コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

俺のクラスの陰キャ大魔王
日時: 2020/01/03 17:59
名前: TIBI

俺は今、母さんに頭を下げている。
俺は字村建。母さんと父さん、双子の姉と姉の意見で買いだした雑種の猫一匹の四人家族(三人と一匹家族?)で普通に暮らしている小学六年生の大人しめな男子だ。
なんで俺が母さんに頭を下げているかと言うと、引越し先の家に家具を置く時に誤ってさらをわってしまたったからだ。そう、俺は田舎から神奈川に引っ越しをした。
理由は父さんの仕事の都合。部長になっておめでたく家族全員で都会デビューをする事になった。おめでたい気分に浮かれてたのかよそ見をしていたのかよく分からないけど置いてあったダンボールに足を躓かせ豪快に運んでいた皿を床に投げ出し俺の膝小僧と共に皿は重症。←ダーレがうまいこと言えと
母さんは別にいいよって言うけど父さんが通った時にガラスの破片を踏んで膝小僧と皿だけではなく父さんの足の裏にまで被害が及んだのだから謝らないわけにもいかない。
父さんもティッシュで足の裏の血を抑えながら別にいいよって言ってくれた。ただそのお皿が姉ちゃんが田舎での友達からの誕生日プレゼントだったから全く被害が及んでいない姉だけ激おこプンプン丸。いやもちろん悪いとは思ってるよ。だけど3日間おやつなしはないでしょぉ、、。
姉ちゃん「あ~ぁ、友達になんていおっかなー。」うるさいなぁ!そのままど直球に言えばいいだろぉ!゛弟が割った゛て!いちいち引きずるんだよな姉ちゃん、、。
引っ越し早々謎の不穏な空気を充満させた俺は自分の部屋の荷物を二階にもって行く。
建「えーっと教科書教科書、、、。あったあった。」教科書の束をダンボールから出すとその間から一通の手紙が入っていた。前の学校の親友、植上奈緒美だった。
多分お道具箱の中にこっそり入れてそのまま気づかすダンボールにINしたんだろう。
なんて書いてあるのか気になる、、、。異性だったからラブレターとか!?!?

Page:1 2 3 4 5 6



Re: 俺のクラスの陰キャ大魔王 ( No.25 )
日時: 2020/03/13 10:25
名前: TIBI

えーただいま、時刻は10時半。寝れません!!!!!!
なんで!?!?なんで寝れないの!?ってか眠いのにねれないんだけど!?
誰かたしけて!(あっやべ噛んだ)助けて!
どうにかして寝れる方法ないの!?
建「ああああああなんで寝れないんだよぉーーーこんちくしょうめー!」
母さん「うるrrrrrrrrrrrrさい!←字村家特有の巻舌」
あっすいまへん、、、、。
悲報【隣の部屋の母さんから苦情くる。そしてこの家族で巻舌できないの俺だけ】
ああああああああああどうしようどうしよう!明日体力テストかなんかだよね!?
やだよ寝不足で体力テストとか!
取り敢えずふとん被って目瞑ってればいつか寝れるよね!
はいおやすみ!もう寝るから!バサッ


一時間経ったけど寝れる気配ないよぉぉぉぉぉ!
てか喉乾いた。もうヤダ。泣いていい?うん分かった。ぴえん。
取り敢えず水のも。一階へレッツラゴー。
俺は一階に降りて水道水を飲んだ。と言っても水のんだから寝れるわけじゃねぇから
テレビを付けてみた。やってるのはちょいなHなテレビと萌えアニメだけ。
つまんねぇよこんなの。
もうやだもうやだもうやだ!
とか赤ちゃんみたいに叫びながらソファーに飛び込んだ。
、、、、、、、、、、叫びまくったから暑い。
外出てすずんでくるか。
ガチャ
ドアを背にして外に出てみた。
光り輝く満月。それに負けないぐらい光る星。
道路には車も通っていない。そりゃこの道そんな人通らないしな。
なんか楽しそうだから外に飛び出て見ることにした。車を左右確認して、
ダイビング!
コチン.
誰かと頭がぶつかった。俺より頭一つ分位小さい子供に。
建「あっ!?あっえっと、、。す、すす、すみませんでしたぁ!」
頭を下げてしまった。こんな夜遅くに子供が歩いてる時点でおかしいけど。
???「、、、、、、うざい。目合わせろ。」そう言われた。
聞き覚えのある声で。でもそんなのこの状況でつっこめるはずもなく、
その通りに声の主に目を合わせた。そこにいたのはなんと、、、、。

