コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

臨時電車
日時: 2020/06/10 17:41
名前: にき ◆Jx1Vgc1Dso (ID: w4lZuq26)



 短編を基本的には書いていきます。
ここのコメライらしい内容かと問われれば違うような気もしますが、
グロテスク要素はないのでコメライですね。

 書いた短編は不定期でアンカーにしていきます。

 名前はにき、名前に意味は……ほぼ無いです。別名義の名残です。

Page:1



Re: 臨時電車 ( No.2 )
日時: 2020/08/21 20:58
名前: にき ◆Jx1Vgc1Dso (ID: XWWipvtL)




※本来、というか例えばディズニーさまのシンデレラは素敵な女の子が夢見ることで毎日の嫌な日々を生きていることから
物語が動き出すストーリー、だと思うのですが、そうじゃなくても、彼女なら運命を動かせても良いと思います。
だって、内も外も綺麗なのに不幸せなんて可哀想じゃん。アゼルバイジャン。
※本来のシンデレラとは内容がずれてることもあるけど、許して。
※原作者はデイジー・フィッシャー








『夢のないシンデレラ(とちゅう)』

 シンデレラという美しい娘を持つ父親は妻を早くに亡くし生きていたが、
幼いシンデレラを案じた父親はとある女と再婚を
する。その女には娘が二人。
が、後に父親も亡くなってしまった。
 残されたシンデレラは性格の悪いお姉さまたち、お母さまに雑な扱いを受け続け、夢見ることを諦めてしまいました。
いつの日か王子さまが来るとか、舞踏会に行くとか、こんな生活が終わることとか、自由になるのか、そういうこと。

 ある日、お姉さまたちはバタバタしていた。シンデレラは朝早くから家事、庭の草むしりなどお母さまに言いつけられていたことをしていたが、
郵便屋さんがやけに豪華な封筒を届けに来てからバタバタしているようだった。
彼女たちの会話からは゛折角のチャンスよ゛、゛ドレスも綺麗なものに、派手なものにしないとね゛、゛髪型も考えていなきゃね゛……と容姿のことばかり。
まぁ、シンデレラはそんな言葉の端くれしか聞いていなかったからそれが王子さま主催で花嫁選びも兼ねた舞踏会だなんて知る由もなく。
朝から夜まで雑用ばかりする生活だから友達なんて居るようで居ないようなもの。
元の性格は良いのにいつの間にかどこか暗い雰囲気を持ち始めた
(実際、服はぼろく灰だらけな彼女は暗く見えていたかもしれない)
彼女を遠目に心配するおばさんたちが居たり、
八百屋さん、魚屋さんが気を遣って大丈夫なのかい? と聞いても、無理矢理作った笑顔で大丈夫よ、とだけ答えてしまう。
街は優しい、美しい彼女のことをどうにかしてあげたいようだったが、彼女たちの高圧的な姿に勇気を出せる者はそう多くはなかった。

 舞踏会当日まで訳を知らされることもなく、シンデレラはお母さま、お姉さまたちに言われるがままにドレスを作っていった。
自分たちのせいで経済的に落ちこぼれ、ドレスも買えないから作らせる。何てこった。
彼女たちが住む屋敷の離れ、薄暗い塔でシンデレラは友達のどうぶつたちと会話したりしなかったりして何とかドレスを作り上げていった。
雑用ばかりやらされていたから、ではないが、シンデレラの作るドレスは街の職人も唸るデザインと色使いであり、彼女たちの望んでいた
綺麗、かつ派手なドレスであったことに間違いはないだろう。

 シンデレラは何も知らない。舞踏会なんてものがあること。
街の人々は毎日買い物に来る彼女を見て、舞踏会のことを考えていたのだろうか。
彼女なら王子さまを……、幸せになってほしい、だの。
 さて、舞踏会前日。八百屋のおじさんはいい意味で空気を読めない。シンデレラに舞踏会は行くのか? と尋ねたのだ。
すると、何も知らないシンデレラはこう答える。舞踏会? と。
八百屋のおじさんはさらに続けて、明日、王子さまが主催で舞踏会をするんだ。シンデレラのように美しく、優しい君なら王子さまが惚れるんじゃないか? この舞踏会は花嫁選びも兼ねてるって聞いたぞ、と。
 街の人々は相変わらず口が軽いおじさんに今日だけは英雄だな、とか勇者だの、心の内で感謝をしていた。
 それなのに、シンデレラは舞踏会に行っても私なんかじゃ、と。
ここで八百屋のおじさん、何をする。シンデレラにこう言うのだ。

