ダーク・ファンタジー小説

I live with ヴぁんぱいあ。【1/22更新】
日時: 2019/01/22 23:11
名前: はるた

「しばらく更新停止します(通常更新です)」 byはるた


 




 初めましてor(知っている人がいましたら)お久しぶりです。
はるたと申します。

 はるたの五作目となる今回の小説のテーマは「ヴァンパイアと人間の少女の恋」になっております。
今回は皆様に少しでも「ドキドキした」と言ってもらえるようなお話にしていきたいと思っています(思っているだけ)ので、どうぞよろしくお願いします。





【参照記念】

 参照300記念小説 >>55
 参照600記念小説 >>81
 参照900記念小説 >>111
 参照1200記念小説 >>112
 参照1500記念小説 >>121








【お客様】

◇ゴマ猫様
◆ひよこ様 
◇雨空様
◆朔良様
◇覇蘢様
◆占部 流句様
◇いろはうた様
◆錦歌赤兎様
◇紗悠様
◆如月 神流様
◇みるく様
◆波璃様
◇星来様
◆蒼様
◇美奈様
◆ゆーき。様
◇戒壇様
◆ことり様
◇顔無し@様
◆村雨様
◇佐渡林檎様
◆Garnet様


【目次】

*Prologue >>09
*Episode01 >>113



【設定資料集】

*「ゆたか&鉋」 >>77
*「八朔&海里」 >>78
*「恭也&庵」 >>104
*「悠真&千影」 >>105





 参照9000感謝です。
 



では、物語の世界へどうぞ。





Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39



Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.93 )
日時: 2015/02/11 18:24
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg




 こんばんは、はるたです。
今日は少しだけお知らせがあって来ました。特に重大ってことでもないので、簡単に。

 三月いっぱいまでリアルのほうがごたごたして忙しいので、しばらくこちらに来れないかもしれません。
 それと同時に、もう一つ書いている小説「生徒会にヒーローとおもちゃ!」の完結に向けて頑張るつもりなので、こちらの方をなかなか更新できないかと思います。申し訳ありません。
 最近やっと週一更新ができるようになったのに、本当にペースの乱れに笑ってしまいます。昔は結構更新できていたのに……とか過去を遡ってみたり、と。
 二月中はこちらの更新を頑張りますので、どうぞよろしくお願いします。


 参照900記念の小説ですが、本編のキリが良いところでしたいと思います。なのでしばらくお待ちください。
 話は変わりますが、参照1100突破いたしました。
読んでくださる皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。
 

Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.94 )
日時: 2015/02/16 22:58
名前: はるた

Blood11「溜息」



とりあえず落ち着こう。
私は自分の心に芽生えた怒りを抑えるように、そう唱えた。

「ねぇ、八朔」
「ん。どうしたの、ゆたか」


落ちついたので私は笑顔を作り、八朔を呼びかけた。
こたつにくるまりながら八朔は眠たそうな顔でこちらに振り向く。目をこすりながらこちらを見る八朔の姿は、まるで面倒くさいことは嫌だ、と言っている子供みたいだ。

「ちょっとね、話があって」
「どうしたの、顔が怖いよ」


八朔に突っ込まれて、私の表情筋が固くなっていたことが分かる。軟らかくなるように、少し口元に手を当て広げてみた。
何やってるんだろう、わたし……。


「買い物、行ってきてくれないかな?」


瞬間的に八朔が嫌そうな顔をした。

いや、理由は分かるよ。八朔が寒いの苦手なんて最初から分かってる。というか今こたつから出てきていない状況からでも分かるくらいだもん。
でもね、買い物しないとお客さんにおもてなしもできないし、お菓子さえ出せないじゃない。


残念だけど、私は今外には出られない。
……一応誘拐されたってことで探されているくらいだし!!



心の中で文句をぶちまけ、私はまた無理矢理笑顔を作った。今度は自然に作れた気がする。


「……買い物、行ってきてくれるよね?」



どす黒い声が部屋に響き渡った。
これが私の声なわけないよね、うん。きっとそうだ。



***




「こんにちはー」


数人の声が玄関近くで聞こえる。
私はとうとう鉋のお客が来たんだなぁと思い、オーブンで焼いているケーキから少し目を離し、玄関に向かった。
お客さんは三人。男の子一人に、女の子二人。

