コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

リーダーズ
日時: 2020/07/24 00:05
名前: 風見 (ID: OtIMiKLW)

「初めまして、魔法使いです」
「海の精霊の後継者です。以後お見知り置きを」
「魔王だよ、よろしくね!」

 皆の視線が、一気に俺へと集まる。
 俺は溜息をついた。そして、観念した。

「……紡車つむがゆう。高校生、やってます……」

 ある世界を救う為、それぞれの世界から代表者が召集された。
 さしずめ、俺は人間界の代表、といったところだ。
 予言しよう。断言しよう。
 この世界を救う前に、俺が死ぬ。

「…………帰りてぇぇぇぇ!」



◾️目次◾️


Page:1



Re: リーダーズ ( No.1 )
日時: 2020/07/24 12:19
名前: 風見 (ID: OtIMiKLW)

序章 出会い

第一話 代表


「では、改めて。私の名はマリー・クインテット。魔法使いです」

 赤い瞳に、黒い髪。
 とんがり帽子に、黒いマント。
 いかにもな杖に、いかにもな本。
 見た目は完全に、魔法使いだ。

「すごーい!ねえねえ、魔法使ってみてよ!炎どかーん、水ばしゃーんって!」

「申し訳無いのですが、今は使えないんです」

「えー、そうなの?なんでー?」

「過度の興奮状態じゃないと駄目なんです。盛りのついた猫くらいですかね」

 その場の誰もが凍りついた。
 いかんせん目の前で女の子がとんでもない発言をしでかしたのだ。
 それも、恥じらいも無く。

 俺と同い年くらいの男はもちろんのこと固まっている。
 銀髪の少女は純粋に理解できていないようだった。

「こーふん?さかり?お姉ちゃん、猫なの?人に見えるよ?」

「つまりですね、異性あるいは同性の一糸まとわぬ姿を──」

「つ、次!次、行こうぜ?ほ、ほら、お前!」

「そ、そうですね。そろそろ僕も自己の顕示に飢えていたところです」

 我ながら一世一代のナイスフォローで、何とか純真無垢な心は守られた。
 少女の興味も移ったようで、何よりだ。

 マリー・クインテット。ヤベー女だ……。

「先程告白した通り、海の精霊を継いだ者です。名はシーズです」

 蒼に輝く瞳と髪は、まるで海そのもの。
 そのくせして、何故か制服を着ている。
 よく分からない外見をしているが、考えてもよく分からない。
 そもそも海の精霊って何だ。

「ねえねえ、海の精霊ってなにー?神様なの?」

「そうとも言えるし、そうとも言えません」

「どういう事ですか?一見、ただの人間なのですが」

「貴女の目に移る僕が、真実と言えましょう」

「俺からも良いか?どうして制服着てるんだ?」

「海の精霊ですから」

 マリーと目を合わす。
 銀髪の少女と目を合わす。
 そして再び、シーズへと目を向ける。

 こいつ、何かおかしいぞ。

「意味が分かりません。このままでは私の性癖外ですよ、シーズさん」

「それは一向に構いませんが、理解して貰えないのは遺憾ですね」

「私が困るんですよ。いざという時、どうやって魔法を使えと言うんですか」

「何とかなるでしょう。僕は海の精霊ですよ?」

「それでどうにかなるほど私の性癖は甘くないんです」

「おっけー、ストップ。一旦やめようぜ。な?」

 ここまで来て、俺はようやく理解した。
 こいつらは、ヤバい。

 前提として、魔法使いと海の精霊だ。
 相手は今まで関わってきた人間とは一線を画す何かだ。
 同じ縮尺で測ろうとした俺が間違っていた。
 俺が間違えていたんだ。そういう事にしよう。