神奈ちゃんでしたぁー!←呼び方変わって一層キモくなった俺氏
とか思ってるけど、ホントは糞焦ってる俺。
建「えっ!?神奈ちゃ、、神奈月!?どしたのこんな夜遅くに!?」
神奈月「あぁん?」あマジでごめんね?悪気ないんだよこう見えて。どう見えてるか
知らないけど。
神奈月「お前こそ何やってんの?こんな夜遅くにアホやってんじゃねぇぞ。
殺意湧いたぜ。」
建「あ、ああwww寝れなくてさっ。暑かったから外出てすずんでた。」
建「神奈月は?」
神奈月「、、、晩飯と明日の朝飯買いに行くんだよ。」
建「い!?今からっ!?」
神奈月「あったりめぇだろ。」
建「お母さんは作ってくれないの?」
神奈月「今日はいつもにまして腹立ててた。作ってはくれたんだけど
母さんがあまりにも俺に対してブツブツうるさいから「しつこい」っていたら
飯没収された。多分もう当分作ってくれねぇだろうな。飯。」
俺が思ってたより神奈月の家は深刻らしい。そりゃあんなふうに家族揃って
笑うことなんか奇跡とか夢とかじゃ表せないだろうな。
建「悲しくないのか!?お母さんの飯好きだろ?」
神奈月「たしかにあの人の飯はうまい。そこら辺の下手な飲食店よりも。
でもこれで正しいと思ってる。嫌いな奴が作った飯なんか食いたくないし、
買食いすれば母さんの近くにいる時間が減るからいいんだよ。後悔なんてねぇ。」
建「、、、、、大変なんだね。良かったら俺んちのあまりもん食べるか?」
神奈月「気にすんなよ。てかお節介辞めろ。」
建「心配してやってんのに。」
神奈月「しなくていいっつってんだろ。黙れクズ。俺はもう行くから。」
建「うん、、、。じゃあ、最後に聞かせて。
神奈月のお母さんは、いま神奈月が外出してること知ってるの?」
少し前に行く神奈月は首を立てには振らなかった。」
建「それダメじゃねぇか。」
神奈月「なんであのババアにそんなこと言う必要あるんだ!」
小さい後ろ姿からそう聞こえる。
建「ご、ごめん。」
そう言うと無言で走っていった。
 

Re: 俺のクラスの陰キャ大魔王 ( No.26 )
日時: 2020/03/25 16:36
名前: 鏡利(TIBIのサブ)

神奈月、、、、、、。、、、、、、家ん中入ろ。
プェックションッ!!!←くしゃみ独特過ぎだろ
あぁー。よるに外出たから風邪ひいたかなぁ、、、。神奈月も大丈夫かなぁ、、、、。
あんなこと言われた後でも、一応気になってしまう俺。
寝れないし漫画でも見るか?でもこの前買った漫画も読み終わっちまったし、、、、、。
姉ちゃんってどんな漫画見るのかな?
本棚盗み見しちゃお。いいのがあったら借りるか。二階に行って姉ちゃんの本棚を漁ってみた。あぁーやっぱ少女漫画とかそんなもんかぁー、、、、。これなんだろ。
んー、、、。漢字いっぱいでタイトルが読めん、、、、。
ジャンルは?えっと、、、BL、、、、、、。
漫画読むのはよそう。

Re: 俺のクラスの陰キャ大魔王 ( No.27 )
日時: 2020/03/26 20:14
名前: 鏡利(TIBIのサブ)

あれから数十分たった。
寝れないしテレビもつまらないから録画してたお笑い番組を見てた。というか、これ、

あんま大きい声で笑えねぇからキッつい(笑)
助けて!?待って、、、。フグッ、、、。
さっきからこのネタツボりっぱなしで、、、、。
、、、、ピッ。
あぁー。完全に目が冴えた。こりゃぶっ通しで起きる羽目になるな。
「ピンポーン」
ッ!?なに!?びっくりしたァ、、、、。
こんな夜中に、、、、、。迷惑にも程があるだろ!!んーだよめんどくせぇな、、、、。
建「はぁい。なんのようです、、、、。
おぉ、神奈月じゃん!?どしたどした!?」
この流れ二度目やん。んで、どーしたん。
神奈月「やるよ。」右手に持っていたお茶のペットボトルを突き出してきた。
神奈月「昨日泊めてもらったから。金かしてもらったから。世話になったから。」
建「、、、、、。フフッ。」
神奈月「んーだよきめぇな。早くもてよ。」
建「うん、、、。持つ持つ。いやぁありがとなぁ。神奈月がこういうお返しとかするやつだって言うの意外で、、、、(笑)」
神奈月「はァ?別に気を利かせてんじゃねえよ。マナー的に、社会的に考えたらお返しは必要だろが。」
建「おうおう?ツンデレですかぁ?」
ボカッ。
神奈月「なんだよツンデレって、、、。うぜぇのもいい加減にしろよ。しn、、、、。はぁ。」