「どうして君はいつも暗いんじゃ!」

 その言葉を聞いたのか、横のおばさんがおじさんの口を慌てて塞ぎ、

「あんた、多少はうるさい口をどうにかしたらどうだい! ごめんね、シンデレラ」

 と言うが、

「シンデレラは舞踏会に行くべきだ」

「こんな美しくて優しいのに雑用ばかりさせられていると聞いたぞ」

 だの。

 シンデレラの為に人々が言い争ってるではないか。

 シンデレラはその様子を呆然と見ていたが、買い物が遅くなるとまたお母さまに言われてしまうからとさっさと帰ってしまっていた。
街の人々は消えたシンデレラには気付かず、言い争いは中々終わらなかったそうだ。

 王子さまは舞踏会なんて興味がなかった。帰国祝いでしている、と言うが、

 舞踏会当日。シンデレラはいつものように雑用を……というか、いつもよりも早起きをさせられた。
お母さま、お姉さまたちの支度の準備を強いられていたからだ。
シンデレラは頭のなかであぁ、今日は舞踏会の日か、と分かっていても、
夢見ることを諦めたシンデレラにとってはそれはただのイベントでしかなく、私には関係ないとして、気にすることもなかった。
 今日ばかりはみな浮き足立っているのか、いつもはシンデレラに暴言だの罵倒だのがひどいというのに、それが殆ど無かった。
 シンデレラの友達のネズミやら犬やら馬やら小鳥は僕らに優しいシンデレラをどうか舞踏会に……とか思っていたが、
本人があぁだと無理だ、僕らの力だけじゃどうにもならないと思ってしまっていたが、
それでも何とか舞踏会に興味を示してもらおうとシンデレラの僅かな休息に踊って見せたり、歌ってみたり、舞踏会について話してみたりとしたが、
舞踏会に必要なあれ、そうドレスがないことに彼らは気付く。どんなにシンデレラが美しかろうとドレスがなければ入れさせてももらえないだろう、と。

 王子さまは憂さ晴らしだろうか、馬に乗って国内を走っていた。
何が帰国祝いの舞踏会だ、と。知ってる。あの父親は早くにも孫の顔を見たいから花嫁探しをしていると聞いたのだから。
城から、街からそこそこ離れて煉瓦造りの建物やらは少なくなり、そして木々の景色が視界に映っていく。
 すると、森の方から街に向かって歩く若い女を見つけた。何となく、馬を止めて木陰から彼女を見てみる。
女になんて興味はないはずなのだが、気になったのだから、と言い訳でもしてみようか。
というか、本来、このくらいの時間ならどの女も今日の……舞踏会の準備をしてる頃ではないだろうか。知らないが、女ってそういうもんじゃないのか。






Re: 臨時電車 ( No.3 )
日時: 2020/09/15 22:46
名前: にき ◆Jx1Vgc1Dso (ID: XWWipvtL)


※やや内容はダークめ?



テーマ[絆][学校]


『僕らの絆』


 僕たちはずっと一緒の仲間だ。何があっても、絶対に離れない絆がある。いつまでも一緒だよ。


 小学生の頃、何人かの仲間とずっと一緒でそいつらと中学が一緒だった。
高校は各々学力ややりたいことがあったからそれを考慮して分かれてしまったが、定期的に会ったりしているからか関係は継続していて、
こういうのを幼馴染みと呼ぶのかは分からないが、長年の友人であることは確かである。
まだ学生のやつら、もう就職したやつらに分かれているが、僕らの関係はそれでも継続していた。
周りからも言われるのが、よくアイツらと一緒だけど、なんでそんなに仲良いのさ? って。
それに対して僕はこう答える。゛同じ思い出を共有してるのはやっぱり大事だと思う゛って。


 僕らには絶対に忘れられない思い出がある。あれは僕らが小学生だった頃のこと。
小学生の頃に誰もが聞いたことがあるだろう、注意。そう、不審者。
実際に不審者に出会うことなんて無かったし、大人になった今では、まぁ僕らはまだまだ未熟だが、下半身を露出する彼らの気持ちなんて分かることはないのだが、
不審者が出没した頃だ。そう、小学4年のこと。
 まだ出会って日が浅い頃のこと、不審者と共に僕ら、というかみんなの間で話題になっていたのが猟奇遺体。
とは言いつつも、遺体というのは人ではなく犬や猫などだから、大人たちも大して騒ぎ立てないのだ。
が、子供たちにとってはそれは異常な行動で、でも興味をそそられて、でもやっぱり怖い、そんなものなのだ。
動物のぐちゃぐちゃな遺体は学校前に落ちていることもあった。
ある日は猫の頭部。ある日は烏のバラバラ死体。そう何回も置かれるわけではなかったが、
そんなのを見た低学年の子たちがギャーギャー騒ぎ立てるのもしょうがない。
というか、どいつもこいつも子供なのだから、まぁ、騒ぐのだ。
保護者も子供からそんな話を聞いたらしく、先生に色々聞いたり対策をしろ、と言うだけ言って帰るようになって。
 そんな保護者の動きでも知っていたのだろうか、学校前にそういうものが置かれることは無くなった。
子供たちが登下校中にそれらを見かけることがあった、という例はまだまだあったらしいが、
いよいよ警察も動き始めるようになるとその一連の動きはパタリと止み、子供たちの話題からも消えた。


