コメディ・ライト小説(新)

Re: 初恋は夕陽色。 ( No.5 )
日時: 2017/10/08 19:34
名前: ましゅ ◆um86M6N5/c

『第1章』

第1話:初めて受けた告白。



「…かな」
「なにー?」

 私は複雑な表情でそれをスカートのポケットに入れる。

「先帰っててくれない?ちょっと用事思い出して」
「えー……まぁいっかー。じゃあまた明日!」

 物わかりの良い有人で良かった。私はかなに手を振り見送る。そして姿が見えなくなると、ポケットに入れたお花柄の封筒をもう一度開けた。

「皆川翔って……まじか……」

 私が所属するのは2-2。そして彼、皆川翔も2組だ。
 これって尚更気まずいパターンでは。

「とりあえず行くかな……」


○*



 校舎裏は夕陽のオレンジ色でいっぱいだった。こんなところでこんな綺麗な景色が見られるなんて知らなかった。
 そしてあの手紙の通り、皆川が待っていた。夕陽で彼が居ることぐらいしか分からないが、何となく表情は真剣だろうと直感で思った。

「てか何でこんなとこに呼び出したわけ?」

 彼にゆっくり歩み寄ってそう言い放つ。私は割とクラスの中でも真ん中に経っているような存在で、色々な人と話すが――彼とはあまり話した覚えがない。共通点を上げるとすればバスケ部、ということぐらいだ。それで少しは顔を合わせたが――


「好きですっ!!」


 色々な考え事を全部吹き飛ばすような言葉を彼は放った。

「……は?」

 彼は真剣に言ってるつもりだろうが思わず私は間抜けな声を出す。もともと……私は性格もあまり女の子、といえる感じではない。どちらかというと男勝りだし、皆川は確かに「好きです」と言ったし……。私の思考はショート寸前だった。

「その……なんかたまに見せる笑顔に……一目惚れしましたっ!付き合ってください!」

 もうそこまで言うと、彼の顔は真っ赤だった。

 ……なにこいつ、可愛い。皆川は私より背の小さい男子だ。
 だから尚更可愛く見えてしまう。

「……なんか恥ずかしいから顔上げろ!」
「は、はい」

 私が一喝すると、彼は即座に顔を上げる。真剣な表情だがまだ顔は赤い。つられてなのか、私も顔が熱くなってしまう。

 そういえば、生まれて初めて受けた告白だ。私に好意を寄せる人なんて居るんだ。変わり者なんだなぁと思わず笑みがこぼれる。
 こんな性格も声も男っぽくて、目つきも鋭い私に。




「――…いいよ」

私は皆川と目線を合わせて、ぽつりとそう呟いた――。

Re: 初恋は夕陽色。 ( No.6 )
日時: 2017/10/08 23:37
名前: ましゅ ◆um86M6N5/c

第2話:話題のないふたり。



 ――それから、半時間後。今日は偶然部活がなかった私と皆川は一緒に帰ることになった。
 私が「いいよ」と言ったということは……もう私たちは付き合っているという認識にあるわけだ。改めてそれを思うと、何だか恥ずかしい。

「「………」」

 無言。とにかく無言。居心地すら悪く感じられる。
 とりあえず話題を出そうと思うが、あまり話したことがないためどういう話題が好きなのか……好きなものの共通点とかが分からない。

「吉沢さんって……好きなものとかある?」

 突然話題を振られる。話題がなかった分ラッキーなのだが、今となっては大げさに驚いてしまった。

「え!?……んー……好きなものではないけど、趣味はバイオリンを弾くことかな」
「バイオリン弾けるの!?すげぇ……」

 ……それで会話が途切れる。付き合いたてってこんなものなのかな。あまり話さない男子だったら尚更。
 
「……俺は音楽センスなくて……」
「翔ー!!」

 皆川が呟いた言葉をかき消すくらいの大声が遠くから聞こえた。

「てめぇ何用事があるーとか言って女と帰ってるんだよ、あぁ?」
「啓太……まぁ一方的に断ったのは悪いって思ってるよ…」
「ってかお前って吉沢?そんなに仲良かったっけお前ら」

 曉啓太。一言で言うと毒舌男子。別に苦手ではないが、若干つるみにくいところもある。


「俺たち付き合ってんの!」


 すると突然皆川が曉に向かって言い放つ。

「はぁぁ!?マジで…お前が?」
「な、何だよ悪いの…?信じられないんだったら吉沢さんに聞いてみなよ」
「吉沢マジで?」
「そんなに俺のこと信じられないの!?」

 この2人はよい友達だ。掛け合いも面白いし、見ていて楽しい。去年は2人とも違うクラスだったが、何回か廊下で見たこと、そして会話を聞いたことがある。

「いや……翔が吉沢を好きなのは知ってたけど。吉沢は翔のこと……」

 話してないのに何で知ってるの、と呟く皆川を無視して曉は私に言う。
 ……別に好きとかじゃない。好意を寄せられるのが珍しくて、何となく了承しただけだった。

「まぁ悪く思ってないのは事実なんだし。別に良いかなって思って」
「好きじゃないこと認めたな今」
「それはこれから次第だよ」

 皆川の方をチラリと流し見る。彼は顔を手で覆いながらも、耳まで真っ赤になっていて少し面白かった。