ダーク・ファンタジー小説

I live with ヴぁんぱいあ。【1/22更新】
日時: 2019/01/22 23:11
名前: はるた

「しばらく更新停止します(通常更新です)」 byはるた


 




 初めましてor(知っている人がいましたら)お久しぶりです。
はるたと申します。

 はるたの五作目となる今回の小説のテーマは「ヴァンパイアと人間の少女の恋」になっております。
今回は皆様に少しでも「ドキドキした」と言ってもらえるようなお話にしていきたいと思っています(思っているだけ)ので、どうぞよろしくお願いします。





【参照記念】

 参照300記念小説 >>55
 参照600記念小説 >>81
 参照900記念小説 >>111
 参照1200記念小説 >>112
 参照1500記念小説 >>121








【お客様】

◇ゴマ猫様
◆ひよこ様 
◇雨空様
◆朔良様
◇覇蘢様
◆占部 流句様
◇いろはうた様
◆錦歌赤兎様
◇紗悠様
◆如月 神流様
◇みるく様
◆波璃様
◇星来様
◆蒼様
◇美奈様
◆ゆーき。様
◇戒壇様
◆ことり様
◇顔無し@様
◆村雨様
◇佐渡林檎様
◆Garnet様


【目次】

*Prologue >>09
*Episode01 >>113



【設定資料集】

*「ゆたか&鉋」 >>77
*「八朔&海里」 >>78
*「恭也&庵」 >>104
*「悠真&千影」 >>105





 参照9000感謝です。
 



では、物語の世界へどうぞ。





Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39



Re: I live with ヴぁんぱいあ。【1/18更新】 ( No.83 )
日時: 2015/01/18 20:46
名前: ひよこ ◆1Gfe1FSDRs

はい、可愛いです。ごちそうさまでした((

猫はこたつで丸くなると言いますが……まさにそのままですねw
それにしてもゆたかちゃん、結構厳しい!!w
私だったら可愛さに負けて買ってますね、キャットフード。

冷蔵庫に思わず吹いてしまいましたw
これでいじり度普通とは……恐るべし。

次は鉋君をいじるのは……ありませんかね。
ゆたかちゃんでも可((
引き続き八朔くんでもおいし((
すいません黙ります。


更新頑張ってください!!

Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.84 )
日時: 2015/01/21 23:38
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg



こんばんは、はるたです。
今日は友達と「こんな言葉を言われたらキュンキュンするよね大会」をしました←
友達(女子)がイケヴォで「バレンタインはチョコじゃなくて、お前が欲しいんだ」と言ってくれ、発狂いたしたほどです。はい、何か青春している女子みたいな日でした(笑)
鉋とかならサラッと言ってくれそうですね、こういうことは……。




***


朔良さん

はい、参照700いきました。
でもやっとのことですよ。流石なんて……、そんな朔良ちゃんの小説のほうが素敵で「流石です!!」と言いたいほどなんですよ!

そうですね、ゆたかは結構なドSですね。まだ本編では本性を出していないのですが、キレるとちょっぴり怖いです。はるたもやりすぎじゃないのか、と思うくらいです……。
八朔をほめてくださる方が……。いえいえ、実質明るくて鈍感。そのままです(笑)でも、確かに周りを見る力は備わっているのかなぁと思います。

冷蔵庫に放り投げる件は、良い子はマネしないでね……レベルです。
八朔だからOKなことなので、いや八朔でもアウトでしょうか……。

コメント、ありがとうございました。




***


ひよこさん


そうですね、冬にはこたつで丸くなる……はるたもそんな感じで、家でこたつでゴロゴロです。でもってお母さんに怒られます。
はるたもきっと可愛さに負けてキャットフード買ってしまう一人です。一緒ですね!でも、ゆたかはそんな優しいキャラじゃないのですね、読み返してみると少しひどいみたいに思います……いや、少しじゃないか。

冷蔵庫の落ち、気に入ってもらえたみたいで嬉しいです。
イジリ度普通……、まぁゆたかからしたら普通なのでしょう。絶対傍から見たら普通じゃないですけど……(汗

そうですね、参照が少しでも増えましたら記念でまたこの企画をしたいと思っています。
増えましたらです、はい。だからいつになるかは不明ですね、一年後になるかも……(笑)

コメント、ありがとうございました。



***



十話はできたら今月中に更新できたらなぁ、と思っています。
あれですね、一か月に一話くらいは更新したいですね。はい。

参照800です。
読んでくださる皆様に感謝です。



Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.85 )
日時: 2015/04/14 01:25
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg

Blood10「電話」


「……鉋、学校に行った?」

リビングに戻ると、こたつにくるまっている少年八朔がそうたずねてきた。コクリと頷くと彼はふぅっ吐息をつき、のそのそとこたつから出てきた。嫌そうな顔して……。

「どうしたの。八朔」
「ん。ちょっと話が合って」

八朔が異様に私に近づいてきた。
もちろん鉋は私より背丈が低いから、特に何とも思わないけど、普通の男の人……特に鉋なんかだったらきっとドキドキしてしまう距離。

「ねぇ、ゆたかは鉋のこと好きなの?」
「……へ」

八朔から思いもよらないことを告げられ、私の脳は停止した。
……鉋のことが好き?
八朔はいったい何を言っているのだろうか。これは何語だ?