鉋は高校二年生って言ってたから私と同い年か。でも、鉋曰く私は今日妹設定ってことだから高校二年生以下……。



上手く演じられる。



私は大丈夫大丈夫と心の中で何度もつぶやき、彼らのもとに出た。




「お兄ちゃん、お帰り……えっと、お客さんもいらっしゃい」



私がにこりと笑顔で笑うと、三人もすぐに顔をほころばせた。
鉋の表情をうかがうと、すごく満面の笑みを浮かべている。なんだか腹立たしい。これで大丈夫ということなのだろうか。


「ただいま、ゆたか。こいつら言ってた俺の友達な」


鉋の紹介により、三人が個別に自己紹介を始めた。
気に入られようとする彼らの笑顔が妙に気持ちが悪かった。





「……初めまして、僕、宮代。宮代庵。……あのさ、君。ううん、やっぱ何でもない」


何かを言いかけて止めた庵に私は違和感を感じながらも、わたしは「よろしく」と軽く相槌を打った。

……不思議な雰囲気。
胡桃色の髪、まるで女の子だと勘違いしてしまいそうなパッチリな二重に、真っ白な肌。可愛らしい容姿からは見当のつかない耳のピアスの穴に、彼はぶかぶかな制服に身を包む。

普通に教室にいたら女のことかに騒がれそうな男の子だ。
それは鉋も同じなのだろうが……。そう思いながら鉋のほうを見ると、なぜか鉋は困ったような表情をしながら庵を見ていた。



「……はじ、初めまして!!わたし、村前苺。鉋君のクラスメートで、よく一緒に遊びに行ったりする仲なの。あと、クラスの委員長とかやってて……!!」


庵の自己紹介の後は、短いスカートの女の子が自己紹介をした。
今どきの女子高生といった感じで、髪もゆるくパーマをかけており、あまり濃くはないがメイクもばっちりとしている。

挨拶の感じからして、この人は鉋のことが好きなのだろう。
少しでも妹役の私に気に入られようとアピールポイントを述べる彼女に、私はついぷっと吹き出してしまった。


「可愛らしい名前ですね」
「……へっ!?」
「あぁ、苺っていう名前です。可愛い名前だなぁって」


同い年の人に敬語を使うのは違和感がある。
私が微笑みながらそう言うと、苺は嬉しいのか目を細ませた。



「初めまして……」




最後の一人の少女の声が響く。
知るはずのない少女なのに、なぜか心惹かれる。

チンっとオーブンで焼いているケーキが焼ける音がした。

その音と同時に彼女は自己紹介を始める。


「私、真木紗耶香と申します。仕事上、敬語癖が抜けないので言葉遣いに関しては気になされないでください。初めまして、」


真木紗耶香と名乗る少女は、私の近くまでやってきて耳元でこう囁いた。


「……相楽、ゆたかさん」





Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.95 )
日時: 2015/02/17 18:13
名前: はるた




【参照1200突破】


参照が1200突破いたしました。ありがとうございます。

300ずつお祝いしているのですが、最近はお祝いできてないですね……はい。
十一話くらいから始まった友達訪問編(←今適当につけた……)が終わりましたら記念を900と一緒にやりたいと思います。
1200のほうの○○さんいじってみたでは、まだあまりちゃんと登場はしていないですが、十一話にちょろっと出てきた宮代庵をいじってみようと思います。
話は変わりますが、いじってみた企画はこの四人目の庵でおしまいです。

  1500からはどんな企画をしようかまだ検討中です。
 これからもこの作品をよろしくお願いします。

Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.96 )
日時: 2015/02/20 22:48
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg

Blood12「菓子」


しばらく理解するのに時間がかかった。
何が起こったのかよく分からなくて、私はただ漠然と彼女……真木紗耶香を見つめる。

どうして私のことをしっているのだろうか?
不思議に思いながら、私はちらりと鉋を見る。鉋は私の視線に気づいたのか「大丈夫」と口パクで伝えてくれた。大丈夫とは、それまたどういうことなのだろうか。私の頭はパンクしそうだった。


「……えっと。あっ、実は私ケーキ焼いたんですっ!よかったら食べていってください」


この場しのぎで私は焼けたばかりのケーキの話をした。
お客三人は「ケーキ」という単語に胸を躍らせたのか、目を細ませながら鉋に部屋まで案内されていた。
私はほっと胸をなでおろし、キッチンに戻る。




「どうしたのー。ゆたか、なんだか疲れてる?」
「あ、八朔。どうしたの」


キッチンにはケーキの匂いにつられたのか、少年姿の八朔がオーブンの前に立っていた。オーブンは大きな机の上にあるため、八朔は大きく背伸びをして、ケーキがどんなのかを窺っている。
そんな姿に私は笑みがこぼれた。