Re: 俺のクラスの陰キャ大魔王 ( No.28 )
日時: 2020/03/28 11:50
名前: 鏡利(TIBIのサブ)

建「あっそうそう。そろそろ俺たちのこと信用してくれてもいいんじゃね?」
神奈月「いいんじゃね?じゃねぇよ。」
建「やっぱダメかぁー」そりゃそーだ。俺だったら断然無理無理。
建「まっ、ゆっくりでいいから。いつか俺を信じろよな。」そう言い終わると神奈月はもう歩き出していた。
建「ちょいちょい!!話聞けよ!」
全く素直じゃねぇな、、、。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
只今の時刻、7時。一睡もしてません!
もぉうねみぃよォー!なんで寝なきゃ言えない時に寝れなくて寝ちゃダメな時にねむくなんだよ!
ほんとありえんわ!
姉ちゃん「ファーおはよう。」母さん達より先に姉ちゃんが下に降りてきた。
建「おはよう。腐女子さん。」
姉ちゃん「ン?どした?」いんや何も?
姉ちゃん「あっ!お茶だー!飲んでもいい?」
建「どーぞどーぞ。」とは言ったものの言い終わる前に既にキャップを開けて神奈月から貰ったお茶を飲んでいる俺の姉ちゃん。
姉ちゃん「っっかぁっー!やっぱうめぇ!」
建「オヤジかお前は!」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
動かなかったら寝ちゃう気がしたので早めに家を出て来てしまった。そのせいで教室には誰もいなかった。
ランドセルを置いて、うつ伏せになる。
建「寝みぃー。もうやだぁー。」
でも寝たらダメだよね。円周率でも数えるか。
3.141592653589793238462643383279、、、、。
あとわっかんね。
そうやって嘆いてたら教室の扉が開け閉めされる音が聞こえた。
もしかして、、、。と顔をあげると予想的中。
神奈月だった。
建「よっ。」
神奈月「、、、、、、。」出た。神奈月の奥義、シカト。
建「、、、、、、。シカトすんなよォ。」
神奈月「、、、、。」しつけぇなぁ、、。
俺は決心して顔を覗き込み、
建「神奈月っ!話聞けよ!」と怒り声と言うよりかは軽い声で言ってみた。
神奈月「、、、、、、グスッ。」!?!?!?!?
建「ちょっなんで泣いてんの?」驚愕だった。

Re: 俺のクラスの陰キャ大魔王 ( No.29 )
日時: 2020/03/28 14:47
名前: 鏡利(TIBIのサブ)

え??今の状況どうすれば?
えっと、今の状況を30文字以内で説明すると、、、、。
朝早く学校に来たら次に神奈月が来て話そうと思ったらなんか泣いてた?あっ2文字超えてたわ。
じゃなくて!!こんな馬鹿みたいな事するんじゃなくて神奈月!!
建「えっと、、、。か、神奈月、、、、、?
どうしたのー、、、、、?」
神奈月「、、、、グスッ。、、、、ウゥッ、、、、!」
なになに!?
神奈月はいきなり唸り始めた。
建「!?!?!?!?ね、ねぇ!!お願い!お願いだから何があったか教えて!!」
神奈月「ハァ、、、、、。ハァ、、、、、。ウグッ、、、、。にい、、ちゃん、、、、。」
神奈月が言い終わる頃には神奈月は四つん這いになって項垂れていた。
建「にい、、ちゃん?神奈月のお兄ちゃん?」
そういえばこの前言ってたような、、、。たしか俺ん家に泊めた時兄ちゃんがどうのこうの、、。って、、、、、。」
俺が声に出して考えてると
神奈月「字村、、、、、。」
建「ん?」
神奈月「頭、、、、痛い、、、、、、。」
建「??えっと、、、。だ、大丈夫!?保健室行く?でもまだ先生来てないし、、、、。」
建「えっと、、、、。どんな感じに痛いの、、、、?なんで痛いのかわかる?」
神奈月「さっき、、、、。アイツらに、、、、。」
建「あいつ、、ら、、、。って、初めてあった時に殺すとか言ってたあいつら?」そういうと神奈月は小さく首を縦に振った。


Page:1 2 3 4 5 6



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。