 そういえば、こんなこともあった。これまた、小学4年生の時の話だ。
この学年になると、少し遠くの山に行く。林間学校、自然教室、というやつだ。
一日目はバスで移動し、ちゃんちゃかしてたが、2日目に僕らは見てしまった。
2日目には山を歩いてチェックポイントを見つけて歩いてを繰り返して元の宿泊施設に戻る、という単なる登山だ。
が、あの頃はとてもわくわくすることだったらしい。先生が撮ったであろう写真がアルバムに入っていたが、みんなにこにこしていた。
見てしまった、というのは人の死体だ。それも出発する前まではけろっとしていた同級生が。
僕らは見た瞬間に死んでる、と感じ取ったらしく、まず数秒は動けなかった。
その後の反応はバラバラでそのまま動かない者、肩を揺すって本当に死んでるのか、とまだ疑う者、
戸惑いを何とか口に出して終わる者など。


 きっと、僕らは同じ忌まわしき思い出を共有してるんだろう。


 小学6年生になり、卒業式を迎えた。が、卒業式で事は起こった。
僕たちの一人はよくモテた。まるでハーフみたいな顔立ちでそれでいて人柄も良い奴だったから、そりゃモテる。
卒業式が終わって俺らで写真を撮ろうとしたら教室にそいつは居なかった。
俺らはあぁ、モテてんだ。誰かに告られてんだな、と思っていたからさっさとそこから去ってしまったが。
 教室から外に出ようと移動していたら、悲鳴が聞こえた。高い声、女の悲鳴だった。
 階段にある大きな窓の外から中庭を見ることができたのだが、そこから見える中庭の桜の木の下がここの定番の告白スポットだったのだ。
何があったか見てみると、あいつと女と……女?
もう一人の女は何故か顔の辺りを手で抑えて座り込んでいるし……周りには何があったんだ、と先生やらが駆け付けていた。
 結局、何が起こったのか。まずあいつは座り込んでいた女に呼び出されて、あの場所に居た。
その時から既にもう一人の女が見えていたが、気にしないようにしていたらしい。
……面倒だから呼び出し女と後ろ女と呼ぶことにしよう。
呼び出し女はあいつに告白した。あいつはよく分からなかった、らしい。
殆ど話したこともないのにどうして告白してくるんだろう、って。まぁ、当然の疑問だろう。
そしたら後ろ女が物凄いスピードで呼び出し女に迫り、飛び蹴り。
既に奇行。それで終わったら何と平和か。後ろ女、あいつの目の前で呼び出し女の目を何かで刺したのだ。
あいつがどうして逃げなかったのか、と聞いたら、あんなのを見て逃げようという意思さえ消えてた、動けなかった、らしい。
 それ以降はあまり話しても良いものではないから省くが……ショッキングなことだったと思う。


 中学生になった僕ら。地域も近いからと皆同じ学校に行くことになった。
入学して早速、その中学校で事件は起きた。その学校の近くの民家が放火されてしまったのだ。
犯人は直ぐには見つからず、民家の犠牲者もまだ一人で済んだからとはいえ、何とも言えないのだが。
 唯一死んだのは、中学生の息子が居るというお婆さん。学校の近くで僕らも見かけたことのある、優しい方だったのを覚えている。
ついでに言うと、その中学生の息子というのは僕らの同級生に当たる。同じクラスの人が良い奴だった。
短い間しか話したことはなかったけど、それでもこいつはマジで良い奴、と思える、そんな奴だった。
だからあいつが放火され、お婆さんが死んだ次週辺りに自殺したなんてびっくりした。しかも、練炭自殺。
 俺らの中で比較的あいつと話していた奴、曰く、あのお婆さんと同じような死に方を選んだんじゃないか、って。
放火の死因の多くは一酸化炭素中毒。きっと、お婆さんもそうだろう。
それにしても、あいつ、お婆さんのこと、そんなに大事にしていたなんて知らなかった……。


