。

 近付くにつれ、行く手を阻んでいる。恐らく千早を追い掛けている見掛けない学園内には居ないような男達を見てぴんっと来たのかはっとしたような顔をした後に。

(あの校長やろう、向こうの奴等やつらまで複写コピーしたって事かよ!)

「っ姫早ひめさ!」

 空自身が付けた千早の渾名あだな。この渾名は千早と初めて会ってから二日ふつかもしない内に付けて其れ以来ずっとこの渾名で呼んでいる。

 時たまに、姫っちとか姫なんて色々別の渾名で呼んでいるが、其れは千早の緊張や不安そうな顔をした時、余計な事を考えている時に笑わせたいが為に呼んでいる渾名だった。

 千早の渾名を呼び、自分も追い掛けられている身である為か止まることも後ろを振り返る事もなく千早を追い掛けている男達の合間あいまくぐり、千早の手を掴んで手を引きながら学校へと走って向かう。

 追い掛けている男達をくように出鱈目でたらめに。
 
 けれど、確実に学校へと近付いてたが、この状況では撒くには時間的にも無理がある事を悟る。

 しかし、千早一人で逃げられる可能性は先程の光景をの当たりにした空からしてみれば低くかと云って千早が空と複数相手にする、しては千早をかばいながら相手をするのはあまりにも無謀むぼうだと云えた。

 本音を云えば、傍に居てくれた方が安心するが、傷付けたりされたりする光景を千早に見せたくはない。其れに千早が悲しんだり心配したり怖がられたりしたら困るのも事実で空は、走りながら時より千早を気遣きづかうように目をくばり、声を掛けつつ思案しあんをする。

Re: 恋刻ノ御伽草子 ( No.4 )
日時: 2019/03/14 17:59
名前: キイチ ◆V9lDD2BSz2

 だが、頭の中で幾ら思案しても良い案は中々出てこず、体力と気力が無くなりかけているからか次第に
 
「んやろっ!」

 なか自棄やけに近い心境で。空は、自分の示指しじんで血を出せば、壁に走り描きのように絵を素早く描き、殴り書きで【大きい早馬。千早を学校まで乗せく。】と有筆と絵現の能力を発動させる。

 大きい早馬と書いたのは急いで描いた馬で小さく雑だから。描いた大きさで雑なまま実体化してしまう可能性があるので有筆で付け足したのだった。血で描いたのでとある映画に出てくる感染した犬のようなで立ちになるかと危惧きぐした空だが、建物が木材で出来ているからか色味がうつり、赤いオーラをまとう力強い赤茶の馬がまたたに現れて

「きゃっ?!」

「その馬は俺の能力だから、安心して良い! 姫早を頼んだっ!」

 完全に実体化した時には千早を乗せた状態で急に目線が高くなったからか可愛らしい驚いたような声が千早からがる。繋がれた手は千早が浮上した際に放しており、有筆通りにしかし、合図がないからか空と同じペースで走っていたが、焦りからか空の切羽せっばまった声を聞き届けるとぐんっと一気にペースを上げて千早を乗せたまま学校へと走り去ってく。

 走り去る前に千早が何か云ったような気がするが、よく聞き取れなかったのと千早の言葉を聞いている余裕などないのもあり、気のせいだと心の裡で言い聞かせる。 

 そうしなければ、千早が何て云ったか、気になって気になり過ぎてその事で頭の中が一杯になって仕方ないから。不意に千早を危機から遠ざけたからかそれともすでに千早の事で一杯だからか追われているのにもかかわらず笑みがこぼれ落ちた。

「やべえな、姫早の破壊力。 凄すぎて、頑張れそうだ」

 逃げている間にわされたやり取りと最後に聞いた千早の驚いたような声を思い出したようで思わず口から出てしまう。走り疲れた筈が特に応援もされてないのに千早の声を聞いただけで活力が溢れてくる。

 千早にそんな能力なんてなく千早の能力は自分を好きな動物や物に姿を変えられる【変身】で他人に力等を与える【付加ふか】じゃない筈が空には千早の声を聞いただけ或いは見ただけで頑張れる気が、多少無茶な事でも今なら出来そうだと思えるから不思議だ。