自分の右手に力を入れた。そうしないと、口から全てのことが出てしまいそうだったから……。
心の中で「大丈夫」と軽く唱え、私は八朔の目を見てこう言った。


「……何言ってるの。八朔」


彼の言葉が冗談にしても、私は笑えなかった。
空気が一瞬にして変わる。私は動揺なんてしなかった。
ただ頭の中だけはすっきりしていて、こういうことだけは理解した。


私が鉋のことが好きなんて、ありえない。


「ゆたか、顔怖いよ」
「……そう、かな」

言われてハッとする。
口元の筋肉が硬直しているのか、上手く笑えない。
そうして、八朔は私を見るなりまた深い息を一つ。

「……契約をするのは……鉋が契約をするのはゆたかが初めてなんだ。だからね、俺……ちょっと心配で」
「……心配?」


八朔が顔を伏せながら、そうボソボソと呟いた。
本当に心配しているのだろう。これじゃぁ、まるで……


「八朔がお兄さんみたいだね」


私が笑うと、八朔はきょとんとした顔で私を見つめる。
その後、なんだか疲れた表情で八朔は私に

「一応、俺は鉋なんかより年上だから」

と少しありえないジョーク的なことをかまして、じーっと私を睨むように見つめてきた。でも、表情はやけに真剣だったから、もしかしたら本当のことなのかもしれない。いや……まさか、ね。

事実、鉋と八朔を見比べても八朔がお兄さんには見えない。


「俺さ、ゆたかみたいな可愛い子と一緒にいると狂っちゃうかもね」


急にそう呟いた八朔は私にギュッと抱きついてきて、私を強く抱きしめた。びっくりして、何が何だか分からなくなる私をよそに、八朔は満面の笑みで「俺、一応男だから」と言い放った。分かっているが、分かりたくない言葉だ。

「……ふぇ」


八朔なんて、ただの子供だと思っていた。
なのに、なのに……。
意味が分からない……。


もしかしたら鉋よりたちが悪いかもしれない。そう思いながらも、私はそっと口元を緩め、笑った。
純粋に八朔の新たな一面が見て嬉しかったのかもしれない。きっとそうだ。



そんな時、プルプルっと電話の音がした。
電話をとると一人の少年の声、聞き覚えのある声がする。


「もし、もし?」
『もしもーしっ。俺だよ俺』
「……オレオレ詐欺なら間に合ってます。息子居ないし、私まだ高校生なんで」
『……、うちに電話したら「オレオレ詐欺」と間違えられるって何だよそれ。ひどくね』


純粋にボケてみたが、結構な勢いでつっこまれてしまった。
めんどくさい奴だ。
電話の主は、まぎれもない子の私の主……鉋だった。

「どうしたの。何か用?」
『……え。あぁ、今日さ友達がうち来るから。だからお前は妹設定でよろしく』
「……え。何の話」
『高校の友達だよ。あと八朔には猫のフリしといてって言っておいてな』


ガチャリと切られてしまった電話に私は大きな声でいつの間にか叫んでしまっていた。

「鉋のばぁかぁぁぁぁぁぁあぁ!!」


本日二度目だ。
この言葉が何だか好きになってしまったのだろうか。

また、大きなため息をつきながら、こっちを見て「何かあった?」と聞いてくる八朔に笑顔で「別に」と答えるしかなかった。
今日は何だか大変な日になる気がする……。

気のせいだといいんだけど。

Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.86 )
日時: 2015/01/25 23:39
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg


【参照900突破】


皆様が読んでくださるおかげで参照がこんな大きな数になりました。
本当にありがとうございます。
ほんの最近800突破したばかりなのに……、びっくりして持っていたお茶がこぼれた限りです。お恥ずかしい……。

まだまだ先は長いですが、完結までお付き合いください。
目指せ、年内完結!!です。

今月はあと一話くらい更新できたらと思っています。
出来るかどうかは不明ですが、とにかく頑張ってみます……!!

