ダーク・ファンタジー小説

I live with ヴぁんぱいあ。【1/22更新】
日時: 2019/01/22 23:11
名前: はるた

「しばらく更新停止します(通常更新です)」 byはるた


 




 初めましてor(知っている人がいましたら)お久しぶりです。
はるたと申します。

 はるたの五作目となる今回の小説のテーマは「ヴァンパイアと人間の少女の恋」になっております。
今回は皆様に少しでも「ドキドキした」と言ってもらえるようなお話にしていきたいと思っています(思っているだけ)ので、どうぞよろしくお願いします。





【参照記念】

 参照300記念小説 >>55
 参照600記念小説 >>81
 参照900記念小説 >>111
 参照1200記念小説 >>112
 参照1500記念小説 >>121








【お客様】

◇ゴマ猫様
◆ひよこ様 
◇雨空様
◆朔良様
◇覇蘢様
◆占部 流句様
◇いろはうた様
◆錦歌赤兎様
◇紗悠様
◆如月 神流様
◇みるく様
◆波璃様
◇星来様
◆蒼様
◇美奈様
◆ゆーき。様
◇戒壇様
◆ことり様
◇顔無し@様
◆村雨様
◇佐渡林檎様
◆Garnet様


【目次】

*Prologue >>09
*Episode01 >>113



【設定資料集】

*「ゆたか&鉋」 >>77
*「八朔&海里」 >>78
*「恭也&庵」 >>104
*「悠真&千影」 >>105





 参照9000感謝です。
 



では、物語の世界へどうぞ。





Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39



Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.74 )
日時: 2015/01/03 20:05
名前: ひよこ ◆1Gfe1FSDRs

おで、おで、おでこにちゅー( *´艸`)
私はするよりされたい派なので羨ましいとかなに言ってるんでしょうか私は。
新年早々お見苦しいところを……

行方不明……ゆたかちゃん、みつかったらどうなるんでしょうか。
鉋君だって、ヴァンパイアだとばれたらとんでもないことに!!w
私はヴァンパイアだって一向にかまいません、むしろヴァンパイアのほうがい((

受験大変ですよね……お互い頑張りましょう(*´▽`*)


更新頑張ってください!!

Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.75 )
日時: 2015/01/04 13:36
名前: 朔良 ◆oqxZavNTdI

 あけましておめでとうございますからの朔良です。
 しばらく来ることが出来ず申し訳ありませんでした……!泣

 ゆたかちゃん、まさか髪の毛をバッサリいくとは……!
 でも少しふっきれた様子のゆたかちゃんなので良かったです(^◇^)
 
 きゃああああああ?! おでこにちゅーとかありですかああああああ(あが続く)
 血をめっちゃ吸うくせにそういうピュアキュンもさらりとやってしまう鉋君カッコいいです……
 ほ、惚れる←///

 更新楽しみに待ってますね!
 受験で忙しいとは思いますが、応援しておりますので(●^o^●)

Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.76 )
日時: 2015/01/06 22:11
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg



ひよこさん

……おでこちゅー。
ご反応があるみたいで嬉しいです!!
はるたもどちらかと言えばされたい派……って、新年早々こちらも何を言っているんだか(照

そうですね、捜索が出ましたのでゆたかが見つかる確率が高いです。
でも、それを見つからないようにかいくぐっていくというのが本作なのです、だからまだしばらくは見つかりそうにありませんね。でもそう考えると、警察は何をしているんだぁ!!とか思っちゃうんですけど。

ヴァンパイアもばれたら大変ですよね。
人体の改造とかされちゃうんでしょうかね……(苦笑

はい、受験お互いに頑張りましょうね。

コメント、ありがとうございました。





***




朔良さん

あけましておめでとうございます。
いえいえ、来てくださっただけで嬉しいです。

はい、ゆたかが髪をバッサリといっちゃいました……。
人って髪型が変わると結構印象が変わるので、捜索の目をかいくぐるのには一番だと思いまして。
鉋にそんなことを言ってくれる人がいるよ、すごいよ鉋!!
皆さんに言われて分かったんですが、意外と鉋は純粋なのかもしれませんね。甘いことを口にしながらも、本心はどうか分からない……。
意外と赤面して恥ずかしがっているのかもしれませんね。

はい、更新がんばりますね。

コメント、ありがとうございました。




***

一月よりもう一つの小説、生徒会のほうが更新を再開しますのでそれを機に完結させようと思います。そのためこちらの更新は少し遅くなるかもしれません。
申し訳ありませんっ。
今月中に一話くらいと参照記念小説は更新できると思います。
参照700突破です、感謝です。

Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.77 )
日時: 2015/03/09 17:11
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg


こんばんは、はるたです。


一番大切なテストが終わりましたので、しばらくはここに来れそうです。受験前なのにのんびりとしすぎでしょうか……(汗
今日は少し時間があるので、この作品の簡単な説明でもしたいと思います。結構入り組んだ!?お話となっておりますので、自分でも理解できるよう←まとめておきます。






【キャラクター紹介】

(※>>00より深く書いておきます)


*相楽ゆたか

 性格はどちらかというと悪い方。たまに毒舌が混じることもあり。
ねちねちと悩むことが嫌いで、決意したことはすぐに実行。好きな言葉は「有言実行」というくらい。
 両親がゆたかが中学生の時から仲が悪くなりはじめ、離婚する(予定)間近、原因不明の火事で死亡。弟も意識不明の重傷を負う。
 たまにブラコン要素がある。世界で一番大切な人は、弟であると恥ずかしがらずはっきり言えるたち。
 「恋」だの「愛」だのに疎く、はっきり言って嫌いな方。そんなもの実在するわけがないと思っている。←主に両親が仲が悪かったせい。
 コミュニケーション能力があり、友達を作るのは得意。特に小さな子供が好きで、将来は子供の世話をする職業に就きたいと中学の時の卒業文集には書いてあった。





*望月鉋

 ヴァンパイア、つまり吸血鬼。
特に女の人の甘い血液が大好きで(男と女を比べたら女の人の血液のほうが甘い〈鉋曰く〉)たまにきざなことを言う。しかし本人は何とも思っていない。
 ゆたかのことを家に連れてきたのは、甘い血液が欲しかったため。鉋にとってはどれだけ大量の血液を吸ったとしても、甘い血液を少し吸っただけのほうが幸せらしい。
 ヴァンパイアとしてはまだ若く、八朔より歳下。実は大きな秘密を抱えている。
 八朔とはこちらの世界にやってくる前からの仲。特別仲が良いわけでもなく、悪いわけでもない。ずっと一緒にいるので女の趣味が似るようになってきた。
 人間との契約で血液を手に入れることができるが、「契約」には大きなデメリットがある。


***

今日はこれくらいにしておきます。
勝手にまとめただけなので、全然本編と関係はありません(全然という訳ではありませんが……)意味不明な点が多くてすみません。

Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.78 )
日時: 2015/05/06 11:52
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg

>>77の続き


*八朔

 化け猫という種族の少年。
鉋といつも一緒に行動しており、ゆたかのことを可愛い妹みたいな存在だと思ている。しかし容姿は小学生の少年みたいなので実質弟みたいな存在。
 辛い食べ物が好きで、味オンチ気味のゆたかの作るカレーが大好き(だって激辛だから) 
 普段は仔猫の姿で布団の中で寝ている。冬のうちはこたつで寝るのが好きだが、電気代が馬鹿にならないという理由で禁止になっている。
 ガキ扱いされるのが気に入らなく、実際年齢は鉋より上。
 少年の姿ではしゃべることができるが、仔猫の姿ではしゃべることができない。仔猫の時は「にゃあ」としか言えない。しかし鉋だけには理解できるらしい。
 面白い人間が大好きで、よく見るテレビのジャンルはお笑いなど。しかし現実に面白いことがおきるほうが好きで、たまに自分から面白いことを仕組むことがある。性格に難あり(ゆたかほどではないが……)





*東雲海里

 ゆたかの幼なじみ。
一番のゆたかの理解者で、ゆたかのことを思う少女。
ゆたかが行方不明になったのは自分のせいだと心のうちでは思っているが、顔には出さない。
 アニメや漫画などの二次元が少々好きで、しかしそのことを人には他言しない。
 普段は明るい少女で、うわさが大好き。常にだれがだれを好きかを把握している。その情報量から恋愛における師匠、恋のキューピットとも言われている。
 ゆたかの弟の悠真を自分の弟みたいに思っており、現在も毎日のようにお見舞いに行っている。
 花屋の一人娘で、花言葉に詳しい。
 ゆたかのことが好きな少年、恭也に興味を持っている。しかし現在は、彼がゆたかのことが好きということを知って、心の中で悪戦苦闘中。
 優しいために自分を犠牲にしてしまいやすい性格。純粋で負けず嫌い、心の底で闇を抱えやすい。


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。