ダーク・ファンタジー小説

I live with ヴぁんぱいあ。【1/22更新】
日時: 2019/01/22 23:11
名前: はるた

「しばらく更新停止します(通常更新です)」 byはるた


 




 初めましてor(知っている人がいましたら)お久しぶりです。
はるたと申します。

 はるたの五作目となる今回の小説のテーマは「ヴァンパイアと人間の少女の恋」になっております。
今回は皆様に少しでも「ドキドキした」と言ってもらえるようなお話にしていきたいと思っています(思っているだけ)ので、どうぞよろしくお願いします。





【参照記念】

 参照300記念小説 >>55
 参照600記念小説 >>81
 参照900記念小説 >>111
 参照1200記念小説 >>112
 参照1500記念小説 >>121








【お客様】

◇ゴマ猫様
◆ひよこ様 
◇雨空様
◆朔良様
◇覇蘢様
◆占部 流句様
◇いろはうた様
◆錦歌赤兎様
◇紗悠様
◆如月 神流様
◇みるく様
◆波璃様
◇星来様
◆蒼様
◇美奈様
◆ゆーき。様
◇戒壇様
◆ことり様
◇顔無し@様
◆村雨様
◇佐渡林檎様
◆Garnet様


【目次】

*Prologue >>09
*Episode01 >>113



【設定資料集】

*「ゆたか&鉋」 >>77
*「八朔&海里」 >>78
*「恭也&庵」 >>104
*「悠真&千影」 >>105





 参照9000感謝です。
 



では、物語の世界へどうぞ。





Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39



Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.69 )
日時: 2014/12/29 20:27
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg



占部 流句 さん


お、お久しぶりですぅぅぅぅぅっ!!
おっといきなり取り乱してしまいました……こほん、失礼。
ご無沙汰しております、訪問感謝です。

にぃ、人気者!?そんなことないですよ。
はるたこんなに参照が増えるのが早いのは、初めてですもん。まぁ、久しぶりにちゃんと更新しているだけなんですが……。
あれです、受験勉強でイライラしている分こっちに来てしまう感じ(笑)

そうですよね、血の味って意外と気持ち悪いですよね。
ヴァンパイアにとっては甘いとか苦いとかあるかもなのですが、人間からしたらそんなこと分かりようがないというか、どうでもいいというか……みたいな感じですよね。

番外編も読んでいただけたようで……。
ありがとうございます。
確かにバッドエンドになる可能性が高いこのお話ですが、これからもハッピーに終わるよう頑張って書かせてもらいたいと思います。

コメント、ありがとうございました。

Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.70 )
日時: 2015/11/30 19:38
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg






 Blood09「月曜」





「おはよう」




 その声が聞こえて、私はゆっくりと目を開く。カーテンの隙間から光が差し込んできた。
 ここが何処だかすぐには理解できなくて、私はきょろきょろと辺りをも渡す。その景色はどこかで見たことのあるような、でも私の日常にあるべき光景ではなくて……。
 灯台下暗し。私の隣には、一人の少年が座っていた。




「……ぁ、おは、よう」



 目を小さくこすりながら、私は挨拶を返す。
 さっきの声の主は、そうやらこの男みたいだ。鉋は私を見るなりニコリと微笑んでまたおはようと挨拶をした。
 制服姿に身を包んだ彼はどう見ても、どこから見ても普通の学生だ。
違和感のなさに何だかイラッとくる。
 こんな何処にでもいそうな少年がヴァンパイア……外見だけなら今どきのミーハーな子たちはコロッと騙されそう。



「どうして制服……?」
「あぁ、今日学校だから。昨日は、日曜」
「へぇ、寝てたから曜日感覚なくなってたのかな……? 今日から鉋は学校なんだね。というか鉋にはその制服、似合わない」
「さらっと毒吐くなよ、ゆたか」




 鉋は眉をへの字にして、小さく笑う。
毒を吐いたつもりはなかったけれど、そう捉えられたのなら別にそれでも構わない。
 藍色のネクタイに真っ白なシャツ。その上に黒いブレザーを羽織っている。傍から見れば似合うという人の割合の方が多いのかもしれない。が、こいつの性格を知った今、彼にこんな格好いい制服は似合わないと思った。




「起きれるか?」
「うん。大丈夫」




 起き上り、私はリビングに向かう。
階段が小さく音を立ててきしむ。その音が何だか耳障りで……。つい顔をしかめてしまう。
 足取りはやっぱり重い、だけれど、そんなゆっくりしている暇なんかない。これからどうするか考えないと。





 というか、契約っていったいどんなことをするんだろうか。
 彼にとってのメリットは、血液をもらえるってことだと思うけど……私は? 私にとって契約は何の役にたつんだろうか。
 いや、メリットなんて私には関係ないのかもしれない。ただ私には居場所がほしかったんだ。自分の死を悲しまない人に出会いたかった。
 だから、私はこの契約にメリットなんていらないんだ。


 ふぅと小さく息をつき、リビングの場を大きくとる机の椅子に私は座った。
ずっと眠っていたせいか、やっぱり体はだるい。重たい体は思うようになかなか動いてくれないけれど、それでも私はぐっと力を入れて椅子に腰かける。




「……テレビ、つけてもいいかな」
「……お、おはようゆたか」




 鉋に声を掛けようとゆっくり振り向くと、そこには鉋ではなく少年姿の八朔がたっていた。あったかそうなふかふか素材のパジャマがよく似合っていて、その姿が何故か弟とかぶって見えた。弟と年が近そうなんて思ってしまったからだろうか、八朔にはどうしても悠真の影を重ねてしまう。