読んでくださった皆様に感謝です。
今回の参照記念の主人公は恭也になっております。よければこの際に恭也のキャラもどんななのか知ってもらえると嬉しいです。

では、失礼します。

Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.87 )
日時: 2015/02/01 00:14
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg

Sidestory02




〈過去と現実は矛盾だらけ〉



「……はぁ」


恭也は大きくため息をついた。
クラスメートの女の子、相楽ゆたかが消えてからもう一週間が過ぎる。
時間というモノはなんてあっという間なんだろう。車がすっと通り去るみたいに、簡単に過ぎ去って行ってしまった。
探そう、そう努力をしてもあんまり上手くいかない。
高校生だから、そんな理由では言い訳できないと感じた。


「お兄ちゃん」
「ん。どうした、千影」


妹の千影が恭也のもとにそそくさとやってきた。
地図を広げていた恭也に向かって「日本地図ぅ?」と尋ねてくる。
「そうだよ」と笑って返すと、なんだか不満そうな顔をして頷いた。

「お姉ちゃんは、どうしたの?」
「……へ。お姉ちゃんって」
「ゆたかお姉ちゃんのことだよ。どこ行っちゃったのぉ。悠真くんのところに行っても、もう合わなくなっちゃった」


顔をゆがめて千影が笑った。そうか、千影も悲しかったのか、ゆたかがいなくて。恭也は妹の健気な様子に安心して、胸をなでおろした。
地図を見たって、ゆたかの居場所がわかるわけない。そんなこと十分理解している。しかし、探さないと自分の気が収まらないのだ。


「お母さんと一緒だね」
「……え」

給に千影がポロリと言葉を漏らした。
何を言っているのかすぐに分かったが、それを肯定するわけにはいかなかった。


「……お母さんも急にいなくなっちゃったじゃん。お父さんも、最近帰ってこないし」


千影の瞳から、ポロリと涙がこぼれている。
純粋に、可哀想だと思った。まだ幼い少女に、母親がいないなんて。兄としてもそんなトコロでしっかりしないといけないのに、格好良く「お兄ちゃん」としての振る舞いが出来ない。


「母さんは、帰ってこないけど。でも、父さんは帰ってくるよ……仕事が終わったら」


もう三日も帰ってきていない父親は、いったい今何をしているのだろう。子供は心配して待っているというのに。



「ん。千影、もう寝ようか」

眠たそうに眼をこすりながら小さな欠伸をする妹に、恭也は優しく小さな声で尋ねかけた。

「うん」

千影はそう頷くと、恭也の手を取って「いこう」と笑いかけた。
何気ない仕草に、恭也はほっとした。

やっぱり、自分には何もできないかもしれない。でも、少しでもやってみる価値くらいはある。そう信じたいから、自分はこれからも強く生き続けようと思う。


そんな時に、勢いよく部屋の扉があいた。
この家には恭也と千影以外、誰もいるはずがないのに。恭也はごくりとつばを飲み込む。
もしかしたら父親が帰ってきた?いや、そんなはずはない。それなら玄関が開いた時に気づいたはず。
自然と恭也は構える姿勢になっていた。不思議そうに、千影は「だれぇ」とお客さんが来たみたいな対応だ。まぁ、子供だから仕方がないが、何とも呑気なのだろう。不法侵入者かもしれないというのに。



「……初めまして」


扉はきぃーっという奇妙な音とともに開いた。そこには大柄なサングラスをかけた男がたっていた。まるで、何か大きな組織の人みたいな人間。

ドクン、ドクンと心臓が音を立てる。

「初めまして、恭也坊ちゃん。そして、千影お嬢様」


男の言葉に、恭也は小さく胸をなでおろした。
恭也のことを「坊ちゃん」と呼ぶのは、母親の家のものだけだ。

恭也の母親の家は大きな会社で、実は恭也は大金持ちの家のお坊ちゃんだったりする。
何のとりえもない男、つまり恭也の父親に娘をとられた母親の実家とは本当はあんまり繋がりはなかった。が、時たま母親がその実家に連れて行ってくれていた。夏休みの楽しみの一種として。

坊ちゃん呼ばわりされるのは、あんまり恭也にとって愉快なものではなかった。はっきり言えば、鳥肌がたつのでやめてほしい。そんなところだ。


「なんで、お前がここにいるんだ。ってか、母さんはどこだよ。一年近く家出なんて、本当は実家に帰ってるんじゃないか。お前ら、母さんをかくまってるんだろ、早くうちに返せよ。千影が、妹が可哀想だと思わないのかよ!母さんもそうだ、子供を捨ててまで、父さんと別れたいのかよっ」


男にこんなことを言っても意味がないことなんて十分わかっていた。でも勝手に口が開いてしまう。今までのこと、全部勝手に自分で抱え込んで苦しんできた。そんな時にゆたかまでいなくなって、どうすればいいのか分からなくなって。


「あなたのお母さんは、あなた方と一緒に住まれることを望んでいます。なので、お迎えに上がりました」


男は太い声でそう言いながら、恭也たちの腕を強く引っ張った。
抗おうとしても力の差が歴然だ。そのあと何人かの別の男が入ってきて、恭也たちをどこかへ連行した。



考える暇も与えられなかった。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。