コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

大賢者の異世界攻略本(宣伝&小話)
日時: 2020/03/25 21:47
名前: とーま

お開き頂きありがとうございます!
えっとですね…まずは初めまして!とーまです!

こちらはですね、1週間後(前じゃないよ後だよ楽しみにしててね)くらいに小説家にな○う(著作権(?))で投稿する思い付きでの作品「大賢者の異世界攻略本」の宣伝&小話を書いていきます!
⚫何故サイト別にするの?
親にバレるとちょっと大変なんです
1週間後、アカウント(?)が親とか兄弟と別々になるので…
このサイト、アカウント(?)が同じでも機種が変わると何事も無かったかのようになくなる?んですよね。だから安心して投稿してます
⚫本編より前にやるのは何故?
*我慢出来ないからです
まだ中身は子供ですw

他にも質問や文句がありましたらお受け致しますのでその際は言うてください。お受け致します(2回目)

Page:1



Re: 大賢者の異世界攻略本(宣伝&小話) ( No.1 )
日時: 2020/03/30 23:13
名前: とーま

あらすじ
現在動画配信者の主人公「核診かくみ 侑莉ゆうり」。彼にはとても言うことの出来ない秘密がある。それは____現実ではあるはずのないスキル・大賢者の資格を持っていたことだ。
ある日、侑莉はいつも補充していた大好きなトマトがなくなっていることに気がつき、仕方がないから買い物に行くことにした。ぶっちゃけこの選択が間違っていたのだろう。侑莉は通り魔に刺されてしまった。
それによって死んだ彼は、どうしてか目が開けれることに気が付いた。バット目を開けるとあら不思議。異世界に転生していた。
しかも、スキル・大賢者をもちながら_______

元々動画配信者だったこともあり、物事に興味を示しやすかった彼は、異世界に興味を持ち、やがて、この異世界を攻略していくことになる…

あらすじ終わり

小ネタはある程度話が進んでからにしますね。
メモ程度の感じです。興味があれば是非1週間くらい経ったら調べて見て下さい!

Re:小ネタ1~3 ( No.2 )
日時: 2020/03/26 22:09
名前: とーま

あ、そうだ。別に設定が分かってる侑莉だけで小ネタつくればいいんだ!
1

「転生した…w」
侑莉は転生物の小説が大好きだ。今自分がその主人公の立場にいると思うと…嬉しさが止まらない。
「ありがとう神様ー!」
と、侑莉は叫ぶ。ただ迷惑なのは最強とよく呼ばれている大賢者というチートスキルを持っている事だ。
技を出してみよう。そう気軽に思い手を挙げ(水の魔法…なんがでろっ!!)と願う。案の定威力が凄かった…あれは一体…ごめん、トラウマだ。
すぐに近くの人達に気づかれ、侑莉は全力で逃げた。(速かった)


2
(チートスキルってことは、僕が大好きなトマト、出せるのかな?)
疑問に思うだけでトマトが出てきた。あれ、こういうものだっけ…大賢者って。
そうして侑莉はこの世界のお金に困らず、食生活にも困ることはなくなった。

3
努力はいくらチーターでもするべきだ。と思った心良き侑莉は修行に行くことにした。島に行き、そこが無人島だとわかると、侑莉は島を壊し、再生し、壊し、再生しを魔力切れになるまで続ける。
毎日続けると、大賢者に慣れてきていた侑莉は初めこの世界に来た時よりも格段に強くなっている。と日々攻略日記に書き進めているのであった。


Page:1



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。