「けーき。なにケーキ?」
「シフォンだよ。これから生クリームの準備をしないとね。泡だて器どこにあるか知ってる?」
「そこの机の引き出しの上から二番目だったと思う。ていうか、俺もケーキ食べたいなぁ……少年の姿で弟役っていうのは無理かな」

八朔のおかげで泡だて器を見つけた私は、すぐにボウルの中に生クリームを入れ泡立て始めた。生クリームを泡立てるのは手首がつかれる。
でも、案外この作業が好きなのだ。
……小さい頃よくお母さんが私のためにシフォンケーキを作ってくれていたのを思い出す。そしてそれに添える生クリームを泡立てる姿をいつも私はキッチンで見ていた。


八朔が文句を言いながら私の近くに来て駄々をこねる。
そんなにケーキが食べたいのか?


「弟役は無理だと思うけど、ケーキはきって部屋に持って行ってあげる」
「本当!?」
「ほんとう……」


私の言葉に八朔は満面の笑みで頷く。「じゃぁ、持ってきてね」と言いながら八朔はキッチンから出ていき、こたつのある部屋に向かった。こたつの部屋は、もう八朔専用の部屋みたいになっている。どうしたものか……。

でも、夏になったら八朔はどうするのだろう?夏でもこたつなのか!?



「はぁ、何かどうすればいいのか分かんない」



ここにやってきてもう一週間は軽く過ぎただろう。
私はこれからどうすればいいのだろうか。




***






ケーキを持っていくと、部屋には苺と庵の二人しかいなかった。鉋と紗耶香はどこに行ったか聞いてみると、曖昧に話を流された。
庵は半分面白そうに、苺は半分悲しそうに。
その表情から、あの二人には何らかの関係があることが分かる。


私は勘で、鉋の部屋に向かってみた。思った通り、そこには楽しそうに話す鉋と紗耶香の姿があった。胸が何だか窮屈になる。



「……鉋?」


私が彼の名前を呼ぶと彼より先に紗耶香が私を見た。
どきっと私の心臓が高鳴る。


「こんにちは、ゆたかさん。お会いしたかったです」
「……えっと、どうして私のこと、知ってるんですか?」


私はまだ鉋の妹ということしか話していないはずなのに、どうして私のことを……私の名前を知っているのだろう?
私の疑問を晴らすように、鉋が言葉を注ぎ足す。


「俺が教えた」

正直何とも言えなくなってしまった。私の話をこの人にしたということなのだろうか。それならなぜ?
鉋は私を誘拐したという表向きなはずなのに。それを他言して鉋に得なんてない。


「な、なんでっ」
「こいつさ、実は。人間じゃないんだ」
「……え、はい。えぇ!?ちょっと待とう。どういうこと」
「私、化け猫の類です……。あなたと同じ人間ではありません」


あっさりとそう言われて私は戸惑う。
化け猫、ということは八朔と同じ?


「もしかして、八朔と同じってこと?」
「まさか……」


私がそのことについて聞いてみると、馬鹿にしたようにクスリと彼女は笑って見せた。
私は何が何だかわかなくなって、眉をひそめる。
頭を遣い過ぎたのか、くらくらする。足元が安定せずに私は勢いよく横に倒れてしまった。目の前が真っ暗になって、それこそ何が何だか分からない。


「八朔様と私が同じなんて、恐れ多いです」


彼女の言葉は私の耳に入ってくることもなく、鉋が私のもとで名前を呼ぶ声がうっすらとだけしか聞こえなかった。





真っ暗な闇の海に沈んでいくみたいで怖かった。
あぁ、また思い出してしまった。



…………私が犯した過ちを。




Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.97 )
日時: 2015/02/23 23:27
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg

Blood13「鼓動」




目が覚める。私は息をついて自分の居場所を確認した。
白いシーツ、あぁここはベッドなんだと私は把握する。くるりと寝返りを打つと、そこには何か奇妙な赤いしみがあった。
ぞっと寒気がした。もしかしたら……。

私はふっと鼻で笑い、ゆっくりと顔をあげる。そこには一人の少年が立っていて私をじーっと見るなり、彼は表情を変えず「大丈夫?」と尋ねてきた。


「えっと……あの、鉋じゃなかった、お兄ちゃんの友達の……」
「うん。宮代庵」


彼は呟くような小さな声で答え、おいてある椅子に座った。私も重い身体を踏ん張って起き上がらせる。起きた瞬間にぐたっと体がふらついて、私は吃驚してベッドに手をつく。



「大丈夫……?」
「え、あぁ……はい」



心配しているのか、私に優しく声をかけてくれた。
でも彼は無表情だった。私はそんな空気を剥がすために、無理に笑顔を作って見せた。


「あのさ、君……相楽ゆたかさんだよね。あの、女子高生行方不明事件の」
「…………なんで、いや。え……、どうして?」


私の顔がゆがむ。庵はまだ無表情だ。
髪も切って、容姿だって大きく変わったはず。いた場所だって、こんな田舎までバスで何時間もかけてやってきて。
絶対ばれないはずなのに……