「びっくりした。八朔かぁ……。あれ、どうして私の名前……」
「鉋に聞いたー。契約したんだって? ホントゆたかはめんどくさいことに自分から突っ込んでいく派の人間なんだね。最初に君の目を見た時からきっとこうなるだろうなぁって思ってたけど」
「……そ、そうかも、ね」



 面倒くさそうに八朔はこたつのほうに向かって小走りをした。
 八朔のその行動に小さく笑いながら、私は了解を得ていないテレビをつけた。
 真っ黒な画面から、光が出たかと思うと朝のニュースなのか大きなテロップが出ていた。



『女子高生、行方不明』





「……あれ、これゆたかじゃない?」
「うん。そうだね」
「ゆたかって家出少女だったの。まぁ、なんとなく勘付いていたんだけど」
「この姿じゃ、いずればれるかな?」




 テレビの朝のニュースは何でも知ってる。私が行方不明になったことに加えて、私の家が火事になったこと、両親が死んだことも小学生の弟が意識不明な重症なことも。知られたくない情報が簡単に暴露されていく。あれだ、こんなときのメディアは本当に恐ろしい。
 そういえば、私が行方不明になって一週間くらいがたつ。ニュースでは他にも公開捜査に踏み切った、そういう内容が流れていた。




「……あった」



 私は小さな箱に入っていた鋏を取り出し、ぎゅっと柄を握った。
 そして近くにあった鏡を見て、長い髪を握ってそこに鋏を入れた。



「……え、ちょ、ゆたか?」

 八朔は、素っ頓狂な声をあげ私の姿を見る。私の髪はするすると切れていき、私は長かったロングヘアーの髪から一気にショートヘアーに。鬘にでもなりそうな長い髪を私はごみ箱に捨て櫛で残った髪をはらい、最後にはてぐしで髪に触った。



「……何やってんだ、って、うわぁ!?」


 鉋もこちらにやってきて、大きな声をあげる。
 何がおかしいのだろうか?
短くなった髪、髪が落ちないように細心の注意を払ったのに、何か悪いことをしたのかな。



「あぁ、鉋。私公開捜査に踏み切られたみたいだから。隠すの頑張ってね、誘拐犯さん」
「俺、いつから誘拐犯になった……?」
「私と契約した昨日から」



 私がにこりと笑うと、鉋は眉を顰め、私につられたのか苦笑いをした。隣にいた八朔を見てみると、こいつも衝撃的なものでも見た、そう言いたい風に私を見つめる。




「これは予想外……」

 二人はそう、口をそろえて言った。
その二人の表情がとっても面白かったなんて、絶対秘密だ。





***


「じゃぁ、八朔。ゆたかを頼んだ」
「まかせなさいとも」


 鉋は玄関でそう言い放ち、ゆっくりと手をドアノブにかけた。
 なぜか八朔はすぐに仔猫の姿に戻り、リビングのほうにかけていく。まぁ、確かにここは寒いけど、お見送りくらいちゃんとしないのかな。
 

「……ゆたか」
「ん? なに」
「……行ってらっしゃいのチューとかないの?」
「――あるわけないじゃん。バカなの!?」





 つい顔が赤らんでしまうのは鉋が女ったらしだからだ。それ以外の別物でもない。そんなことを言われると、女の子ならみんなドキドキしてしまうよ。
 あぁ、やっぱりこの男といると調子が崩れる。顔を伏せようとすると、おでこに何かが当たった感じがした。




「な、なに、してるの――」
「ん。これくらいいいじゃん」



 私のおでこに軽くキスをした鉋はにっこり笑いながら「いってきまーす」と声をかけて出ていった。
 私は驚いておでこに軽く手を当てる。緊張で頭がおかしくなる。




「……ばかぁ、鉋っ!!」


 大声で叫ぶ私は、もうあの時の自分じゃないような気がした。
 とにかく、あの日のことを半分くらいは忘れていたんじゃないかと思うくらい。




I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.71 )
日時: 2015/01/01 23:36
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg

*ご挨拶




 新年、あけましておめでとうございます。


のんびりしていましたら、はやもう2015年ですね。
今年は受験が終わるまで、更新はいつもの二倍くらい遅くなるかと思われます。いつもも遅いのにまた遅くなるなんて……。いろいろな意味で笑えませんね、はい。


この小説も本当に一年以内に終わるのか、そういう不安が大きいですが、とにかく完結できるよう頑張っていこうと思います。
長くなるとは思いますが、どうぞよろしくお願いします。


今年も、どうぞよろしくお願いします。


H,27,1/1 はるた

Re: I live with ヴぁんぱいあ。【12/31更新】 ( No.72 )
日時: 2015/01/02 08:38
名前: いろはうた
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel1/index.cgi?mode

知らない間に色々と進んでおりますが……

鉋君!!
おっ、おおお、おでこにちゅーとか!!
くそ、なんていう小悪魔!!
いろはうたは完全におちましたよ君に!!
朝からイケないものをみてしまったようで、思わず手で顔を覆ってしまったけど、
指のすき間から見てしまっていました←


は!!
遅れましたが、
新年あけましておめでとうございます!!
今年もよろしくお願いしますm(ーー)m


お互い受験生として、勉強も更新も頑張っていこうね〜


更新がんばってね!!

Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.73 )
日時: 2015/01/03 12:13
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg

いろはうたさん


おでこにちゅーはやってみたかったです……//
書いてて自分も恥ずかしかったのですが、うぅ。
鉋は何となく欧米ノリなんでしょうかね、はい。
よかった、やっと鉋を気に入ってくださったというお言葉が……!
鉋がすごく喜んでおります、ガッツポーズを決めております……(笑)


はい、あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。
はるたもまだしばらくはカキコに滞在してると思われますので、仲良くしていただけたらと思います!!

受験……、はい。が、頑張りましょうね。

コメント、ありがとうございました。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。