ダーク・ファンタジー小説

糸電話
日時: 2015/07/05 21:53
名前: 闇月 麗

ホラー系です

Page:1



Re: 糸電話 ( No.1 )
日時: 2015/07/06 20:54
名前: 闇月 麗

ま「これでいつでもしゃべれるね 雪子 何か喋ってみてよ」
雪「じゃあ まきちゃん私ね、、、」
小さい頃から向かいの家に住んでいる雪子 大人になっても変わらない一番の友達
本当にそう思ってたのにね






あ、そ、ぼ  送信
友「まき」
ま「ん?」
友「おはよ〜」
ま「ごめん 昨日メールくれてたんだよね いま返したよ」
友「おせーよ」
中学に入ってからできた友達は 面白くて オシャレで 
びっくりするぐらい毎日が楽しくなった
、、ドンッ
友「ごめんね」
雪「あっ家気にしないでください」

友「金井雪子だっけ?なんか浮いてるよねー」
ま「だねー」
ま「、、、、」

一話終わり
続きも書くので読んでくれると嬉しいです
ありがとうございました         

Re: 糸電話 ( No.2 )
日時: 2015/07/07 17:01
名前: 闇月 麗

ジージージー、、、電話がなる
ま「、、、また雪子からだ」
私はそっと電話をとった
ま「はい?」
雪「まきちゃん いまなにしてた?」
ま「、、、いや 別に何も」
雪子とは小さい頃からすごく仲良しで こっそりお互いの部屋に糸電話をはって毎日 夜更かしして話をしていた

Re: 糸電話 ( No.3 )
日時: 2015/07/07 17:03
名前: 闇月 麗

コメくれると嬉しいです

Re: 糸電話 ( No.4 )
日時: 2015/07/08 05:47
名前: 雨粒

初めまして!
題名にひかれました!
続き待ってます!

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。