コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

会長様、専用。
日時: 2019/05/13 19:01
名前: *~*優奈*~*

閲覧頂きありがとうございます!

優奈ユウナと申します。
数年ほど前まで、こちらで何作か投稿させて頂いておりました。
初見の方が多いかと思いますが、どうぞ宜しくお願い致します。

前作も全く同じ題名で小説を投稿しておりましたが、
リメイク版としてまた再執筆させて頂きます。


私はタメ&呼び捨て、全然大丈夫です!
お友達も募集しているので、お気軽に声をかけてください!



/キャスト/


織原おりはら 弥生やよい ♀/高校1年生

最悪なきかっかけで、ある意味の有名高校に入学してしまう。
失敗は多いが真っ直ぐで心優しい。
人一倍の努力家。バカ正直。

 
九条くじょう りつ ♂/高校2年生

公立こうりつ明和めいわ高校生徒会会長。
カタブツ会長。成績優秀なのは生まれつき。
たまに口が悪いが、実は誰よりも心配性。


海堂かいどう りん ♂/高校1年生

生徒会会計。
とても人見知り。常に無表情で言葉は棒読み。
ぼんやりしているように見えて、観察力が鋭い。
 

三倉みくら しのぶ ♂/高校2年生
 
生徒会副会長。
お気楽で好奇心旺盛。楽しいことが大好き。
根は真面目のしっかり者。


キャラクターは今後も増えていく予定です。

小説を読んでくださった方は、なるべくご意見、ご感想等
残して行ってくださるとありがたいです。
更新待ちの方はお気軽にお声かけください^^

最低限のマナーは守って頂きますよう、宜しくお願い申し上げます。

Page:1



Re: 会長様、専用。 ( No.1 )
日時: 2019/05/13 22:52
名前: *~*優奈*~*

/第0話:プロローグ/

「行ってきます!」

玄関の扉を押し開ける。
目が覚めるような肌寒さの中、朝日が私を照らし出す。

公立高校の受験日。
向かうは第一志望校。

この日のため、勉強に時間を費やし、全ての遊びを犠牲にした。

うん、いける気がする。

―――それは交差点で、長い信号を待っていた時のこと。
緊張と高鳴りを抱える私に誰かが声をかけてきた。

「やっほー、まさか受験生の子?」

声の持ち主に振り返れば、しつこい量のピアスに目が止まった。
中途半端に伸びた髪、色の抜けきった金髪、ニヤリと微笑む口元。

嫌な予感がした。

「どこの高校受けるの?」

「え・・・」

着崩した紺色のブレザーは高校生だという証だ。
この近くの生徒だろうか。

「・・・急いでるので、」

「冷たくない? てか俺んとこ受けなよー」

たぶんこれは、ナンパっていうやつ・・・?
ああ、信号早く青にならないかなぁ!

そうだ無視!
こういう時は相手にしないのが一番!

「俺んとこ、明和めいわ高校ってんだけどさあ」

「は、はあ・・・」

明和高校・・・
聞いた事がある。この当たりでは有名な学校。
悪名高い、という意味で。

私の周りであの高校に入ろうなんて人、聞いた事が無い。
「人間が最後に行き着く先」だなんて言われてるくらいだ。

ましてや自分が入学なんて考えた事すらもない。

「私・・・もう行きます」

やっと信号が青になってホッとしたと同時に、
突然腕を引っ張られた。

「そんな事言わないでさ、見学ついでに俺とデートでもしようよ!」

「え、ちょ、」

容赦なく、ぐいぐいと腕を引かれる。

このままじゃ電車に乗り遅れちゃう!
今までの努力がパーになるのは絶対にイヤだ!

死ぬ気でこの腕から逃げなければ。

「は、離してください」

「どこ行くよー?」

「おい、そこの君たち、何してるんだ!」

遠くから大声が聞こえたと同時に、警察官が走ってきた。
私を捕まえていた男子生徒の腕に手をかける。

「ん? その制服は、また明和高校か・・・」

警察官は、やれやれ、と深くため息をつく。
やはりここの生徒はたびたびお世話になっているらしい。

期待を裏切らないやんちゃ高校だ。
とにかく助かった。

「とにかく、話を聞こうか」

男子生徒を逃がすまいと強く腕を組むと、
ひと息つく私に目を向けた。

「君も一応、成り行きを聞かせてほしいので」

「え、いや、私・・・今日受験・・・」

「悪いね、すぐに終わるから」

「でも急がないと、」

「まったく、お前は懲りずにまた騒ぎを起こしやがって」

「すんませーん」

気の抜けた声を出す男子生徒を連れ、警官はさっさと私に背を向ける。
一歩、二歩、とそのあとを追った私は、力なく地面へうなだれた。

「勘弁してよ・・・」

青ざめる私を急かすように、
乾いた風がひとつ、音もなく吹いた。


Page:1



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。