 もしかしたら、自分が想う以上に千早の事が好きかも知れないと。だが、好きと千早に伝えたら今の関係が崩れる。何かが終わる気がしてならない。其れに片想いのままが良いと感じるのも事実で。だから、千早に想いを伝えるつもりはない。伝えても真剣に告げるつもりはなく何時もの調子で云うだろうと。あくまで今段階ではなのでこの未来さきは分からない。

 気が散漫さんまんし呼吸も走っているからかみだれていた空だったが、次第に落ち着きを取り戻して、今の状況をどう切り抜いていくのかどうしたいのかが分かる。千早を先に行かせたのなら、自分が遅刻しようが怪我しようが無茶だろうが何だって出来ると。

 だから、学校へ急ぐのをめて、複数相手にすることにしたらしく、空は、距離をたっぷりけると振り向き、いきおく自分の方へ向かってくる相手に1発、ます。鳩尾に見事にあたったようで、苦しそうなうめき声を上げ、その場に倒れるようにしてうずくまった。

 蹲った相手の腰に差している刀を息をととのえながら抜き取り、刃先を自分の方に向けて持つ。逆刀さかばとうではないが相手を殺すつもりはなく竹刀しないを持っているつもりでひるんでいるのか驚いているのか或いはその両方かはさだかではないが蹲る男以外の男達に向けて構える。

「......只の複写じゃない、のか?」

複写コピーが痛がったり況しては感触が有るなんて思ってなかったと能力の詳細は知らないので複写は一体何処まで複写出来るのかを把握してない為、此れが複写だと断言出来ない。 

 しかし、この学園は特別なイベントがない限り能力者だけが入れる敷地で部外者、家族ですら普段は出入り禁止。能力者は大人や教員に許可を得た学生のみ学園外に出れる。基本学園外に出る事は許されず、許可を貰うのにも家族に会うという理由だけでは許可が降りないと云う。其れぐらいこの学園は外と隔離され非能力者と接触しない閉鎖的な空間だからか、空はこの見知らぬ男達が複写だと能力の仕業しわざだと思っていた。そうしなければ、この状況に納得出来ず、訳の分からず今よりも混乱していただろう。

 だが、果たしてこの男達は複写なのだろうか? 空は一抹の不安ややけに人間味のある、まるで自分の絵現のように立体的で其れに加えて有筆で否、明らかにそれだけではこんなに自発的に動く事が有るのか? と疑問に思ってしまうも、其れを確認する暇はなく、キンッと刀と刀がぶつかり合う。 

Re: 恋刻ノ御伽草子 ( No.5 )
日時: 2019/03/21 22:57
名前: キイチ ◆V9lDD2BSz2

「っは、ちょっとは手加減しろって‼」

 ずしっと腕に来る振動と太刀筋の重さに受け止めきれないと云うように思わず本音が出る。自分の刃と相手の刃が自分に向かっているからかりながらあぶい、危いと口にするも、何故か楽しそうな笑みを浮かべて刀を反らす。滑らかに受け流すようにしながら横へとずれる。

 竹刀のようにとは云ったが、実際に振るった事などなく刀の持ち方や打ち合い、間合い等したことがなく経験は全くと云って良い程ない。その筈が、どうしたことだろうか。まるで、前にも使った事があるような手に馴染む感覚でもうとっくに目が醒めている筈なのにまだ夢を見ているような酷く現実的じゃない状況に、少し現実に友達ダチと遊んだり、会話をしたりする時以外の出来事に日々に物足りなさを感じていた為か刃物を持っている男達に囲まれ相手している身の危険がある状況ですら楽しいと思ってしまう。

「でも、少し不気味だなっと!」

 呻いたり痛そうにする以外に声を出さない男達を空は少しだけ不気味だと感じていた。否、声を出さないんじゃなく出せないと相手している途中で気付く。その証拠に男達の口は幾度となく開いて何かを云っているのに。空は其れに安堵した。安堵したのには理由わけがあった。それは能力で生み出されたものだと確信がてるからだった。

