コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

俺のクラスの陰キャ大魔王
日時: 2020/01/03 17:59
名前: TIBI

俺は今、母さんに頭を下げている。
俺は字村建。母さんと父さん、双子の姉と姉の意見で買いだした雑種の猫一匹の四人家族(三人と一匹家族?)で普通に暮らしている小学六年生の大人しめな男子だ。
なんで俺が母さんに頭を下げているかと言うと、引越し先の家に家具を置く時に誤ってさらをわってしまたったからだ。そう、俺は田舎から神奈川に引っ越しをした。
理由は父さんの仕事の都合。部長になっておめでたく家族全員で都会デビューをする事になった。おめでたい気分に浮かれてたのかよそ見をしていたのかよく分からないけど置いてあったダンボールに足を躓かせ豪快に運んでいた皿を床に投げ出し俺の膝小僧と共に皿は重症。←ダーレがうまいこと言えと
母さんは別にいいよって言うけど父さんが通った時にガラスの破片を踏んで膝小僧と皿だけではなく父さんの足の裏にまで被害が及んだのだから謝らないわけにもいかない。
父さんもティッシュで足の裏の血を抑えながら別にいいよって言ってくれた。ただそのお皿が姉ちゃんが田舎での友達からの誕生日プレゼントだったから全く被害が及んでいない姉だけ激おこプンプン丸。いやもちろん悪いとは思ってるよ。だけど3日間おやつなしはないでしょぉ、、。
姉ちゃん「あ~ぁ、友達になんていおっかなー。」うるさいなぁ!そのままど直球に言えばいいだろぉ!゛弟が割った゛て!いちいち引きずるんだよな姉ちゃん、、。
引っ越し早々謎の不穏な空気を充満させた俺は自分の部屋の荷物を二階にもって行く。
建「えーっと教科書教科書、、、。あったあった。」教科書の束をダンボールから出すとその間から一通の手紙が入っていた。前の学校の親友、植上奈緒美だった。
多分お道具箱の中にこっそり入れてそのまま気づかすダンボールにINしたんだろう。
なんて書いてあるのか気になる、、、。異性だったからラブレターとか!?!?

Page:1 2



Re: 俺のクラスの陰キャ大魔王 ( No.2 )
日時: 2020/01/05 11:59
名前: TIBI

母さん「で?どうする?取っとくのか捨てるのか、」あーいる!欲しいです!あ、いや、そ~じゃなくて。。
建「あー、一応持っとく。せっかく書いてくれたんだし。」と、冷静に返答。
母さん「あっそ(笑)じゃあ置いとくねぇ〜」あんにゃろぉ、、、、。
母さんは俺とずっと一緒にいるからか俺の心が顔からなんとなく読めるようになっている。隠し事も出来ないし嘘だってすぐバレる。多分今オレが内心慌ててたことも、それでも言葉ではクールに対処したこともバレたんだろうなぁ。はっずっ、、、。

ーーーーーーーーーーーーーーーー30分後ーーーーーーーーーーーーー
あっふー、、、。←謎のため息。
部屋かんせぇい!えっとー?これから何しよっかなー。一回の家具置く手伝い?いやはっきり言ってしたくない。ねぇちゃんの部屋の家具置く手伝い?いやぁ、たぶん嫌み言ってくるからそれこそ今1番したくない。でかけよっかな、。俺は一階に降りて母さんに行ってきますと大声で言いながら水色と青色の蛍光色の紐靴を結ぶ。母さんから『どこ行くのー?』と問いかけられたが聞く耳はおいてってシカトしながら家を出て行った。さてどこ行こっかなぁー!改めて周りを見渡すと田舎にはなかった物がたくさんある。まずまずコンクリート。俺の昔の家はホントのホントに田舎だったから家の前からコンクリートだなんて昔は信じられなかった。それと柱とおんなじ数ぐらいある外の電気灯。それにバス亭にバスが来る時間がたくさん!前は一回逃すと大変だったのに、、。すっごいなぁーハイカラだなぉー(いまどきこんなこと言う時点で田舎もんだしここに住んでる人たちからしたら普通の事なのにこんなに感動しているから周りから変な目で見られている。嗚呼。冷たい視線がいてぇよ)

Re: 俺のクラスの陰キャ大魔王 ( No.3 )
日時: 2020/01/14 18:28
名前: TIBI

さぁてどこ行こっかなぁ!そういえば今日月間漫画の発売日なんだ!これは早くも目的が出来ましたねぇwww
さぁてそうと決まれば書店へレッツゴー!



