ダーク・ファンタジー小説

元姫の復讐劇
日時: 2015/08/02 22:16
名前: にゃんこ

こんにちは(^^)にゃんこです。
はじめての作品なので下手だったらすいません(>_<)
長編にする予定です。
亀速度の更新になるかもしれませんがよろしくお願いしまーす。

Page:1



Re: 元姫の復讐劇 ( No.1 )
日時: 2015/08/03 12:03
名前: にゃんこ

今日も面倒臭い1日が始まる。

ガラガラガラッ

シーン

私が教室のドアを開けると、さっきまで騒がしかった教室が一気に静かになった。

でも、それは一瞬のことですぐに教室はザワザワし始めた。

「うわーっ、あいつまだ学校来てんのかよ!」

「裏切り者のくせに!」

「結愛ちゃんをいじめるとか最っ低!」

クラスの女子たちがいろいろ言っているけど私は気にしない。

だって私、結愛のこといじめてないし。

なんで結愛をいじめたって噂があるかって?

それは、桜龍という暴走族の姫だった私が今の桜龍の姫の河原 結愛(かわはら

ゆあ)をいじめたとされているから。

でも私はさっき言ったけど結愛をいじめてなんかない。

結愛が私を桜龍の姫じゃなくなるように仕向けたんだ。

私に裏切り者というレッテルを貼ってね……。


Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。