 でも、小学生の頃より面倒なことが起きてないだけ、まだマシだったと思う。
同級生が死んだ、のはショッキングだったが、そんなこともあるかもしれない。
 中学時代はそれで完結。そう、僕らではなく、あの学年に何かが起こりすぎていたんだ。
僕らは関係ない。そう、関係ないのだ。


 僕ら、というのは今では5人のことを指す。僕、告白されてたあいつ、優しい奴と仲良かったあいつ、他に二人。


 絆とは何だろうか。過去の過ちを共有していれば、それも絆、なのだろうか。
僕らはあんなことに何度も出会った。果たして、それは偶然であり、僕らには関係ないことだったのだろうか。
 もし、全てが偶然……ではなかったら?


 暦の上では秋になった頃の夕方ごろ、雨が降っていた。あの雨が何もかも洗い流してくれれば良いのに、と何度願っただろうか。
過去の過ちは消えない。消せない。証拠は消えるかもしれないが、罪の意識は消えることはない。
墓にまで持ち込まなければ、そうすることを僕たちは約束した。
たくさんの秘め事はお墓に。そして、僕らの記憶として刻み込む。今すぐにでも忘れたいが、忘れたら、平和が崩れる可能性があると考えると、とても怖かった。
 僕らは罪を犯した。大きいことも小さいことも。隠したい秘密は一人じゃなくて、僕らで共有してきた。僕らは罪の共有で繋がれて……いや、縛られている。
僕は唯一、秘密のない……それは違う、罪を犯していない存在だ。
唯一の仲間外れ、唯一の危険原子……因子でも良いのか、こういう時って。


 僕はもしかしていつか、君たちに殺されてしまうのだろうか。それとも、僕との絆を信じてくれるのだろうか。
ただのまっさらな僕を君たちはそのままにしてくれるのだろうか。
 あいつは今も人を傷つけることが好きらしいが、僕らだけには優しくしてくれる。
あいつはあいつをいじめていた主犯格がさ迷っていたのを見つけて、躊躇なく岩で殴って、殴って、殴った。
人の命の重さを知って、いじめというものを知っているから、あいつは生徒に寄り添える教師になっていた。
 モテていたあいつは女が怖くなった。あいつは何も罪は犯してはいない。
ただ、人が良すぎて人を傷つけていることにも気づいていない。これを誰かは罪とも呼ぶ。
現にあいつのせいで一人が傷ついて、その後も傷ついた子が居たのを知っている。
 放火をしたあいつはただ燃えていく民家を見て、ただぼうっと見ていた。
動機なんてあるようでない、家を燃やしたらどうなるんだろう、それだけで。
それがあの子の家だなんて知らなかったらしい。僕らも家が燃えてから知ったから、恐らく本当なのだろう。


 僕らの絆は罪だ。





3595

Re: 臨時電車 ( No.4 )
日時: 2020/09/15 22:51
名前: にき ◆Jx1Vgc1Dso (ID: XWWipvtL)


※ーーには任意の名字が入る。意味はないので、適当に。



テーマ[絆][学校](※とある方から頂いたテーマ。別のとある方と同じテーマで書いてみた、やってみた、ってやつ)


『妄想』

 絆とは、元は動物を繋いでおく綱、という意味を持つ。人と人との結び付きをこう言うのはつい最近のこと、だそうだ。

 学校に通ってた頃、学生時代はあの熱血空回り教師がそんな言葉を口煩く吐いていたような気がする。
そんな野郎の言葉にスクールカースト上層の煩い男女おとこおんなが感化されて、クラスの絆を高めようぜ、とか先陣切って言っちゃって。
皆が皆、そうしたい訳じゃないけど、そんな彼らに何とか同調する中層、何も言わない下層。
私はそんな彼らを傍観していただけだ。
 勘違いされたくないのだが、私は不登校ではない。ただ、クラスの誰かしらと他人以上の関係を築いたことがなかっただけだ。
普通、このような人間は上層くらいの人間にいじめられるだけの存在だが、
有り難いことに私には彼らにとってはそこそこの容姿、優秀な成績、素性がまるで分からない、という三点、いや他にもあったかもしれないが、
それらのお陰で私は一人でありながら、平穏を過ごしていたし、彼らの行き様を同じ空間に居ながら何処か遠くから眺めていた。
その教師も私の冷めたような目を見て必要以上に声を掛けることはなかった、というかそもそも私はやることに対しては全力な性格から彼にとっては非協力的な人間ではない、ということが伝わっていたのかもしれないが、それは誤解だ。私の性格上の問題である。