あぁ、きっとこの人も化け物なんだ。鉋やあの化け猫とか言ってた紗耶香と同じ化け物なんだ。そうだよ、鉋の友達なんだからそうに違いない。絶対そうだよ。


「テレビで君を見て、今日鉋の家にやってきたときにびっくりした。鉋はもしかして誘拐犯なのかい?」



その言葉を聞くなり、私は顔をゆがめながら大きく首を振った。




鉋を悪者にはしたくなかった。
彼の言葉で鉋と同類ではないことがはっきりと分かってしまったが、私はそれでもかまわず、そう信じ込むようにした。



「君がなんでこの家に来たのか考えてみた。テレビだと、一家心中に取り残されて苦しくて逃げたっていう説と誘拐説が大きいらしいけど、俺は何だか違うように思えた。だって可笑しいとは思わないか?原因不明の火事、その理由を解き明かすより先に君の捜索が優先された」



私はごくりとつばを飲み込んだ。
庵の言葉に私は戸惑ってしまった。そして続きを言われることに恐怖を感じる。



「マスメディアは強いよ。いずればれることだよ、火事の原因……一家心中とかじゃないんだろう?」



「……なんで、そんなこと言うの?」




声が震える、また体が重くなる。
火事の原因は一家心中だ。私はそれに取り残されて、悠真の姿を見るなり涙が出て、それがつらくて私は家を飛び出した。
それでいいじゃないか、それで……いいじゃないか。



「それを知って、あなたは何をするの?私がその一家心中の事件の少女、相楽ゆたかだったとして、あなたはどうするの?
私を捕まえて、警察に突き出す?この子火事の原因知ってますよって」



白いシーツ、赤いしみ。
天井の木材の匂い、輪の形の蛍光灯の電球。夕方特有の暁の夕焼けの光の反射が部屋を映す。




心は決まっていた。私はすべてを知っていた。
それでもそのことを言いたくなかったのだ。



「僕はただ知りたいだけ。君がここにいたいっていうんなら、それは君と鉋の勝手だ。僕には関係ないことだ。でも、それで君のこと心配してるやつは救われるのか?」
「……っ!!」



反論をしようにも言葉が出てこない。
言いたい言葉はもうとっくの昔に消えてしまっていたのだ。あの日、雪の降るあの日。悠真に家を出されたとき、私は何かに勘付いていた。
あの時、私が少しでも悠真の奇妙な行動に気づいていたら。海里に確認をとっていたら。



ずっとそんなことを考えてしまう。



ゆっくりと悠真の顔がフラッシュバックする。にっこりと笑顔の弟、冷たい表情の弟。
全てがウソみたいに見えてくる。




「弟なの……、家、燃やしたの。弟なの」





燃え盛る炎、そこに悠真はいた。
笑顔でもなく、泣き顔でもなく、悠真はただ立っていた。
小さな声で「ごめんなさい、ごめんなさい」と言葉を漏らしながら。







私の告白に庵は小さく頷いて「ごめん」とつぶやいた。驚くよりも先に、庵は私のもとにやってきた。
彼は私の近くに来るなり、そっと私の頭をなでる。くすぐったい、くすぐったいけど、なんだか嬉しかった。
そんな中で私の瞳からは自然に涙が出る。全て言ってしまったからだろうか。もう、一人で抱え込んでいないからだろうか。





「……ゆたか」





庵が私の名前を読んだ。自然なことで、私はそのことの重大さなんて全く感じなかった。
彼の手が頭の上からゆっくりと落ちていき、私の頬に触れる。



「……え」



私の涙をぬぐうように、彼は私の涙に触れた。
彼のもう一つの腕で私はギュッと彼のもとに抱き寄せられる。



「僕、テレビで君を見てなんだかほかの女の子と違う感じがしたんだ。なんだか胸のあたりがぎゅーってなった。気になったんだ、君のこと」




彼の体温はむず痒いけど、あったかかった。
震える肩も、重い身体も……すべて彼が請け負ってくれるように感じる。

彼の吐息が近くに感じた。
初めて、人というモノの大切さを感じた気がした。







Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。