「ねえねえ、そろそろ私も自己紹介したい!」

「いえ、まだ彼への質疑が終わっていないのですが」

「マリーさんはちょっと黙ろうか!さ、さあ、君の番だよ」

「はーい!えへへ、よーく聞いてね!」

 変わり者の二人に反して、この子は素直で可愛らしい。
 この子がいなかったらと考えると、寒気すら覚える。
 本当にいてくれて良かった。心から感謝するよ。

 ──だが、忘れてはいけない。
 確か、この幼気な少女は自分をこう表した。
 魔王、と。

「ヤミ・ノストーラ・イビルダーク・デスヘル・シーナ。魔王だよ!」

 魔王、だった。
 何なら、名前が長い。
 いや、関係ないけど。

 銀髪ショート、赤と紫のオッドアイ。
 角や羽、尻尾は無い。代わりに、浮いている。少しだけ。
 ついでにと言わんばかりの、小さな王冠。
 魔王、なのか。この少女が、魔王なんだろうか。

「シーナって呼んでね!魔界のみんなはそう呼んでくれなかったけど、おねがい!」

「魔王ですか。良いですね、外見ロリに魔王属性。非常に良いですよ、シーナさん」

「困りますね、名前が非常に似ている。改名を推奨します」

「難しい言葉使わないでよー。分かんないよー」

「十二分に興奮できるという意味です」

「名前を変えて欲しいのです。ややこしいので」

「お前ら小さい子にも容赦ねえな!ちょっとは抑えろよ!」

 一瞬でもこの子に疑いの目をかけた俺が馬鹿だった。
 この子は、ただの魔王だ。
 そして、ただの純粋な少女だ。
 おかしいのはこいつら二人だけだ。

 良かった。
 シーナはこちら側だ。

「小さい子?違いますよ。こういう場合、ロリババアと相場は決まっているんです」

「酷え相場だな!大体、マリーさんはそっちもいけるクチなのかよ?」

「マリーで構いませんよ。それと、ロリババアは最高に性癖です」

「魔法使いの思考は理解不能ですね。ヤミちゃんは幼子に決まっているでしょう」

「良いぞシーズ。ちょっとだけお前に親近感を感じてるよ、俺」

「海の精霊の言う事に、違いなどありません」

「やっぱ遠いわ」

 段々と慣れてきている俺に恐怖すら感じている。
 今後この世界でどうなるかは一切分からない。
 それでも一つだけ確かなのは、今後苦労するだろうという事だ。

「よく分かんないけど、みんなよろしくねー!」

「ええ、色々とよろしくお願いします、シーナさん。さて、貴方の番ですよ」

「あ、ああ。そうだな……」

「どうしました?もっと盛んに行きましょう。興奮するものも興奮しませんよ」

「興奮は別に良いんだけどさ……」

 正直、俺は非常に疎外感を感じている。
 理由は、驚くほど明白だ。

 魔法使いに、海の精霊に、魔王。
 錚々たる面子に囲まれた俺は、さしずめ子犬だ。
 最初に言った言葉通り、俺はこの場において役に立たない。
 何故なら。何故ならば。

ゆうって呼んでくれ。まあ、あれだ。ただの高校生だ」

「こーこーせい?なにそれー」

「特に言う事は無いんだ。その、普通の人間なんだ……」

「魔法みたいに、超常現象を起こせますか?」

「いえ、全く……」

「海の生命を従える事は可能ですか?」

「そんな事できんのお前!?いや、俺は出来ないけど……」

「なんか能力とかもってるのー?」

「無能力もいいとこです……」

 その時初めて、三人は顔を見合わせた。
 三人とも、何か言いたげな顔をしている。

 分かっている。俺が一番よく分かっている。
 だから、言わないでくれ。
 言葉という名の凶器で、俺を殴らないでくれ。
 頼む、お願いだ。

 そんな俺の想いも虚しく。
 三人は口を揃えて、精神的に殴りかかってきた。

「「どうしてここにいるんですか?」」
「そんなんじゃ死ぬよー?」

 息を大きく吸って。
 大空に向かって大きな声で。

「知るかよぉぉぉぉぉぉ!」

 ほんの少し過去のこと。
 全ては、アイツが現れてから始まった。
 始まってしまったんだ。


Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。