つっても本屋の場所わかんねぇんだけどね。誰かに聞くか。俺はあたりを見渡す。ここはいわゆる住宅街って奴だ。目に入る人達はざっと家の前の掃除をしている見るからに優しそうなおばちゃんと冷たい眼と顔をさらけ出しながら歩く小学生女子だ。年齢近いほうが聴きやすいか?何にせよ俺は案外(別に意外でもないけど)人見知りでお茶目だからぁー!小学生女子に聞こぉっと!←いちいちキモい
建「あの、本屋さんってどk、」あ。
小学生女子は素通りした。俺の方を見向きもしないでさっそうと歩き去っていった。
何だあいつっ!感じわりぃの!あ~ぁ、俺怒らせたね!もう知らないよ!おこらせたお前がいけないんだからなぁ!こうなったら振り向かれるまで何度も呼んでやる!←面倒くさいやつ。
建「おーい聞いてんの?ほんとさんってぇ、」小学生女子の方に駆け足で進んで横から首を突っ込み聞き直す。
小学生女子「」ちっ。また無視かよあの女。懲りずにまた顔を覗き込んで
建「ねぇねぇ聞いてる?答えてよぉー!本屋さん本屋さん本屋さん本屋さん本屋さん本屋さん本屋さん本屋さん」俺が王技、本屋さん連呼を炸裂すると少し下を向き立ち止まって「あ゛ん?」と低い声で喧嘩腰の態度。え待って超こえぇんですけど。

Re: 俺のクラスの陰キャ大魔王 ( No.4 )
日時: 2020/01/15 18:15
名前: TIBI

えっとこの状況どうすれば!?何が正解なんだ!?へぇ!?
するとその小学生女子は俺の顔をじっと見つめ瞬時に肩に手を置きぽかんと棒のように立っている俺の急所に見事なまでに綺麗な膝蹴りがっ!!
建「うぉぉぉぉいってぇぇぇぇぇっ!?!?!?」俺は思わず叫びだす。そんな俺を引き目に見る小学生女子。それに対して掃除をしていたおばさんは何事!?と戸惑うような顔でこちらを見つめる。
建「はぁ、、、。」お前、、、、!俺を完璧に怒らせたなぁ!俺は相手が異性だってことも忘れ胸ぐらを掴み顔動詞を近くに寄せ「なんなんだよお前っ!」と今までの少し枯れ高い声を反転させさっき小学生女子が出したような声を出して脅してみた。相手はどんな反応をするか?
小学生女子「おめぇさっきから本屋さん本屋さんうるせぇんだよ。黙れよこの馬鹿野郎が。」え、えぇー~(・・;)。この子本当に女子??完全に男の口調だよ??声もなんか女子とは違ってなんか中性的だけどこのこは一体っ?そして怖っ!何!?もう◯すき満々じゃん!もうこれは!!!
建「え、えっとぉ、す、すみませんでしたぁ、、、。」俺は胸ぐらを掴む手を話して小学生女子の足を地面に付かす。この場合男としては恥だか上手く逃げるしかない!逃げるは恥だけど役に立つんだよ!←このセリフ大丈夫か?
建「失礼しました!そ、それではこれで、、、。」去のままにがしてくれるかな、、。
小学生女子「お前、2度と俺の前に現れるな。それでもしあいつらのグルであったら殺す。」は、はぁい、、、。わたくしも貴方とはもう二度と会いたくありましぇん、、、。