 同時に悪趣味だと感じ、次第に沸々ふつふついかりが込み上げてきた。この怒りは男達にではなく、男達を生み出した能力者に対して空はなしながらも怒りからか男達から放たれている殺意のある目と同じになり掛けるが

「おーい、空!」

 自分を呼ぶ、聞き慣れた声が上からってきてふと空の殺意がやわらいでいくのが見てとれた。空は、視線は男達をしっかりとらえたままその声の主に向けて

李紅りく!? おまっ、何しに来たんだ!」

 空の同級生で女友達ダチ楠木くすき 李紅りくと云うらしく空は、李紅の危機感も況しては緊張感もないこの場にぐわない声に殺意は和らいだものの、李紅がどうして此処に来たのか、どうして上からつまり、屋根の上に居るのか、学校に遅刻しても良いのか、そもそも、何でそんなに悠長に話し掛けてくるのかが分からず、やけに突っぱねた強めの口調で云ってしまっているが、正直李紅に構ってられないのも事実で、こまったような怒っているような何とも云えない表情で複写の男達、複数相手にしていた。

「何しにって.....そりゃあ、ねえ?」

 チッチッチィと舌打ちとはまるっきり違う。かろやかでリズムの良い音が李紅の口から鳴り、にんまりと口許を緩ませてまるで聞き返すような質問に質問で返すような口調で、勿体振りつつ楽しげにしている気配が背中越しでも伝わり、状況分かってんのかよ。と頭を抱えたくなるが本当に構ってられないのかかすように 

「ねえ? って、云われても分かるか! 良いから云えって!」

 李紅の真似か鸚鵡おうむ返しの要領でノリツッコミのようにテンポ良く返すも何時もようには状況が状況なので目の前に集中したい空は、強い口調で李紅に向けて告げる。千早のようにこの場を去るように云うこともなくかと云って邪険にしている訳でもない為か李紅との会話を本気でめようなんて思ってなく男達てきから目を逸らさずに耳をそばたてる。

「えー、仕方ないなあ。 ただ、混ざりたいなーって.....僕も混ざって良い?」

 何時ものようなやり取りが出来ず、不満そうに声を上げる李紅だったが、にんまりと再び笑みを浮かべて、駄目かな? 良いよね? と最早、拒否権はないと云うように殺意とは違うものの李紅の視線が背中に痛いほど突き刺さる。

 見なくても分かる輝いている雰囲気オーラが滲み出ていてきっと否、確実に目を輝かせていると空は思いながらも、千早よりそんな心配や不安はなく自分の能力よりも優れた能力を持っていて男っぽい所があるからか千早の時よりこの場に残る事に複数相手にさせることにやや悩むような素振りを見せるも抵抗はなく拒否はしないようで

「っ別に良いけど、やり過ぎんなよ?」

 悩むような素振そぶりを見せたのには、理由わけがある。理由は簡単で李紅は容赦ようしゃがなく知らない相手にや嫌いな人には手加減しない。これっぽちも情を見せずやり過ぎる傾向がある。しかも、友達ダチが絡むとますます容赦しなくなる。空からしたら心強く相手からしたら物凄く後免ごめんこうむる。正直云って相手にしたくない、敵に回したくないのが本音だ。助かるのは助かるが、相手に同情の方が強く素直には喜べないも事実で

「...、...御愁傷ごしゅうしょう様。 李紅に出会ったのが、運のつきだ」

 李紅のやりい。 やったー!という声を聞きながら苦笑しつつ心の底から思っているのかやけに現実味の帯びた真面目な口調で男達に向けてだが、男達には聞こえないように小さな声で云うも段々笑えてくる。危機的状況なのに、全く危機感のないやり取り。
一時保存。

Re: 恋刻ノ御伽草子 ( No.6 )
日時: 2019/03/13 21:28
名前: キイチ ◆V9lDD2BSz2

_________一時保存。


Page:1 2