 果たして、こんな人間がいざ社会に飛び立つとどうなるだろうか。学生の頃から絆だ! って馬鹿みたいに盛り上がっていた連中よりはひねくれた野郎だ。そんな奴は社会に適合できるのだろうか、いや無理だ。

 高校を卒業して、大学生になった。やりたいことがあったなら、もう少しまともな人間になっている筈だから、
つまりは目的もないままに入学した訳なのだが、そこで予想外の出会いをすることになる。
 一人の男。私と同じ大学の新入生、つまるところ同級生であるこの男は私もよく知る人物だった。詳しく説明しよう。
 この男、ことーーは高校が同じだった人間であり、私が好きでも嫌いでもなかった上層の人間である。
顔と性格で大体乗り切ってそうな人たちのことを上層に定義しているが、ここには例外も含まれることもあることを容赦していただきたい。
 のだが、ーーの場合は例外に含まれることなく、ただ前者に述べた通りの人間なのだ。
遠回しに言うのを避けよう。直接的に言ってしまうと、馬鹿なのだ。
ーーが居ることを予想外、としたが、これは過去に彼の行動、周辺やらを見ている限り、恐らくそうなのだろう、と判断したまでであって
回りがもし秀才だったとき、この前提は崩れることになる。
ちなみにどうしてーーを見る暇なんてあったのか、と問われそうだが、
ただ3年間ーーと同じクラスだっただけ、であって、必要以上の感情をーーには抱いていないことを証明はできないが、そうとする。というか、そうである。
 もしその前提が真だった場合、ーーが私と同じレベルの大学に入学していることが予想外、だったと言いたいのだ。
何となく、目に写る行動を見ていた限り、あのグループが実は頭の良い集団なのかは分からない。
話したこともないのだから、分かるはずがないのだ。

 待ってくれ、待ってくれ。まだ、話している途中じゃないか。
 なに? 話し方が堅苦しくて聞いていて疲れる?
○○は少なくとも私がこういう人間であることを知っているだろ。特に話していなくとも、常時、私はこうだった筈だろう? 
それにーーのことを話せと言ったのは○○じゃないか。どうして話を止めることなんかす……。
 ん? もうそんなことはいいからさっさと話せ? 本当に図図しい野郎だな。まぁ、話してやるさ。

 というか、○○がーーのことが好きだなんてな。しかも、話したこともない奴に情報提供を求めるなんて、○○は余程好きなんだな、必死なんだな。
 あぁあぁ、わかった。さっさと話す、話すよ。
 さっき話してた謎は恐らく解けたんだ。前に予想外の出会いをした、と話したが、こんな私が自分からーーに話し掛ける訳がないのだから、
私とーーが出会う要因を作り出したのはきっとーーだ。話したこともないというのに見たことがある、同じクラスだった女子だから、って理由だけで、入学式後に話し掛けてくるんだから……風変わりだと私は思ったね。

 でも、それ以上の関係はないさ。学部も違うし、わざわざそれだけ言いに来たんだろうね、ーーは。
だって、あの日以来、ーーには会ってないのだからね。
 何? 恋人は居るのか……? そんなの知る由もな……おいおいおい、物騒なものを鞄から出すなよって。沸点、低すぎだろ。
 あ、ちょうどほら……あれ。あそこにーーが居るんだから、私は関係ないだろ?
自分で話しかけてこいよ……はぁ? 私一人じゃ話し掛けられないから呼んでこい、だと?
ろくに話したこともないのに何媚びてんだよ……って、ほらほらほら、レンチを見せびらかすなよ……呼んでくる、呼んでくるから。呼んだら、もう戻るからな。

 そこに居たーーに話し掛けた。誰か、友人だろうか、が居たようだが、彼女には軽く謝罪をして借りる、と宣言し、ーーを呼んだ。
やはりーーは私のことを覚えているらしく、入学式ぶりだね、と彼女の元へ行くまでの間に話し掛けてきた。
それから、バイトは忙しいの、とか、あの場所は楽しかった、とかやけに距離感の近い話をしてくるな、とは思ったが、
適当に返事をしていたら、彼女、○○の元へとたどり着いた。
 あのさ、と何か言いたげなーーは彼女に任せて、私はさっさと去ることにした。
その後の二人の行方なんて知る由もない、なんてな。

 最近は気掛かりだったことも解決して、清々しい日々だ。
 彼女がよく口にしていた絆、という言葉は誰との絆なのだろう、と聞きそびれたことを思い出したが、まぁ、良いだろう。

 さよなら、彼女。君が言っていた絆って、最後はーーとのことだったんだろうか。







ーーーー

 次はちゃんとしたものを書く。



Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。