Re: 俺のクラスの陰キャ大魔王 ( No.5 )
日時: 2020/01/17 17:35
名前: TIBI

俺は結局その後その場にいた優しそうなおばちゃんに本屋さんに案内してもらった。
意外と曲がり角が多かったのでおばちゃんは心配してくれたのか本屋さんについたあと「帰りも一緒に帰るかい?」と言われた。いやいや平気ですっ!そんな迷惑できないし今月は中の人気漫画のちょいエロ勇者キャラが表紙で服もなんかあれだしっ!あ、ちなみにそれは口コミの画像で知った。見られたら無理だしっ!やめてっ!かえれますから!と攻め気味でおばちゃんを帰そうとすると苦笑しながら俺に手を振り帰っていった。いや、やめて、なんだか心痛い、、、、。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
あの日の翌日。俺はここに引っ越してきて初めての登校日となる日。うわぁ、なんか緊張、、、。吉田くんの気持ち今ならすげぇわかるわ、、、。(吉田くんとは俺の前の学校で転校してきた男の子だ。その吉田くんは元々人見知りだったらしくてうちのクラスに来てみんなに取り囲まれた結果。保健室で緊張のあまり朝の牛乳とメロンパンを見事にリバースした黒歴史を持つ。)吉田くん、、、、!!今猛烈に君に会いたい!会って「あの時は本当に大変だったんだね!」と慰めてやりたい。ってか俺なんでまだ学校にもついていないのにこんなに心臓バクンバクン何だ!?アホなのかっ!?よくある少女漫画の第一話なのかっ!?俺は内気な吉田くんならぬ字村君なのかっ!?その内エッセイで《内気な転校生、字村君》とかいう漫画ができてしまう末路なのかっ!?あっやべ、何俺一人で妄想に入り込んでたんだよ。まずそんなエッセイ多分俺の身寄りしかかってくれねぇし。あーこんなことしてる暇があったら早く箸持つ手をハキハキ動かして飯食った方がいいわ。

Re: 俺のクラスの陰キャ大魔王 ( No.6 )
日時: 2020/01/18 17:03
名前: TIBI

朝飯も食い終わり、歯磨き、洗顔、着替えなど登校するための身支度は全て完了。
大丈夫、大丈夫。身支度をしてる間にちゃんと自己紹介の文も休み時間みんなに質問された時の為の好感度をゲットできるような完璧な文も考えてるんだ。そんなに緊張しなくたって、、、いいじゃ、、ないかよ、、。←ちなみに今足がガクンガクンで御座います。今の自分、客観的に見たら凄く間抜け。今でもそんなのかんけぇn、、、。辞めとこ。
母さん「ほぉら建!いつまで棒立ちしてんの。車乗るよ!」母さんは俺の手を強引に引きほぼ強制的に入車させる。母さんはものすごく力が強いから強引に惹かれた俺の手は今真っ赤。まじかよ母さん。
車に乗っていると俺が昨日買ってもらったのと同じの紺色の校帽と多色多彩のランドセルを背負いながら一つの目的地に向かう小学校の生徒達がいた。
あ~いつもなら俺もこの中で友達と一緒について徒歩で登校してたんだよなぁ、、。今日だけ楽出来てるよ、俺。
学校につき職員用の玄関から見知らぬ大人達に校舎の中に入れてもらった。周りにちらほらいる生徒達から「あの子誰ー?」「転校生じゃない?」「へー何年生だろ?」との声が母さんと見知らぬ大人とあるく俺の耳に次々と入り込んでくる。俺が顔をしかめて隣にいたかあさんの手をぎゅうと握ると母さんは一度戸惑いその後は和んだ笑顔をみせそのまま大人に案内されている場所まで歩く。
俺はその時、初めて職員室、というものに入った。今までは生徒立入禁止であったため
これが初めて。今は母さんが下目に大人と、、先生と話している。ざっとあたりを見渡すとプリントやら難しい漢字や言葉などがずらずら並ぶ書類などが置いてあった。これが教え側の本性か!←何おおげさに


Page:1 2



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。